パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

自転車

117:名無しさん:14/04/06(日)18:19:08 ID:M3wPWuyfr 
他人からしたら「だから?」っていうかんじですが、一応かきます。

祖母がまだ生きてるときに、
「私も先長くないから、何か買ってあげる。なんでも言ってみなさい」
といった。
俺は、
「じゃあ、新しい自転車がほしい」
といった。
数日後、俺は祖母と自転車を買いに行った。祖母は俺の喜ぶ顔を見てにっこり笑った。
続きを読む

滝

387: 健康茶流@カテキン緑茶 04/11/23 00:33:21 ID:Vxqi95Cf
 友人の体験談です。
大学時代の夏休み、彼はある山に登山に出かけました。
登山計画は順調に進み、山の中腹にある滝沿いの崖を登りきった所で彼は一息入れたのですが、ふと真下の滝つぼを見ると、底の方に、仰向けになって沈んだ人の姿が見えます。
続きを読む

暗い山道

290: kagiroi ◆KooL91/0VI 04/11/14 19:17:15 ID:bwA6652v
婚約者が決まり、それまで付き合っていた年上の女が邪魔になった男が 
別れ話を車でしていた時に、「私との関係を婚約者にばらす」と言われ 
切羽詰って殺害を決意。混乱する頭の中で、ともかくなだめながら 
夜の高速を走り、どことも解らない場所で高速を降りて暗い山道へ。 
続きを読む

夕方

610:ゆうちゃん&トミー(1/7):2009/05/30(土) 03:27:01 ID:NUzskH9Q0
以下の話は創作ではなく実話なんですが、 
名前や場景から実際の場所や人物が特定されないよう若干表現を歪めてあります。 
また長文が苦手な方は、誠に勝手ではありますがスルー願います。 

---------------------------------------------------------------------- 

中学生時代の友達で「ゆうちゃん」というヤツがいた。 
彼は直感が優れていて、何かの危険が迫っていると「嫌な感じがする」と呟き、 
さりげなく回避行動に出られるタイプの男だった。 
続きを読む

崖

06/01/08
俺が大学2年の頃に実際に体験、、というほどでもないのですが、あった話です。 
俺は当時、親元を離れてアパートで一人暮らしをしてたんですが、 
彼女もいなく、友達も少なかったのでいつも暇を持て余してました。 
唯一の娯楽は、近所のレンタルビデオ店で映画やアニメ等のビデオを借りて、 
自宅でゴロゴロしながら観てたことくらいです。 

ある日、いつものようにレンタルビデオ店にいってみると、 
店の入り口の前にワゴンのような物が置いてあり、上にはビデオが沢山置いてありました。 
どうやらワゴンセール中らしい。古びた昔のビデオしか無かったが、全品100円と借りるより安かったので、 
なんかいいのはないかなーと、ビデオの山を手で探ってた。 
続きを読む

山
12/08/11
先週本当にあったこと。ようやく気分が落ち着いてきたので書いてみる。

山歩きに興味をもって地元の山をいくつか経験後、隣県の山に初チャレンジ、登山というよりハイキング、ウルトラライトトレッキングというやつだ。

一応最低限の装備は用意している。大雨の後で、すべりやすい岩石の多い山だった。

初めての山だったし無理はしないタチなので、頻繁に休憩を入れながらのんびり上っていた。後から登る人に抜かれても気にしない♪

大雨は去ったものの、空には暗雲がたちこめて辺りは薄暗い。天気予報は「くもりのち晴れ」だったのだが山の天気は変わりやすい。
続きを読む

グーグルマップ

2014/10/10
少し奇妙な記憶がある。

小さい頃から、自分以外の子供の記憶があるような気がしていた。例えば、ウチは、貧乏で県営住宅住まいだった、長屋形式のね。

でも、それとは別にかなり裕福な暮らしを味わっていたという記憶が微かにあったりして不思議だった。親が「初めて買ってきたよ」という高価な果物も、あれ食べたことなかったっけ?とかね。

まあそれだけならTVの影響でも受けてた、とすれば説明がつく。

やがて免許をとって車に乗れるようになって、とにかく運転が面白くて近所中のあらゆる道を走りまくった。

で、家から30kmほど離れた海のそばの道を走っていた時、小さな脇道を発見した。知らない道はどんどん進め、っていう気分だったんで当然曲がって入ってみた。
続きを読む

ツンデレ幽霊

ある有名な心霊スポットへ、深夜に車で行ってみたんです。

トンネルを抜けると、そこが有名な心霊スポット。と、そこに目の前にふっと女の人の白い影が。

あ!と思って、あわててブレーキを踏んで、降りてみたところ、そこに人影はなく、目の前は崖。なんでもガードレールが壊れていて、ブレーキを踏んでなかったら落ちてしまっていたかもしれないということです。

「あの幽霊は助けてくれたんだ」そう思って、そこで手を合わせ、お祈りして帰路についたそうです。

トンネルを引き返す途中、ふとミラーを見ると後部座席に、先ほど目の前を横切った女の人の姿が……。その女の人は、こうつぶやいたそうです。

「死ねばよかったのに」
続きを読む

崖

550:
本当にあった怖い名無し[]投稿日:2010/01/06(水)07:06:46ID:NbuyfAgO0
去年の夏釣りに行った時の話。

夜、釣り場について、明け方に釣りを開始する予定だったのでテントを張って寝ることにした。

そこは切り立った崖に覆われてる場所で、地元民でもめったに来ないらしい。

しかし大物が釣れるとのことで、たまに人に遭遇することもあった。その日は週末にも関わらず誰もいなかったので貸切状態だと喜んでいた。
続きを読む