パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

悲しい

susipakuAB750IOMI0633_TP_V

276 :1/2:2010/08/14(土) 15:50:31 ID:1sqOXHD40
堀井雄二がドラクエでブレイクする以前、雑誌のコラムで書いてた知り合いの子の話。
(桃鉄以前のさくまさんだったかも?まあどっちでもよろし)

彼女(仮にAちゃんとする)が住んでいた家の玄関はガラスの格子戸で、
腰掛けて靴を脱ぐところ、上がりかまちっていうの?そのすぐ後ろにもすりガラスの引き戸がはまってた。
だからAちゃんのお父さんが「ただいまー」と帰ってきて靴をぬぐと、その影がすりガラスごしに見える。
お母さんは廊下に顔を出して、その大きなシルエットに「お帰りなさーい」と声をかけるのが、
いつもの光景だった。

だけど、Aちゃんが6年生のとき、お父さんは家で突然倒れて、
そのまま運ばれた先の病院で亡くなってしまった。
前ぶれもなく伴侶を失ったお母さんの悲しみようは深かった。

玄関のコート掛けには、倒れる前日、
会社から帰ってきたお父さんがハンガーにかけた背広が、そのままになっていた。
いや、お母さんがそのままにしていたのだ。
まるでそうしていれば、ひょっこりお父さんが帰ってくるとでもいうように。
Aちゃんにもその気持ちはよくわかった。

だけど、三ヶ月ほどたったある夕方、
背広を見ているうちに、ちょっとイタズラしてやろうという気持ちがわいてきた。
いつまでも泣いてちゃダメだよお母さん、お父さんだって浮かばれないよ、という思いもあったのだろう。

続きを読む

kazukihiro512062_TP_V

409 :本当にあった怖い名無し:2010/09/01(水) 23:30:10 ID:2LIQFObpQ
俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、
話せる様になってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。
正直、生きてる者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなかった。
知らないおじさんが玄関から入ってきても誰も気付かず、
「おじさんがそこに立っとーよ」と言っては「そげん人はおらん!」と怒られ、叩かれたりもした。
だから俺は怒られるのが嫌で、少しずつ無口になっていった。

続きを読む

sling-1222466_960_720

277 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/12(火) 08:12:12 ID:ixMCEZCVO
父親が首吊り自殺で亡くなった。
埋葬するまでの期間、首から鎖骨にかけて、謎の湿疹?炎症ぽいのが出来た。
それと、首が絞められてる感覚もあった。
例えるなら、マフラーを少しキツめに巻いてる感じが四六時中。
寝てる時、その感覚が強くなることがたまにあった。
そのとき必ず見るわけではなかったけれど、その感覚が強くなると見る夢があった。

続きを読む

NS525_ichimatuningyou_TP_V4

568 :本当にあった怖い名無し:2011/06/21(火) 22:02:26.38 ID:g26ky4bm0
事の発端は夢からでした。
青みがかった黒髪の日本人形が、夢に出てくるのです。
夢の中の人形はただオレと見つめあっているだけで、一体何を意味しているのかさっぱりわからない。
一週間毎日続き、ほとほと悩んでいた頃、夢に変化があった。
人形がなにか語りかけてきた。
しかし、意味のあるような言葉には思えず、オレには通じなかった。
しかし、何度か同じ夢を見るうちに気がついた。
どうやら数字を言っている。十桁の数字。
オレは目が覚めると、すぐにその数字をメモに書き留めた。
よくよく見てみると電話番号のような気がする。
頭三桁はオレの住む地域の市外局番と一致する。
しかし、当然のことながらとても電話をかける気にはなれず、なにもすることはなかった。
しかし夢は相変わらず続き、人形は数字をオレに伝え続ける。
人形の夢を初めて見てから二週間、一念発起したオレは電話をかけてみることにした。
なにか夢に関するヒントが得られれば、という思いからの行動だったが、
同時に何か不吉なことがあるのでは、という恐れは頭から離れなかった。
とりあえず番号を検索してみると、あっさりヒットした。
県内のある居酒屋のようだった。家からそう遠いわけでもない。
オレは週末その店に行ってみることにした。

