パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

工場

村

349: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 14:35:40.21 ID:rLaxg6qa0
創作なしの実話です。
今はもう中国を離れ、自分に何の影響もないと思うので記憶を整理して書き込んでみる。

何年か前、中国の工場に単身で長期駐在していた。
同僚達は皆、工場から車で1時間ほど離れた都市部にアパートを借りて
住んでいたのだが、俺一人だけ工場近くの村でアパート住まいを決め込んで
いた。どうしてかというと、ただ単に朝早起きしたくなかったから。
(都市部通勤より1時間は余分に寝られる)
それに会社の寮住まいだと女の子も連れ込めないし。(´・ω・`)

そんな辺鄙な村で一連の奇怪な出来事があったので時系列的に書いていきたい。
続きを読む

テレビ画面

124: 本当にあった怖い名無し 2013/02/11(月) 01:49:50.02 ID:oajwkopY0
酔った勢いでダラダラと半年前の事書くわ
どう取って貰っても構わないけど実話な。

俺は東北の港近くで工場勤めしてた。
県名は書かないけど、震災の被災者で、津波が来た、とだけ言っとく。
でも工場は、奇跡的に10~15cm水没しただけだったんだよね。
だから1,2ヶ月で平常運転出来たのよ。
で、この話は俺が7月位に宿直した時の話。
続きを読む

倉庫

106: 1 2009/08/30(日) 02:08:31 ID:Ss+fHNE8
1
豚義理御免

勤めていた会社で盗みを働き、バレて退職させられた派遣泥ママの話

私が当時勤めていた会社は、工場などで使われる大型装置のメーカー
一機数億円で取引され、当然各部品も恐ろしく高価
でも、その交換部品も壊れてしまえばただの産業廃棄物
なので、産廃処理業者に処理してもらわなければいけない
(工業用の薬品なんかを使っているので、普通の業者には任せられない)
続きを読む

月夜

46 :本当にあった怖い名無し:05/03/08 11:25:11 ID:aqXgmZB80
たいしたこと無いんですが、もしかしたら役に立つかもしれない話なので投下 

父の会社である町工場での話 

夏頃、職安の紹介により年金受給年齢に達しているSという労働者を雇った。 
前職は似たような仕事だったらしい。給料は様子見を含め最低の20万程度 
続きを読む

廃墟

552: 本当にあった怖い名無し 2011/06/21(火) 21:24:03.81 ID:SHvWLwFC0
先週の土曜日の話です。文章が拙い上に自分でも何を言ってるのかよく分からないですが、 
読んでいただけると嬉しいです。今も取り乱しています。 

私と彼氏、彼氏の同僚のAとその彼女のB子と遊ぶことになったのですが、 
何をしようって話になった時に、彼氏とAの趣味である、廃墟めぐりに 
4人で行ってみようということになったんです。 
といっても、幽霊は話を聞くのは好きでも見たくないし、 
私とBは初めての廃墟ということで、変な来歴がなくてヤンキーもいない、 
成り立ちのはっきりした廃墟を探して、行くことになりました。 
続きを読む

戦慄

10/05/28
都内の西側に伯父がちょっと広い土地と工場の跡地をもっていたんだ。 
不況で損害蒙った伯父は、これを売りたがってたんだよ。 
つっても伯父も金なくてね。更地にはできなかった。 
俺のいる不動産業もやばくてね。 
仲介手数料安くするからやるよって引き受けたんだ。 
比較的安めだったから結構大きな企業とかから問い合わせもきたし。 
現地案内にも何度かいった。でもなかなかきまらなくてね。 
それで悩んでた時に電話がきたんだ。 
その土地の購入を考えてるって人からね。 
じゃあアポと下見日程をってきりだしたら、もうそこにいるってのよ。 
契約書もってきてくれないかっていうから、慌てて社用車とばしてむかった。 
続きを読む

子供、危険、武器

887名前:
あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:03/09/08 18:14
小学校三年の時の夏前の出来事。あとで考えたら日曜だったんだろうな。

クラス替えで新しく友達になったI君。I君の家のすぐそばに小さな工場と空き地があった。

その工場をI君は「お父さんの工場(こうば)」と呼んでいた。よく工場の横の空き地で遊んでいたんだが、工場がいつもガンガンと大きい音を立てていたのを覚えている。
続きを読む

幽霊

18/05/20
プロ占い師で、バイトでお祓いみたいなこともやってる友人から聞いた話。

「工作マシンの下を、たまに影みたいなものがスッと動く。軽い足音を聞いたという家族もいるから見てほしい」

という客の依頼で、ある小さな町工場を訪ねたら、確かに工場の中に5歳ぐらいの男の子がいた。

100年ほど前に亡くなったその家の先祖で、彼には轟音を立てて動くマシンが大きなオモチャのように思えるらしく、マシンが動き出すと嬉しくてウロチョロしてしまうのだそうだ。
続きを読む

中国
09/08/18
俺はある機械メーカの技術者なんだけど、うちの機械は世界各国の工場でも使われている。

で、すえ付けや調整、指導なんかで1ヵ月ほどそこに出張というのが年に1、2回あった。

これは最近、近所の大国へ行ったときの話なんだ。

機械を買ってくれた工場は、発展している沿岸部からそう遠くない所にあった。でもすんごい田舎で、大きな工場の周りにはほとんど何もないような所だった。
続きを読む