パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

山道

YAT20314012_TP_V

361 :大江戸ファミリー:04/05/02 02:20 ID:ctye3RT0
10年近い前の話なんだけど、就職したてで俺は寮に入ってた。
で、先輩やつるんでた友人と4人でドライブにでかけた。先輩の車でね。

いった先ってのが、東北のM市から秋田に抜ける峠道。
新道はバイク乗りが集まってるとこだったけど、先輩が向かった先は旧道だった。
洒落にならない道だったよ…舗装してないどころか、藪だらけで前も禄に見えない車一台通るのがやっとの道。
よりによって先輩はスカイラインで豪快にそんな道を走らせた。

続きを読む

BOB2028037_TP_V

16 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 23:35:28 ID:0AGBkbxz0
俺が15年位前にに体験したマジ話。
当時宮崎の大学生で、友人4人と福岡に遊びに行って真夜中に大分~熊本の山の中を通過するコースを取ったんだけど、
凄まじい山道で片側は本当に崖になってて路面は砂利。かなり危険な道路だった。そこを通過中、一回だけ集落の様な所があって、
2軒くらいに明かりが灯っていた。助手席の奴の話では、なんか提灯みたいなものが光っていたと。

続きを読む

SnapCrab_NoName_2021-9-3_6-18-31_No-00

98: 本当にあった怖い名無し 2017/04/10(月) 05:14:46.28 ID:MyTWgDcJ0
もう10年くらい前の話なんだけど、当時働いていた職場は変則的なシフトでね、その日は昼過ぎから21時という勤務だった。
翌日から土、日、月という三連休の前の晩ということで、テンションが上がりまくっていたのを覚えてる。おまけに給料日だったしね。
些細な日常の小さな幸せってやつだ。俺は運転免許を取るのが割に遅くてさ、当時は免許取得後2年くらいしか経っていないこともあり、よく深夜にあてもないドライブに出かけたものだった。
行き先も決めずに2~300km走って帰るという密かな楽しみを持っていた。(1/5)

続きを読む

0105RFJSK_TP_V

949: 本当にあった怖い名無し 2006/10/04(水) 22:12:19 ID:xz3LxNFk0
長野県のある峠で夜な夜な暴走行為をやってた若者がいました。
仮にAといい、同じ車好きのBとともに
いわゆる峠の走り屋をやっていたそうです。
二人とも熱狂的なラリー好きで、世界ラリー選手権(よく砂利の峠道をセダン型の四駆車に
乗った二人が、助手席の相方が地図をみながら進路の指示を出し、運転手はそれ従いつつ
ハイスピードで砂利道や木々に覆われた狭い峠道を駆け上がっていき、
たまに人が轢かれる衝撃映像とかありますよね)を見にいったりするぐらいの熱の入れようでした。
ある日二人はとうとう見るだけでは飽き足らず、実際にラリーの真似事をして見たくなり、
警察の目もあるということで、今は新しい舗装された峠道のおかげで廃道になった旧道の
まさにラリーで使われるようなふるい舗装されていない峠道を夜中に訪れることにしました。

続きを読む

015KAI319_TP_V

595: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/11/23(水) 12:09:56.63 ID:DoLam+KQ0
怖さのレベルで言えば低いかもだが、以前体験した思い出を...。
バイクでソロツーリングで山間部を走るのが好きなんだが
ある時に山肌にへばりつくような集落をみつけ 凄い立地だなーと感心しながら奥へ奥へと走ってたら
植林地の杉林の中に木に畳が二畳分くらいの白い布が結びつけてあってね
けっこう設置されてから、月日はたってるぽかった

続きを読む

kazukihiro512124_TP_V

105: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 22:47:45.98 ID:cRj+8s0c0
じゃあ俺話そうかな
予め行っておくが俺は文章力がない故に大変読みづらいと思う。そこはすまない。ではでは
これは俺の先輩の友達の話。その先輩は、去年の夏に大○水峠って言う地元じゃ結構有名な心霊スポットに車で深夜に三人で行ったらしい。その三人を仮にA.B.Cとしよう(Aは俺の先輩の友達)
その峠がある道は昼でも車の通りが少なく、その日の夜なんて対向車線を走れるぐらいの少なさだったらしい。
その三人は全然幽霊なんて信じない人で道中酒なんか飲みながらわーわーやりながら走ってたらしいんだ。
んでガヤガヤやってるうちに峠のすぐそこまで来たんだ。
「遠くから来たんだし、どうせならゆっくり通ってこうや」運転役のBがそう言ってゆっくり車を走らせた。そしてついに峠の看板が遠くに見え始めた頃、後部座席にAと一緒に座っていたCが
「おい。あそこ人いねーか?w」と看板近くのガードレールの向こうの草むらを指差しながら言った。
確かに暗くてよく見えないが1.5mほどある黒っぽい?何かがそこにあるのがわかる。確かに人のような形にも見えるが、こんな夜中、しかも山奥の峠に人がいるわけがない。なのでAは

続きを読む

Redsugar20207061_TP_V

21/06/25
今から七年近く前のことです。

私と父は家から程近い山道を歩くことが好きで、その日もよく行く地点へ向かって歩を進めていました。
近くに沢があり耳が気持ちよく、木々も自然のまま生えているので昼でも薄暗い道が続くのですが、その日は突然音が無くなりました。

自分と父の息遣いと声しか聞こえないんです。

続きを読む

1

746 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 14:13:55 ID:6Jl7rMMY0
あれは母の実家から帰る途中の出来事。
母の実家はG県の田舎で、夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来るような山の中。
お盆の時期になり、母が祖父の家に帰るらしいので、3人で車に乗り出発。
久しぶりの事もあってか、祖父は大変嬉しそうに私達を迎え入れた。

1泊して自分達の家に帰る日の夜、祖父は月を見てこう言った。
「恵子・・・。もう一泊してかんか?・・わしゃ心配や・・・。山道は暗いしなぁ・・」
しかし、私や弟が明日友達と遊ぶのを知っている母は丁寧に断った。
今思えば、その時泊まっていけばよかった。

続きを読む

8DC3E079-57D5-41FE-A5E2-BACD25A00800

872 :本当にあった怖い名無し:2010/05/18(火) 23:58:01 ID:+tknK7QW0
厳密に言うと、この話は俺が『洒落にならない位怖い』と思った体験ではない。
俺の嫁が『洒落にならない位怖い』と思ったであろう話である。

おれの嫁は俗に言う『みえる人』で、俺は2ちゃんでいう『0感』。
嫁がまだ恋人の頃、見える人である事を俺に明かし、
その後しばらくの間、「あそこに女の人が居る」だの「今足だけが階段を昇っていった」だの言い出し、
俺が本気で遺憾の意を表明した時から、一切それ系の実況をしなくなった。
だがつい先日、何故か俺にもはっきりと不可思議な物が見え、
その時の嫁の反応を以ってここに投下し得る話と思い、書いてみる事とする。

続きを読む

paku_kasjdkfasdj_TP_V

929: ムンクはオカルト ◆PH4Mje0jPU 2007/03/29(木) 22:49:13 ID:cMlUejEvO
ちょっと長くなりますが読んで頂けると嬉しいです。

私は幽霊が見える人ではなくて、どちらかと言うと感じる方です。そして、いつも不思議な体験をする時にいる奴がいるんですが、
小学校からの友人の中ちゃん【以後N】と、たかし【以後T】です。
いくつかお話しするのは
私が高校卒業時にNと一緒に体験した話とTとの話です。

続きを読む
×