パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

怪奇現象

lost-place-1676631_1920

645 :本当にあった怖い名無し:2013/06/08(土) 16:25:34.47 ID:D/6GEgMp0!
姉の娘(エリカ)が7歳の時、極度のうつ病になった。
当然学校へも行けず、一日中家にいても誰とも話さず、気に入らない事があると癇癪を起こして泣きわめいていた。
その頃義兄は海外で単身赴任中のため姉が心細いと言うので、私もできる限り姉の家に寄るようにしていた。


ある日、姉は今住んでいる都心のマンションはそのままで、庭のある家を借りるから、
一緒に住んでもらえないかと聞いてきた。
色々考えた末に、環境を変える事でエリカが良くなるかもしれないと医者に言われた事を、実行することにしたそうだ。
その頃私は、都内の実家から郊外にある職場へ通っていた。
姉は私の職場から比較的近い所に家を見つけた。
引越しが済み落ち着いたあたりから、エリカは笑顔を見せるようになり、話すようになってきた。
続きを読む

REDSUG074A030_TP_V

847 :本当にあった怖い名無し:2013/06/13(木) 13:28:58.97 ID:oKseDQvLO
中学校の林間学校では、登山とキャンプがセット。
中国地方で有名な山に登山に行った。
自分の実体験だが、かなり昔の事だから多少
曖昧なところもあり。



848 :本当にあった怖い名無し:2013/06/13(木) 13:34:41.65 ID:oKseDQvLO
登山当日になってから、登山する山が2つ用意されていることを知る。
簡単にまとめると、
ルート1 標高高い有名な山 時間がかかるが登山道が緩やか。
ルート2 標高が低い無名な山 時間は短いが登山道が険しい。
体力が全くなかった自分は、友人と即決でルート2に決めた。
続きを読む

night-view-2175731_1920

237: 名無しさん@涙目です。(明治神宮) 2012/01/02(月) 07:36:19.57 ID:VTDC1L3m0
昔のアウトドア板にあったこの話が怖い

「何だろう?」
トール・キーザーが思わず声に出し、テントの中で体を起こした。
「あれは何だったんだ?」
キーザーを含む1992年アメリカ=ロシア隊がK2の登頂を目指して
BC(ベースキャンプ)に到着したのはわずか数日前のことだった。
続きを読む

penfan_KP_1622_TP_V

686: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/25(土) 21:23:24.71 ID:GpsrojhI0
怖い話やオカルト好きの人たちが集うSNSを通じて知り合った友人がいます。
その友人から京都の心霊スポットに行こうと誘われました。
私は生憎仕事で行けなかったのですが、友人は他にSNSで知り合った人たちと合計3人で心霊スポットを回ったらしいです。
場所は山科と言ってました(ばらしていいのかな)。

今日友人と会う約束をしてたんですが無理になったとラインが来ました。
なんで?と聞くと、理由は言えん。まじでごめん!と訳ありな感じ。
電話を何回もかけても出なくて、ラインで「ひょっとしたら心霊スポットで何かあった?」とメッセージしたら即効電話が。
続きを読む

YUKIR20505_25_TP_V

151:本当にあった怖い名無し:2011/03/22(火) 09:36:36.08 ID:h7YOP9yHO
小3のとき、小学校でトイレに行こうと入り口の扉を開けると全部閉まってた(女子トイレ)
それ以外人がいないし、中に入らず入り口の真横で待ってると流れる音が沢山聞こえたので、人が出てくるの待ってても誰も出てくる気配なし。

友達同士で固まって出てくるのかな?と思っても声も聞こえない。
続きを読む

polisFTHG5686_TP_V

187 :本当にあった怖い名無し:2014/12/26(金) 15:52:54.30 ID:NKtbVqupb
この日本で怪奇現象に遭遇する確率が最も高いのは警察官だと思う。
まあ警神に守られてんのか知らんが、霊障に遭ったお巡りさんの話はあんま聞かないけど、
俺の親父さんは警官だから怪談いっぱい知ってて、いろいろ話してくれたんだ。
その中のひとつにこんな話がある。


