パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

工場

SnapCrab_NoName_2022-7-8_11-1-56_No-00

495 :本当にあった怖い名無し:2011/03/13(日) 22:18:59.98 ID:2S1m0Fll0
小学生の時の話。
工場脇の広い空き地に、週に何回かは遊びに行っていた。

空き地と言っても学校の校庭より遥かに広く、
今考えると何故あれだけの面積が未開発のままなのだろう、とは思わされる。
まま「だった」のだろう、と書かない理由は、二十云年経った今も未開発のままだから。

続きを読む

47399e0e-s

537 :本当にあった怖い名無し:2013/01/19(土) 20:43:32.02 ID:O2M4k4o90
内容的に不謹慎かと思ったので悩みましたが昔、働いていた工場には検査室という6畳ほどの小さな部屋があり
そこに入室する時は白衣に着替えなければいけなかった
白衣は廊下にあるロッカーに2、3着掛けてあった
新入社員の時、検査室で一人作業をしているAさんに用事があり
白衣に着替えて中に入った
Aさんへの用事が終わり
「では、失礼します。」と頭を下げて帰ろうとした時
Aさんが「白衣、ちゃんと掛けといてね。」と言った

続きを読む

TS1242_TP_V

713 :可愛い奥様:2008/07/11(金) 10:59:13 ID:cYcGzD+z0
通販の某ベーグル屋からこんなメールが届いた↓

去る7月7日、弊社製造工場におきまして、作業終了後の清掃中
通常未使用の機械誤操作により、スタッフが亡くなるという
不慮の事故が発生いたしました。

今回事故にあってしまったスタッフは、弊社に勤続20年のパン職人であり、
パンを作ることが大好きで、お客様のもとへおいしいパンをお届け
できることを大変誇りに思っておりました。

続きを読む

BOBY2054B_1_TP_V

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/30 17:33
会社の部下の話なので書くのをためらいましたが、
あまりにも不可解なことなので、ここに書くことにします。

自分は工場で働いてるのですが、先日その工場で大きな事故があり、部下が巻き込まれました。
詳しくは書けませんが、右腕の肩から先が切断され、
右足も繋がってはいるものの回復は不可能と言うことで、切断を余儀なくされるほどの大きな事故でした。
続きを読む

BOBY2054B_2_TP_V

489: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/09/02(土) 14:09:57.97 ID:MLkE+Rgk0
じゃあすげえ短いけど

俺は機械部品の加工工場に勤めてた(もう転職した)んだが、
ある日、山上ってやつが先輩に「変な帽子かぶってっくるなよ」って言われてたんだ
なんだろ、と思ってそっち見たら、山上は頭のまわりに黒い毛糸のかたまりを太く巻きつけてるようだった

続きを読む

penfanpenfanAPP95501_TP_V

641: 本当にあった怖い名無し 2006/11/28(火) 03:25:03 ID:crqTqEJ20
これは僕がサークルで知り合った仲間が体験した話だ。
彼女の事は仮にMとしておいてもらいたい。
彼女の故郷はひなびた町で何処の田舎にも有る花の無い
死にかけた町並みと言う表現が似合うような場所だといっていた。
そんな町での生活を嫌がった彼は、こうしてそこを離れ、
生活をしているわけだが今まで生きてきて一度だけ幽霊を見たという。
その時の話だ。
Mの町には沢山の小さな鉄工所のような会社が存在していた。
数あるそんな会社の中である日、その中の一つが倒産に追い込まれた。
原因は膨れ上がった借金が遂に払いきれず、志半ばの倒産と言われていた。

続きを読む

people-3221826_960_720

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/07 19:49
僕の家は自営で町工場をやっています。
父が創業者で、2年前に長男の僕が後を継ぐということで入りました。

それは去年の春先のこと。毎晩毎晩父と母が資金繰りのことで喧嘩をしていました。
吹けば飛ぶような町工場ですから、いままで潰れずに続いていたのが不思議なくらいです。
僕はここ数ヶ月、頭痛と下痢に悩まされてしました。
それは会社の経営が行き詰まっているため、精神的なものだと思っていました。
続きを読む


BOBY2054B_1_TP_V
789 :本当にあった怖い名無し:2019/08/18(日) 05:29:53.03 ID:P4C7wI9V0.net

会社で納期が厳しい仕事を、毎日6時間くらい残業してやっていた。
先端とはほど遠く、人も少ない工場での食品関係の生産だ。
仮に、惣菜を作ってそれを容器に詰め、発注元の大手食品メーカーに納品する仕事としておこう。

いよいよ期限ギリギリという時にくたくたになって帰ると、疲労で着替えもしないまま気を失うように寝てしまった。
そして夢を見た。
続きを読む

hat-158569_960_720

376 :本当にあった怖い名無し:2018/06/22(金) 00:04:36.89 ID:f9MuJbxA0.net
車の修理工してて、お客らしい人が帽子を忘れたらしく拾ってかぶったら、
結構似合っててそのままトイレの扉開いたら、どこかのビルの数十階のオフィスに入ってしまった。
続きを読む

AME_85takadainohaikyo_TP_V

28: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20(木) 14:17:35 ID:PG3FOxau0
小さい頃団地に住んでいた。

結構大型の団地でまるで一つの町みたいだった。
小さい頃だったから余計大きく感じたんだと思う。団地の周りは大通りで
車やトラックが沢山通る。危ないので団地の外で遊ぶことは禁止されていた。

小学校1年生くらいの頃だろうか。その日もいつものように友達と遊んでいた。
その日はおままごとをした後、誰かが探検しよう、と言ったので団地のあちこちを
まわることにした。
続きを読む
×