パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

山奥

o0407038714468894622

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/28 15:06
以前やってた未解決事件スペシャルみたいな番組での話。

ある田舎町の青年会の若者が、山奥の簡易トイレの狭い配水溝に、
溝の形にぴったるはまる姿勢でコの字型で死んでたらしい。
で、その若者のお父さんが生放送の番組に出てきて息子の顔を公開し、
「この不自然な死の謎を解明して欲しい。うちの子は他人に恨まれるような子じゃない」と悲痛な訴え。
続きを読む

nerusan0614_5_TP_V

683: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/21(木) 14:52:07.92 ID:Upl2P+gO0
ROMってたけど実体験。

うちの婆ちゃんちって超田舎の山奥なんだ。
車止めてしばらく歩いて家到着って感じで、一番近いお隣さんも数百メートル離れてる仙人級。

小さい時は毎年夏休みに泊まりに行くのが恒例だったんだ。
その日も渓流や山を走り回って遊んで夜はクタクタで婆ちゃんの隣で爆睡。
続きを読む

057AME0226_TP_V

205: 本当にあった怖い名無し 2010/07/03(土) 22:43:57 ID:b12ivNzb0
今年祖母88才になる祖母に、以前「なにか怖い体験をした記憶があれば教えてほしい」とねだった際に教えてもらった話。

祖母が若い頃、ある夏の日に用足しをしに山を下りた帰り道での体験。
その頃、祖母が住んでいた辺りは東北の山奥で、近くの町まで下りるにも峠や谷をいくつも下りなくてはいけない程の僻地だった。

その日も用を終えて帰る頃には夕暮れ時に差し掛かってしまった。
帰路を急ぐ祖母の行く先の橋のたもとに、着物姿の女のひとが佇んでいたという。
続きを読む

KUMA1892068_TP_V

52: 本当にあった怖い名無し 2007/09/26(水) 02:17:09 ID:lhgCF61W0
祖父母が住む山奥の里に従兄弟と共に遊びに行ったときの話。

ちょうど従兄弟、祖母と一緒に花火してたときだったと思う。
線香花火が落ちたので顔を上げると、
正面の山に数個の流れ星がゆっくり下りていった。
続きを読む

流星

692: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/10 07:10
天体観測が趣味の時期があり、都会の灯りをさけて山奥まで出かけていった。
ある流星群の集団観測のときも、険しくはないが人家から離れた山に登って行った。
流星の観測には、カメラのほかに声を録音する方式を採っていた。

その日の観測は当りだった。
みんな興奮して天空を見つめたまま、声にして観測結果を記録していった。
後日、録音を聞いて用紙に記録した人が、「観測は成功だったが、あの日の録音にへんな声が入っていた」といって、
ログを見せながら首をかしげている。
みんなで聞いてみようということになり、再生してみた。
続きを読む

空き家

373: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/12(木) 08:48
皆様始めまして。
これは私が小学生の頃の話です。

家の近所に一軒の空き家がありました。その家は昔旅館を経営していた様子で、山奥の長い一本道を上っていくと突然現れるその家は小学生が誰しもあこがれる”秘密の隠れ家”には
もってこいの場所でした。
私は一部の友人達と共に学校が終わるとそこに集まり、夕飯時になるまでいろんな事をして遊んでいました。

そんなある日、その空き家に”でる”と言う話がどこからともなくわき上がりました。
続きを読む

山

223 :、:03/02/09 05:57
私の祖父が若かった頃の昭和初期の話。
当時祖父は静岡県の清水に住んでいて、ある時山の奥地に
山菜とかを取りにいった。
夢中になっている内に迷い込んでしまい、さんざん歩きまわり
帰り道を探しだした頃には暗くなっていたとか。
続きを読む

首吊り自殺

167: おさかなくわえた名無しさん 2009/10/01(木) 08:23:39 ID:wx5FCt4w
渓流釣りが趣味で、よく山に行くのだが、木に吊らされた人が居たが見て見ぬふりをした。 
服装で男だと分かったけど、通報しても警察到着を待って、事情聴取して、仕事中なのに呼び出されて、下手すりゃ尋問されて・・・。 
と色々面倒になるのが想像出来たので放置した。
続きを読む

山道

517: 本当にあった怖い名無し:2009/07/10(金) 21:30:07 ID:WVJYkZ1d0
A県の山奥に住んでいた、ある一家に起きた話 
もうだいぶ前の話で、当時はまだ薪拾いなんかが普通に行われてたんだな 
その家の主も山に入って色々作業してる人だった 
ある日いつもと同じように山に入ろうと川縁を上ってたら 
道端に大きな白い蛇がいたんだと 
続きを読む

夕日

214:土着信仰:2009/06/22(月) 04:24:58 ID:tBdN5rFB0
俺文才ないし、誤字脱字もありまくるかもしれないが、カバーしてほしい 

えっと、俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入ってない 
何故かというと、その実家がある山奥の集落には
独自の土着信仰があってなかなか仏教が定着しなかったから 
というか、明治まで寺という概念がなかったらしい 
続きを読む
×