パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

後味悪い

狂人
17/08/18
はじめまして、父親が亡くなったので心に留めておいた、父についてのことを投稿させていただきます。

10年以上前のことです。私が中学生のときでした。

両親は喧嘩はしないものの、お互いに毛嫌いしており子供心にそれをひしひしと感じていました。完全に関係は冷え切っている感じでした。

共働き家庭でしたので、時々母親は仕事の都合で深夜に帰ってくることがありました。
続きを読む

ハサミ
06/10/16
俺がつい先日出会った話を聞いてくれ。

住んでた部屋が手狭になったから、新しいアパートに引っ越したんだ。

昨日いちおう荷解きも一段落して、新居の回りでも散策するかと思って歩いてたとき。

隣の隣のまた隣ぐらいに、屋根が水色の借家が連立してる一角があってさ、その脇の細い道に入っていったら、ババーがハサミ持って歌ってんの。

「ちょっきん、ちょっきん、ちょっきんんなぁ~♪」
続きを読む

祖母と孫
09/06/14
はじめまして。文才全くないので自信はありませんが、実際にあった話を書きます。

私の家族は父、母、兄、私、妹、祖母の6人です。先月なくなった祖母の話をします。

祖母には私が小さい頃、よく可愛がってもらったのを覚えています。いつも優しくて私は祖母が大好きでした。

そんな祖母が亡くなる前日にケンカをしてしまったのです。その日は午前中から老人会という集会があって、祖母が出かけ際に

「鉛筆かなにか書けるモノを貸して欲しい」
続きを読む

虐待
06/04/12
私の一番古い記憶は三歳。

木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。

祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来る公園なのだからきっとすぐわかるはず。そのうち、風に揺られてるのかブランコに揺られてるのかわからなくなる。

私は母に虐待されて育った。

飲み物をこぼした、ちょっと足音をたてて歩いた、声を出して笑った。そんな理由ですぐ折檻(せっかん)された。
続きを読む

虐待
12/02/07
以前住んでた二階建てアパートでの話。

22:00くらいになると、外でコンコンコンって手すり見たいなのを叩く音がして話し声が聞こえるんだわ。

その頃の仕事は残業が多いところで、22:00すぎて帰宅する日のほうが多かったんだけど、早く帰った日は必ず聞いてたので、下の奴が猫にエサでもあげてるのかなー、くらいに考えてた。

半年くらいして、寒くなり始めた頃に、風邪引いて会社休んでたら、またコンコンコンって音がして、もう寝るのにも飽きたので聞き耳立ててたら、なんか罵声の様な音とバシバシ叩くみたいな音が。
続きを読む

路地
10/03/24
たぶん中学校上がる前くらいの時だったと思う。

この当時から底辺で引きこもりだった私はとくにすることもなく、自宅の二階の自分の部屋でごろごろしていた。

そしたら、昼の1時ごろ外から小さく救急車の音が聞こえてきた。

私がそのとき暮らしてた地方では道路が狭かったり、車からの死角が出来やすい場所が多かったので、事故がおこる事も、救急車が通ることもめずらしくなかった。

だから、「ああ、またどっかで誰か事故ったのか」ぐらいにしか最初は思わなくて、なんとなくその救急車のサイレンを聞いていた。
続きを読む

廃墟
14/05/21
昔、とある施設で研修をした時のこと。

よく話し相手になってくれる、Aさんという50代の男性入所者さんがいた。Aさんは穏やかな人で、私が病気の親の面倒を見てる話をすると、色々はげましてくれた。

Aさん自身は、幼い頃に両親と兄妹をいっぺんに亡くしたとのこと。

家族は大切だよね、大変だろうけど親孝行できるのは幸せだよ、と言ってくれた。Aさんとは出身地も同じで、よく地元の話で盛り上がった。

ある時私は、何のはずみかは忘れたけど、地元の心霊スポットになっている廃屋の話をした。いつも穏やかなAさんの表情が、その時一瞬とても険しくなって
続きを読む

人身事故
これ怖いなあ…

■『子どもの名に何託す?』思いを込めて

一方、「子」を付けた人にも聞いてみよう。

りつ子ちゃん(2つ)、まき子ちゃん(六ヶ月)の女の子二人の母親で、神戸市灘区の中畑啓子さん(27)は

「覚えやすさ、呼びやすさで『子』を。さらにイメージが限定されるのを避けて平仮名交じりにした。名前は額縁。中身は自分で作っていってほしい」

出典:神戸新聞WEBNEWSはてな探偵団(2006/11/01)
ttp://www.kobe-np.co.jp/kurashi/200504hatena/56.htm
続きを読む

LSD親娘
16/11/02
私は生まれてからしばらく、ひどい喘息で体が弱かった。

まだ言葉も話せなかった頃から、熱に浮かされ咳が止まらず、苦しくて泣いていた記憶がある。

私が3歳になったころ、母が妊娠してお腹がとても大きくなっていた。そして8月の暑い日、母と私と買い物して帰っていた。私はご機嫌でスキップして、母と手を繋いで歩いてた。

いつも降りている長い階段につき、母を見上げた次の瞬間、隣で母がふっとんだ。
続きを読む

夜の公園
13/01/23
もう10年以上前のことになる。

俺は酔っ払って駅からアパートまで歩く途中、公園で休んでたんだよ。そもそも酒飲んだのが嫌なことがあったからで、それが悪酔いして、すごくむしゃくしゃした気分だった。

そしたら俺の座ってるベンチから柵をはさんでちょっと低くなった道路に、いつの間にか自転車に乗った男の子供がいる。8~9歳くらいに見えた。

最初はギョッとしたよ、時間はもう0時近かったからな。
続きを読む