パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

恐怖

miya1021DSC_4716_TP_V

330: 1 2007/05/12(土) 09:21:46 ID:eQadIqCRO
小学生の頃の体験話
当時母方の祖父母は温泉地で有名な某所で別荘の管理人をしていた。
観光の美観を損わないようにと高いビルなんかなかった地域だった。(今は知らないけど、とにかく田舎だった)
山中で車なんて滅多に通らない、そんな場所に別荘はありました。
他に別荘なんて行ったことないからわからないけど、そこの別荘地は個人所有よりも会社所有で建てている物が殆どでした。
蛇口をひねれば温泉が出る!自然に囲まれ今思えば素晴らしい環境でした。

じいちゃんは昔はこわい人だったらしいけど呆け気味で俺の記憶ではいつも「ヘヘヘ…」と笑ってるかわいいじいちゃんだった。
だから別荘の管理は殆ど、ばあちゃんがやってた。(叔父さんも一緒に住んでたけど別の仕事してた)

俺は長期休みになると毎年泊まりに行ってた。でも遊ぶ場所なんてなかったからばあちゃんが別荘の掃除に行く時はついていってた。
前置きが長くなったけど、ばあちゃんと別荘Aに行った時の話です。
続きを読む

bobjinno7050163_TP_V

312 :本当にあった怖い名無し:2011/10/02(日) 14:05:50.25 ID:ITtbFaGg0
一昨日、仕事帰りに行きつけのゲームセンターで三国志大戦をプレイしにいった。
すると、よく知っている先輩のMさんが事務所の前で落ち着かない様子。
「どうしたんですか?」と聞くと、「黒いバッグがちょっと眼を離しているすきになくなった」との話。
災難だな、と思ってコーヒーを買って渡して2人で雑談していたら、
奥の方から店員が小走りで駆けてきた。手には何となくなったはずのバッグ。
Mさんが「どこにあったの!?」と焦りながらも尋ねると、「便器の裏にありました」との事。
中に入っていたiPhoneとお札を入れていた財布はなくなってた・・・

店長さんが「防犯カメラを遡って追ってみます」と言ってくれたので、お願いして30分くらい待つ。
すると社員さんが「犯人が分かりました。ただ・・・」と、何やら煮え切らない様子。
続きを読む

Yamasha181026056_TP_V

272 :1/4:2011/10/01(土) 23:08:43.46 ID:Rf9EMLtK0
私が小学校3年生か4年生の時のことです。
友人5人くらいと神社の境内で『ダルマさんが転んだ』をやっていました。
小学校の帰りに道草をくって、そこいらにランドセルを放ってです。
その神社は町の中にあるのですが、ふだんは神主さんもいないところで、いつも表戸は閉まっていました。
境内は教室4つぶんくらいの広さです。
季節は秋で、一面にいちょうの葉が散っていたのを覚えています。
たしか男子4人と女子は私一人でした。私は小さい頃はきかん気で、男子と遊ぶことのほうが多い子供でした。
男の子と遊ぶと意地悪をされることも多いのですが、それでも女の子と遊ぶよりはずっと楽しい、そんな子供でした。
続きを読む

NSD_jinjyanotorii_TP_V4

421: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/06(日) 23:41:13.10 ID:qb77ydis0
俺が大学生の時の話

まあよくあるツレが免許取ったし心霊スポットに遊びに行ったのよ
廃神社みたいなとこで気持ちわりぃ~とか言って何にも起こらず帰ったんだけどさ
家に送ってもらってほんじゃあな~って車を見送ったら後ろにカツラが付いてんだ
なんじゃあれ?って見てる間に角を曲がって見えなくなってね
ちょっと怖くなって家に入って寝ようと自分の部屋に行ったらさ
なんか雰囲気がおかしくて
続きを読む

redstymtA020_TP_V

255 : 本当にあった怖い名無し : 2011/10/01(土) 21:33:13.44 ID:BxN9IQCP0
今年の夏、今までの人生で一番怖い体験をした。
最初は誰かに話すなんて考えられなかったけど、だいぶ落ち着いてきたので投下。

自分の家は中国地方の山奥の田舎にある。
俺はそこでちょっとした自然愛護のクラブに所属していて、いろいろイベントを企画したり参加したりしていた。
家から車で20分ほどの所に『○○さん』と呼ばれる山があるんだが、
主にその山を舞台にして、クラブのメンバーで登山やキャンプなどを催していた。

