パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

怖い話

f0108d39

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/10 19:04
うちの祖母は大正生まれ。
昔は不思議な事がよくあった、という。
祖母が子供の頃、実家の隣家は、ただの鍛冶屋にしては妙に羽振りがよく、何かと因業な性格の一家だったので、
悪い事して儲けてると噂があったらしい。田舎特有のねたみもあったんだろうが。
その家には祖母より4歳年長の末娘がいて、よく遊んでもらっていたが、ある時から全然姿を見せなくなった。

続きを読む

430fc5a4-s

844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/09 18:54
私が体験した中で、一番不可解な出来事についてお話させていただきます。
別に怖い話ではないのが恐縮です。すんまそ。

今から3年程前の夏、友人達とキャンプに行きました。
メンバーは私、A、Aの彼女のY、私とYの共通の友達Mです。
場所は中部地方のとある山中です。Aが過去に一度行ったことのある所で、かなりの隠れスポットだという事です。
大阪から出発し、京都を経て全員集まると高速に乗りました。それが8月10日です。
キャンプは2泊を予定しており、帰宅予定は8月12日でした。

続きを読む

d08af6b8

188: キングコングラリアット(dion軍)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 02:29:20.05 ID:fuZ7Ij2R0.net
昼夜問わず微かに子供の声が聞こえる俺の住んでたボロアパート。

上の階からなのか隣なのか「…マ…、…かが…た…」…なんて言ってるかはよくわからなかった

暫くして俺は新しいアパートに引っ越したんだがある日幼児虐待死のニュースを見て戦慄した…あのアパートだ。
続きを読む

81d82903

608 :案山子の肉:02/07/02 01:22
今から10年前、通っている大学の近く下高井戸にワンルームマンションを借りた。
甲州街道に面していて、上には首都高がある。二階だったから首都高の影で昼間でも薄暗い。
家賃が比較的安いこともあり早々に不動産屋と契約をし、1週間後に荷物を運び込む事にした。
当日、神奈川県からの引っ越しだったが、業者の都合で荷物が到着するのが午後6時を過ぎるとのこと。
続きを読む

DQNの川流れ1_1

107 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/09/18(木) 10:01:04.85 ID:8hYRwp8b0.net[1/2]
これは自分でもよくわからない話。

玄倉川DQ川流れ事故の翌年、もう秋だったが親友と玄倉川に行ってきた。
川原に下りるにはゲートがあって立ち入り禁止になっていたが、すり抜けて入った。
水量は少なく秋の澄んだ水で、俺は無性に向こう岸に渡りたくなった。
地形は手前にひざの半分くらいの深さ流れがあり、そのむこうは平らな川原、
その向こうにまた浅い流れがあって、そこを渡るとガケになっていた。
俺は率先して川を渡り、親友も付いてきたが浮かない顔をしていた。

続きを読む

0264522c

44 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/09/13(土) 09:14:01.00 ID:MGmxOAvG0.net
山梨で思い出したが、東京都から山梨に抜ける道で『和田峠』というのがある。
ネットなんかで昔「何か出る」とうわさになった峠だが、知人のおばさんが奇妙な体験をした。

おばさんのダンナは釣りが趣味で、あちこちに出かける。
2人はとても仲がいいので、おばさんもたいていいっしょに行く。
和田峠も何度か通った。
続きを読む

potesara458A0412_TP_V

965 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/10/07(金) 10:34:23.07 ID:a1oE3ndg0.net[1/4]
見えないけどよくないモノがいるとゾワゾワを感じるって程度なんだけど、
大学の一時期、そのよくないモノに憑きまとわれて疲弊していた。

どこで拾ってきたのか、家にいるとよくある現象に加えて、毎晩夢に出てくるようになっていた。
その姿が本当におぞましい。老若男女、色んな人(…の、色んなパーツ)がポテトサラダのように練り固まったような姿。
あぁ、これは夢だな。ってわかるタイプの夢だったんだけど、色んな声で「助けてくれ」だの「恨みを」だの「許さない」だの
悲鳴・怒声・罵声を口々にぶつけてくるもんで、気持ち悪い容姿も相まって、目覚めるたびにゲーゲー吐いてた。

続きを読む

8bc0c0bc-s

493 :493:02/06/27 01:42
私はある離島の駐在所に勤務しております。
この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。
田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。
職住接近だし、3直交代の不規則な生活をしなくて済むと考えたからです。
しかし、この駐在所には問題がありました。
首が無い警官の幽霊が出るのです。
私も最初は驚きました。
でもその幽霊は、それほど危険な存在に思えません。
私には無関心のようですし・・・。
だから私は、段々と幽霊が現れる生活に慣れていったのです。

続きを読む

e64287a8-s

485 :アーケードゲーム板より転載:02/06/26 13:11
もう2~3年以上前になるかしら

以前行き付けだったゲーセンは、なぜだか知らないが必ず10時に閉店してた。
元々寂れたゲーセンじゃあなかったし、大学の近くだったせいか、夜でも客は常に居た。
それでも店の親爺はわざわざ客を追い出してまで(勿論、相手がドキュソだったりしても)10時には必ず店を閉めていた。
行き付けだったせいか俺はその親爺と知り合いだった。(といっても街で会ったら軽く挨拶する程度だけど)

続きを読む

9251dfca-s

695 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/16(土) 17:08:49.70 ID:rcNyvLb00.net
祖母の体験。

戦争中、女子挺身隊で、群馬県の山奥で松根油か何かを取る作業にたずさわった。
当然、女学生でも夜、みんなで山に寝泊りする。

寝付かれなかったある夜、
カン、カンと斧で木を切る音が間近にして、そのうちにバリバリと音がして、とてつもない大木が倒れてきた。
ドドドドーンという地響きが大地を揺らして、自分の体が少し浮いた。
びっくりして起き上がったが、周りの級友は何事もなく寝ている。
続きを読む
×