S御用邸の警備をしていた警備隊の話。
警備隊員がモニター室で監視カメラの映像を確認してたら、
御用邸の敷地内の映像に、なにか白い影がボヮーって感じで浮き上がってきたんだって。
侵入者かと思ったんだけど、その影は海の中から浮き上がってきて、そのまま海の上で静止してたんだって。
続きを読む

water-2208931_1920

539: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/31 05:24
これは私が高校生の頃の話です。
日本海沖地震が起きた翌年、私は友人達と男鹿半島まで釣りに行きました。
男鹿の磯場に行き「何が釣れるかな~?」などと友人達と話しながら釣り糸を垂らし始めました。
10分~15分程たった頃、私の釣り竿にかなり大物な感じの当たりがきました。
「うぉっ!すごい当たりだや!!」そう声を上げながら釣られてくるであろう大きな魚に期待しつつ15分間釣竿と挌闘していました。
しかしヘンなんです。釣竿の引きが全然弱ってくる気配が無いのです。
だいたい磯場での釣りで釣り上げるのに15分以上かかるような大物なんてそうそう釣れる事はありません。
「何かヘンだな~。」と思いつつも釣り上げようとしていると急に引きが無くなってしまいました。
針を上げてみると餌が付いたままで魚が噛み付いた後もありません。
「おかしいな~、なんか魚かかった感じじゃないよ、これ。」そういう私に友人は「きっと何かヘンな物ひっかけたんじゃないの?」
と言いましたが、引きが漂流物のものではありませんでした。
続きを読む

PAS00240_TP_V

370 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/@\(^o^)/:2015/06/16(火) 14:53:59.28 ID:kXRwAm7B0.net
俺が高校生の時の話。

俺はその日、母と二人で父の実家へと向かうために高速道路を走っていた。
途中俺はトイレに行きたくなり、一番近かったサービスエリアに停めてもらった。
停まってもらってから俺は用を足すためにトイレへ。母は運転席で伸びをしていた。
用を足して車に戻り、助手席側のドアを開こうとしたが何故か開かなかった。
「?」とガチャガチャしていると、母がそれに気づいて鍵を開け、そのまま中に入る。
「なんで鍵閉めたの?」
すると、母は困った顔をして俺に鍵を渡してきた。
また?となり、どういうことと聞こうとしたその瞬間、
ガチャ
勝手に鍵が閉まった。
はい?と思いながらスイッチを押して開けるが、
ガチャ
と、数秒してまた閉まる。
「あんたがトイレに行ってからなんかおかしいのよ。多分あれもなんだろうけど」
母は渡した鍵を差してから、サイドミラーを指さす。
見るとそこには水たまりができていた。
「ここに来るまでずっと晴れてたのに、水たまりなんておかしいでしょ。
 しかもどんどん大きくなっているみたいだし、形が・・・」
なんといえばいいのか、水がどんどん広がっていって、
その形が猫のような狐のような、そんな形になっていくのが分かる。
耳までしっかりとわかるほどくっきりしていた。
続きを読む

sailing-2455969_960_720

515: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/01/30 01:17
もう10年以上前のことになりますが、海外のヨットレースで日本
人女性が亡くなる事故がありました。当時マスコミでも大きな話題
となっていましたからご記憶の方もいるかと思います。ビデオ制作
関連の会社に在籍していた私は、そのレースのプロモの編集に携わ
っていました。事故後もレース自体は中止されることなく、プロモ
も事故を起こしたヨットの映像は一切使用しないと言う条件で制作
が続行されました。

さて編集作業ですが、素材となるテープはレース開催前の練習風
景から撮影されていますから膨大な量です。当然、事故を起こした
ヨットも亡くなられた方も相当に映り込んでいました。中でも印象
的なのは開催レセプション風景。様々な関係者達にインタビューを
しているのですが、件のクルー達にもカメラが向けられます。はじ
めは他の仲間たちと口々に豊富や意気込みを喋っていた彼女でした
が、一人また一人とカメラの前を離れていき、最後には彼女一人き
りになってしまいます。それに気付いた彼女はカメラに向かって寂
しそうに笑い、ひと言
「・・あたし・・ひとりになっちゃった・・・なんで・・」。
 自らのその後を暗示するかのような言葉に、哀れさと同時に少な
からず背筋が寒くなる思いでした。彼女は転覆したヨットの下から
出られなくなった仲間を助けに行き、足にロープが絡まり亡くなっ
たのです。そして亡くなったのは彼女一人きりだったのです。
続きを読む

neru1172011647_TP_V

42:本当にあった怖い名無し:2011/07/05(火) 17:07:05.15 ID:SgKMkM0s0
私が中学生のときに、父方の祖母宅に泊まったときの話。

祖父は父が高校生のときに亡くなっていて、
私が2歳のとき父の仕事の都合で家族が引っ越してからは
祖母はずっと一人暮らしだった。
それからは1、2ヶ月に一度は家族で顔を見せに行って
祖母宅に泊まっていくことが習慣になっていた。

その日の夜も、いつものように祖母が仏間に私達兄弟の布団を敷いてくれた。
寝る場所はいつも決まっていて仏壇のちょうど前に私が、その横に兄が寝ることになっていた。
布団に寝ると、頭の先に仏壇があり、天井を見て少し左を向くと祖父と曾祖母の遺影が見える。
続きを読む
×