その○○さんで近々、一般の参加者を募ってクラブのメンバーで山のガイドをしよう、という企画が持ち上がった。
○○さんの魅力と自然の美しさをもっと地元の人に知ってほしい、というのが発端。
俺はその企画に賛同し、イベントの下準備などを受け持つことになった。
俺の担当は、必要な道具などの準備と、ガイドする場所の選定。
何度も上った山だけに案内はほぼ熟知しているが、
やはり一度山に行って実際に歩きながら考えようと、休日に一人で○○さんへ向かうことにした。

その日は良い天気で、絶好の登山日和だった。
俺はデジカメを片手に、要所要所でガイドのパンフで使う写真を撮りながら、純粋に登山を楽しんでいた。

そうして目標地点まで半分あたりに来た頃、湧き水の出る休憩所で一休みしていると、少し天気が翳ってきた。
帰ろうかと思ったが、イベント当日ではもっと上の方まで上がる予定だ。
もう少し歩いて、天気が荒れそうなら引き上げようと、荷物を持ち直す。
と、
「―――……」
続きを読む

background-1716728_960_720

874 :本当にあった怖い名無し:2012/01/11(水) 12:57:02.55 ID:1SS1xqKP0
この話を人に話す時、「確かにその話、滅茶苦茶怖いけど、本当かよ?」と結構言われる事がある。
よっぽど霊が出てくる様な話の方が、逆に現実味があるからだ。
これは俺が実際に体験したそんな不思議なお話です。

俺が小学5年生だった頃の朝、
いつのも様に、自分の家の近所の2人の同級生達と、学校に登校する為に登校路を歩いていた。
しばらく話しながら歩いていると、前方を歩いている2人組の女の子が視界に入った。
1人は自分と同じクラスの同級生、もう1人は別のクラスの女の子である。
俺は同じクラスの女の子の方に目が釘付けになった。『全身、真っ紫』なのである。
『真っ赤』とか『真っ青』とか『真っ黄色』等と言う言葉はあるが、『真っ紫』と言う言葉はないと思う。
続きを読む

death-164761_1280

196: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 17:59:36.80 ID:xQnljiUC0
幽霊じゃなくて人間の話だけど、どこかに書いて落ち着きたいので失礼

夜の10時過ぎた頃にお腹空いて、歩いてコンビニが地味に遠くて面倒だったから電車乗って一駅隣のイオンに行ったんだけどお菓子売り場でお金持ちそうな身なりした黒人にカタコトで声かけられた。
最初すれ違った時、ぎょろっとした目ですごく見られてるのを感じて嫌だな~って思ってたんだけど何もなくて、そのまま歩いて隣の棚の方に行ったら黒人がいてうわ~って思いながら再度すれ違う時に「アノースミマセン」って。
続きを読む

YUKIR20505_1_TP_V

773 :本当にあった怖い名無し:2011/11/11(金) 23:57:48.19 ID:Shb+jUyB0
もうずいぶんと前のこと。

亡くなった爺さんの13回忌で田舎(信州の松本)に帰った。
実家はすでに無くなっていたので、法事の前夜、母と俺は松本のすぐ近場にある温泉街のホテルに泊まることにした。

温泉は24時間いつでも入れる。俺は広い風呂が久しぶりで楽しく、真夜中に一人湯船で泳いだりして遊んでいた。
気がつくと午前1時を回っていた。これはいくらなんでも遅すぎる。
明日の法事に差し支えるというので、部屋に戻って眠ることにした。
風呂場は半地下にあり、俺の部屋は3階だった。
続きを読む

YAT20314012_TP_V

126: 本当にあった怖い名無し 2007/05/03(木) 11:12:11 ID:gqyY+9Bj0
この話は、地元では心霊スポットとして有名なトンネルに行った時の話しです
随分前ですが、高校生の頃に友人と共にそのトンネルを通りました
心霊スポットとは言うものの、別に距離もないし、一応電気も付いている、そして
何人か通っていたので別に怖くはありませんでした
しかし半分ほど進んだところでしょうか…… 一人で立っている女の子を見つけました
見たところは中学生でしょうか…… セーラー服に赤いかばんを持っていました
その子からは別に気味が悪いとかいった感じは無く、むしろ懐かしいような感じがしたと思います
そのまま出口へ向かった時、目の前に茶色い服を着た男を見かけ、何故か
(ああ…… この人は生きていないな……)と僕は思いました
その人からはオーラというか霊気がにじみ出ていて、ともかく気持ちの悪い人でした
といっても顔は見えません 雰囲気が気持ち悪いのです
その人を通り越したところで、何故か凄く後ろを見たくなりました
(見てはいけない…… だめだ…) そう思うのに何故か気になるのです
続きを読む
×