パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

幽霊

幽霊

15/11/01
子供の頃、自室の勉強机の椅子の下に白い子供が膝抱えて座ってたこと。

誰もいないはずの両親の部屋で茶髪の女が寝てたこと。

夜、学校帰りにいつも通る道の窓にでかい顔がいっぱいに映ってたこと。

桜木町の根岸線に勢いよく飛び乗るぐにゃぐにゃした影男?をみたことと。

イヤホンで大塚あいちゃん聞いてたら曲より近くで男の唸り声が聞こえたことと。

が覚えてる限りの大学までに体験したできごとかなと。
続きを読む

白蛇

17/04/18
友人から聞いた話。

その友人は両生類や爬虫類が大好きで蛇を飼っている。

友人いわく、この蛇を飼っているケージに幽霊かどうかはわからないが、幻のような蛇が時々現れるそうだ。

1つのケージに1匹の蛇しか飼っていないのに、いつの間にか蛇が1匹増えていて、よく確認しようと思って凝視しようとすると消えてしまうのだとか。

俺が

「見間違いじゃないの?蛇って体が長いから2匹いるように見えただけじゃないか?」

と言うと友人は
続きを読む

恋人

17/04/08
空気読まずにごめんなさい。

霊的な事、不可思議な体験てのは、自分がどうとらえるかでしかないと思いながら40数年生きてきた自分が、唯一これだけは、と信じている、というか信じたい体験。

子供がある年の秋に生まれて、年明け間もなくに子供の父親が亡くなった。

乳飲み子をやっと寝かしつけてうとうとしかけた明け方のリビングで、窓という窓をドンドンバンバン叩く音で目覚めた。

なんだなんだと思っている矢先に携帯が鳴った。子供の父親が亡くなりました、との知らせ。

その頃はその報せに仰天、その後もなかなかどうして大変な数年で、窓を叩かれたことすら思い出すこともなかったのだけど、最近やっとあの音を思い出す。
続きを読む

怖い

819:03/01/30 00:00
おれが小学3年生のときに、母の従兄が死んだ。母の従兄と言っても、死亡当時は中学生だった。

俺はその家に行くと、よく面倒を見てもらっていた。俺はそのお姉さんによくなついていた。

葬式のとき、坊主がお経を読む。もちろん、俺もそこで正座してお経を聴いていた。

ふと斜め後を向くと、俺と同じぐらいの歳の少年がいて、正座してお経を聴いていた。

奇妙だったのは、手をこすり合わせながら、一心不乱に、体を激しくくねらせ、まるで踊っているかのようだったことだ。

俺はその姿を見て戦慄した。
続きを読む

不気味

17/06/18
昔、服屋でアルバイトをしていた時の話です。

いつも同じシフトになる加藤君が無断でバイトを休みました。しかも三日間もです。

派手な見た目に反して、まじめな奴で遅刻や無断欠席は今まで一度もなく、バックれるようなタイプではなかったので、皆んなで「どうしたんだろうね?」と心配していました。

携帯に連絡をしても留守電になるばかりで、早番だった僕が様子を見に行く事になりました。

加藤君と僕は特別な仲が良いというわけではありませんでしたが、一度飲み会の帰りに泊めてもらった事があるので家は知っていました。

適当にコンビニで食料や栄養ドリンクを買ってアパートに向かいました。
続きを読む

田舎

08/02/08
中学のとき、夏休みを利用して友人の祖母が住む田舎に泊まった。

夜、布団で寝ていると、足元のほうから畳がすれる音がする。

気になってそっちに目をやると、着物姿の老婆がお盆?のような物を両手に持ってゆっくり歩き回っていた。

あわてて体を起こそうとしたが、動かない。だが目だけはしっかりと老婆の姿を捉えていた。しばらくして老婆はフッと消えた。

翌日、友人にその話をすると、
続きを読む

恐怖
15/05/12
友達は一人暮らしで、わりと綺麗なアパートの三階に住んでる。

綺麗な割に安いんだ~と嬉しげに話していたが、引っ越しを手伝った自分や友人らはその理由を知っていた。

トイレに入ると鍵を閉めても勝手に開く、窓際に女が座っている気がする(灰色のスーツ。見えないけど、みんなが思う)、うめく声が聞こえる、冷たい何かが首に触れた、等など。

どう考えても訳あり物件。霊感アリな友人はいなかったけど、ヤバい、と誰も遊びに行かない部屋だった。家主は気づいてない様子だったけど。

その訳あり物件住みの友達が、ある時仕事に来なかった。

その日の夕方に、泊めてくれと連絡が来たので事情を聞くと、警察沙汰があったらしい。
続きを読む

暗い
05/05/29
以前勤めていた病院の話。

そこでは夜勤帯は交代で巡回して、1人は看護室に残る決まりになってた。

ナースAが巡回に出た後、俺は廊下側の窓のカウンター机(MY定位置)で本を読もうとしてた。

その時、窓の向こうに人の気配を感じて顔を上げたんだけど、Aはいなかった。患者がうろついてるのか?と思い、外に出たけど患者はいなかった。

廊下の先でAが振り返ってコチラを見てたので、俺は何でもないと手を振った。

Aが歩き出してT字の廊下を曲がった時、後を付いていくように女が現れた。女は音もなくスーッと滑るように移動した。
続きを読む

海
12/07/11
高校二年生の今頃、俺と友達が海で体験した出来事。

この時期になるとちょっとずつ海開きするところが増えるけど、俺たちがよく行ってた海はまだ人がほとんどいない。

そういう人がいない時期には、友達三人、計四人でよく沖までボートを漕いでた。

四人で乗るとほぼいっぱいになってしまうボートに、ジュースやお菓子、自作の碇(いかり。太めのロープに大きな石をくくりつけたもの)を乗せて沖へ出てた。

人がいない時期にこんな遊びをしてたのも、子供が真似をしたら危ない。ということだったが、今考えると結構俺たちも危ない遊びをしてた。

遊びの内容は、毎回少しずつ砂浜からの距離を伸ばして、海中を探索するというもの。
続きを読む

エレベーター
15/07/05
今日、とある病院の病棟で使っている心電計が調子悪い、という事で病棟まで呼び出しをくらって行った。

6階建の5階にある病棟で、あれこれ様子を見て、さぁ帰ろうという事になった時、普段は大体階段使うんだけど今日は休日出勤だしは荷物もあったからエレベーターで一階まで降りる事にした。

エレベーターホールに行くと、ちょうどエレベーターが4階から上がってくる所で、ちょうどいいやと下ボタンを押してまっていた。

エレベーターが5階に到着しドアが開くと、中にオバサンが一人乗っていた。

降りる気配ないし、表示を見たらまだ上矢印が光っていたため、6階まで上がるんだろうと

「あ、下なんで」

と声をかけた。
続きを読む