パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

怨念

syunsetuFTHG8600_TP_V

982 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/09/01(月) 09:48:05.64 ID:vhjzbB1U0.net
葬儀関係の仕事をしてる。
喪家さんごとに専任の営業担当者はついてるんだけど、
①葬儀時の礼状や御礼品
②49日の香典返し・法要
③年末の喪中ハガキ
という大まかな流れの作業担当部署は別々で、
基本的に①部署と②部署と③部署は連携はとっていない。

続きを読む

waraningyouGFVL1858_TP_V

30 :呪いの人形:02/05/21 20:25
呪いのわら人形をご存知ですか?
それに関する話です。

私は仕事がら転勤の多く、各地を転々としていました。
時にはアパート、時には貸家。
私が山口の萩というところに転勤になったときの話です。

安く家を貸してもらえるというので、しばらくの間、家を借りることになりました。
ただ問題だったのが、かなりの山奥で、大きい家なのですが、かなり古いものだということでした。

続きを読む

paku1220FTHG3230_TP_V

874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 15:58
私が以前住んでいた家の真横に、樹齢何十年というほどの大きな椎の木がありました。
我が家の裏に住む住人の所有物であったのですが、我が家はその木のおかげで大変迷惑をこうむっていたのです。
というのも、秋頃になると大量の枯葉が、我が家の庭先に撒き散らされるのはもとより、
樹齢何十年という老木ゆえ、根元から2,3メートルのあたりが朽ちており、
今にも我が家に倒れかかって来そうな様相なのです。
台風の日などは、家族で今日こそ倒れるんじゃないか?と、毎度毎度ビクビクしていたものです。
続きを読む

bcbb8dc7-s

493:1/3:2008/02/29(金) 01:52:08 ID:H/RTl9fG0
この前職場の同僚Aと居酒屋で飲んでいたときの話。
偶然俺の前の職場の飲み会とカチ合った。
俺は特に問題があって辞めたわけじゃないし、
前の職場の人とも仲が良かったので、合流はしなかったけれど
なんか向こうの人が何人もこっちの席に来て注いでもらったり、
唐揚げとか刺身とかをおごってもらったりとかしてた。

そのうち同僚Aが気分が悪くなったって言い出して、俺たちは
一足先に店を出ることになった。

続きを読む

maxresdefault

688 :可愛い奥様:2007/10/23(火) 08:13:23 ID:FNPyG1Z70
詳しい人教えて下さい。私も生きた人間の念が一番怖いです。
夫の元カノ(と言っても8年前の)が未だに念を送ってきてます。
私と付合い始めた頃は、私や夫へのストーキング、嫌がらせの電話・手紙がものすごくて、
悪夢にうなされるほどでした。

その後遠方に2度引越し、さすがに嫌がらせもなくなって約7年近く。
すっかり撒いた(というか相手もあきらめた)ものとすっかり忘れかけていたら、
最近また分厚い封書が来たんです。しかも私宛。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
続きを読む

358CC192-5809-43CC-AD87-4ED9B9D1F557

334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/03 22:26
俺が高校生2年になった時、同じクラスにYという男がいた。
俺とYは気が会う友達でよくつるんでいたが、突然夏辺りを境に、Yは俺から距離を置くようになった。
話しかけても適当にはぐらかされるし、グループ分けの時にも俺を避けるようにしやがる。
別に俺もYもクラス内でも地位が低いとかは無かったので、
何が原因かなとは思ったが、別に男の尻を追いかける趣味は無いので放っておいた。
その頃から俺は体調不良でよく学校を休むようになった。
あまり長期に休むとクラスの連中に忘れられてしまうので、それでも精一杯出席した。

続きを読む

susipaku211-app95050_TP_V

226: 名無しさん@おーぷん 21/03/18(木)03:04:01 ID:CV9
ワイの他県住まいの再従兄から聞いた話し
35年前 ワイが生まれる前
当時 地方ニュースにもなったらしいんやが…陰湿ないじめを理由に公園である少年が命を絶ったのち
立て続けにその少年の近所では 少年と同じ死にかたで命を絶つ人が続出した

続きを読む

togitsuFTHG0820_TP_V

764 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 03:22:24 ID:dPcyFHep0
東京に住む大学生なんだけど、友達が地方の村から出てきた奴で、そこの話を聞いた。

そこは海辺の村で、そこでは女子の出産率が高いらしい。
双子が生まれやすい村もあるくらいだから、それには驚かなかった。
実際は違った。男児が生まれると、高確率で奇形児らしい。
外見的におかしかったり、病気を持っていたりって感じで。
今は医療技術も発達してきたから、そーいうことは一気に減ったらしいんだけど、昔は兎に角、酷かったんだと。

続きを読む

penfan_KP_4209_TP_V

797 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 13:24:35 ID:m5Sp02uX0
あだ名がミミズという、小学校4年になる少年がいた。
あだ名の由来は彼の名前にもあったが、性格にも関係していて、引っ込み思案で弱弱しい少年だった。
風貌も薄茶色のTシャツの日が多く、目は重々しい二重で少しギョロ目の細顔。
春に転校してきて、早速他の男友達になじられる存在になる。
別に嫌われていたわけではない。

続きを読む

susipakuAB822PAKU6171_TP_V

604 :加害者は誰か・1:2008/12/15(月) 15:20:12 ID:b2vYchxo0
どうも自分の家系は、父母共にえらい因縁やら怨念を引き継いできたそうだ。
以下、寺の住職が自分や、あるいは親に話したもの。

まず母方の家系には、稲荷信仰をやってた先祖が憑いていると言う。
ただ、少し長くなるが、それは悪い狐が憑いたとか、そういう話ではないらしい。
「そもそも理解している人間が少ないが」と前置きされたのは、
「『神』は万能でも無ければ、無限に力を持っている存在ではないんだ」という事だった。
お稲荷様に限らず、誰かがお祈りやお願いに訪れると、
神はその願いをなるべく叶えてやろうと考え、参拝者に力を貸してやる。
ところが、ここで『借りた力を返しに来ない者』が必ずいる。
願いが叶った、努力が実ったと、お稲荷様等の神様にお願いした事を忘れる。

続きを読む
×