パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

患者

怖い、部屋

466:おさかなくわえた名無しさん 2007/08/17(金) 03:35:43 ID:PXKuJAZ7
小6の夏休みに同い年の従姉妹の家に遊びに行ったときの話なんだけど 
その従姉妹の家からチャリで20分位のとこに遊園地があってさ 
叔父さんに連れてけってせがんだら 
もう小6だし安心だろってことでお金くれて子供二人だけでその遊園地行かせてくれたんだ
ジェットコースターとか宇宙船みたいのがぐるぐる回るのとか一通り遊んだあと 
従姉妹がお化け屋敷入りたいっていうんだよ 
続きを読む

コーヒー

396: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/03/12(金) 10:32:30 ID:mJhtQ1PuO
以前、こちらに書かせて頂いた、開業医を営んでいる者です。 
当院は少ないですが、一応入院施設もありまして、時間内救急指定を登録してます。 
私は囲碁が趣味で、本来入院患者さんとの個人的な交流はマズいのですが、 
当時入院をされていたプロ棋士のFさんと毎夜静かに手合わせをしていました。 
Fさんの部屋は三人部屋で、同室には二週間前に機械事故で右肘以腕切除のYさんの 
二名のベッドがありました。Yさんの手術後数日はYさんの御家族が、院泊されてましたが、 
Yさんの肩がリハで動かせるようになったその頃には、もう一日一回見舞い程度に 
なっていました。後はリハを続け、傷口の治療なので、私の仕事は術後経過程度で、 
残りはセラピストと義手技師の仕事でした。 
続きを読む

病院

07/05/07
宇都宮事件

昭和59年3月29日、栃木県警宇都宮署は宇都宮市にある精神病院 
医療法人報徳会「宇都宮病院」の職員等5人を傷害容疑で逮捕した。 
同病院は同月14日、看護職員等による患者へのリンチ 
不正入院無資格診療行為その他の疑いで家宅捜査を受けていた。 

宇都宮署の取り調べで、同病院では3年間で200人以上の患者の不審死が判明。 
その内、2件の死亡事件で職員5人が関わっていたとした。 
続きを読む

精神病

17/03/24
私は精神病院で事務員をやっている。

閉鎖病棟を有するような大きな精神病院は、大抵人里離れた田舎にある。私の勤める病院もそんなところだ。

私の病院では、事務員にも宿直業務がある。その宿直業務で体験した話を書こうと思う。

事務の宿直でやることは、とても簡単なものだけだ。

一つ目は、電話がかかるとそれをとり、担当の部署や病棟につなぐこと。

二つ目は、決まった時間に病院をまわり、各部屋の備え付けの金庫を確認すること。

いつもこれだけで仕事が終わる。
続きを読む

ブログ

17/08/25
半年程前に実際に体験した俺の話なんだが。

普段は寝付きが悪く布団に入っても中々寝れないんだけど、その日は仕事で疲れて横になるとすぐに眠りについていた。すると変な夢をみた。

俺が大腸癌を患っていて、ある病院に治療の為入院していたんだが、そこの主治医の男性の顔がやけにはっきりしていて名字も下の名前もはっきりでていた。

夢はとても長く感じ、手術から抗がん剤治療やら苦しい体験までやけにリアルだった。

そして治療途中で目が覚めたんだが、ふと気になってその夢の中の主治医の名前を検索すると実際にいる医者であることが判明し、驚くことに顔も夢にでてきた男性と同じ(ように感じた)だった。
続きを読む

カーテン
07/08/27
うち(介護施設)のナース(Aさん)が病院勤務だった時の実話。

その日Aさんは夜勤。滞りなく業務をこなし、面会時間も過ぎ、ナースステーションでカルテ記入をしていた。その日は急変もなく静かな夜だったそう。

ふと、顔を上げるとステーション近くの患者ベッドのカーテンから立っている足が見える。

『あぁ、誰かトイレに行くのかな』

そう思い、しばらくカルテ記入を続けていて気がついた。
続きを読む

病室
11/06/16
うちの病院のカテーテル室(重症の心臓病患者の処置をする場所)にはもっさんと呼ばれるものがでる。

もっさんは青い水玉模様のパジャマを着ており、姿はぼさぼさ頭の中年だったり、若い好青年だったり、痩せた女だったり様々。

共通点は部屋の隅でうつむいて立っていること、同じパジャマを着ていること、なにもしゃべらないし動かないこと、気が付くと現れ、気が付くといなくなっている、その場にいる全員に見える。

もっさんが出たとき、処置中の患者は後日必ず亡くなる。
続きを読む

死神

死神をみた。

今から10年前の真夏、咽頭(いんとう)腫瘍で1週間入院した。転勤で行った先のため、家族もなかなか来れず、その時付き合ってた彼女だけが支えだった。といってもこの話、彼女全く関係ないんだが。

俺が入院した部屋は一番角の3人部屋。元々は結核とかの隔離部屋だったようで、トイレも風呂もあった。入口から入ると右手手前がスイカ農家のスイカさん、窓側がイビキのうるさいイビキさん、その対面が俺だった。

スイカさんは時おり奥さんが見舞いに来てはその度に俺にスイカをおすそわけしてくれた。甘くて美味しかった。イビキさんはほぼ一日イビキをかいていた。
続きを読む