続きを読む

AMEMAN17826009_TP_V

876: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 05:09:53.65 ID:8s792fz10
まぁ勝手に書くわごめん。

10年位前かな?実家で飼ってた犬が居たんだ。
俺が小学校に上がる時に姉貴が子犬を連れて来たんだよ。
その犬は雑種の雌でね、当時はよちよち歩きだったけど物凄く賢い奴でさ。子犬なのに絶対粗相もせず必ず散歩の時にしかおしっこや排便をしなかった。
我慢強く賢い犬だった。とてもね。
俺はその犬にあいちゃんと名前を付けた。
毎日散歩にも行ったし餌やり水やりもした。

続きを読む


C789_bukiminaapartnokaidan_TP_V
378 :1/2:2011/11/23(水) 22:13:13.66 ID:6M6h6bNB0
俺がアパートで一人暮らししてた時の話。

そのアパートの隣に民家があったんだけど、
そこに住んでる子供二人(どっちも幼稚園児ぐらいの女の子)が超うるさかった。
いつも「キャー!」とか「キヒャヒャヒャw!」とか叫びながら遊んでるわけ。
それだけならまだ良いんだけど、それ以上に母親がうるさかった。
子供の二倍以上のボリュームで、
「あんたらうるさいよっ!」「なんでそんなの持ってくるのっ!」とか一日中叫んでた。
正直あんたが一番うるさいんだよ!と何度思ったか分からないけど、
俺たちには普通に接するから常識人なんだと思う。
続きを読む

YUKIhorro1171585_TP_V

520 :本当にあった怖い名無し:2011/11/07(月) 23:49:49.06 ID:azHLrCgS0
俺がある親しい人から聞いた話。伝聞に長文スマヌ

今から十数年前、彼女が仕事の帰りだったか、深夜に大阪方面へ車を走らせていた。
そうしていたら、とある道端に20~30人のお遍路さんの軍団がいたそうだ。
遍路巡りのバス待ちかと思い、そのまま彼女は横を通り過ぎたのだが、
ふとバックミラーを見たら、さっきいた人たちがいない。
彼女は「え?」と思ったのだが、そのまま車を進めたそうだ。

そしてある日、彼女の妹も同じような集団を同じ現場で見たことがあると話したそうだ。
曰く、旦那とドライブ中に遭遇し、妹は見えて、旦那見えてなかったらしい。
続きを読む

earthquake-1665887_960_720

686: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/20(木) 00:46:37.63 ID:szILMQR80
つたない文で申し訳ないが、東日本に出動した先輩自衛官から聞いた話。

先輩は火災のあった津波被災地に出動したそうだ。
バディと二人で歩いていると、最初はなんでもない瓦礫だらけなんだが、
一度ご遺体をみつけると徐々に目がなれてくるのか、気が付くと周りは骨だらけ。
(火災のあった地域なので、水死はほとんどなかったそうで、まだ良かった
ほうらしい)最初に骨盤だとわかると、次々に見つかる背骨や焼け焦げた
ご遺体。津波もあって、何人分かもわからない。
続きを読む

paku1220FTHG3157_TP_V

501 :本当にあった怖い名無し:2012/08/01(水) 05:00:40.76 ID:yWHWLPH40
俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、
2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院をくり返して会社をクビにされた。
これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と離婚した。
子供は女の子が二人いるんだが、俺が生活能力がないんで女房が育ててる。
申し訳ないと思ってるが、今のとこ養育費なんかも払えないでいる。
それでなんとか病気のほうは小康を得て、今は郷里に帰ってきて療養している。
療養というと聞こえがいいが、実際は年老いた両親の元に一文無しで帰ってきたやっかい者だから、
当然、近所も親戚の評判もよくない。
続きを読む

YATMACRO75018_TP_V

273: 愛のVIP戦士 2007/01/27(土) 13:23:54.55 ID:995xgcqj0
恐怖体験をひとつ。
中学生のときに、毎朝通る通学路でのおはなし。

いつもの細い道を一人で歩いていたら、少し前におばあさんがひとりいた。
ゆっくり歩いていて、何か話してるようだった。
後姿から赤ちゃんを抱いている感じだったので、
おばあさんが孫とお散歩してる程度に思っていた。
続きを読む
×