パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

屋敷

KAI427010_TP_V

761 :本当にあった怖い名無し:2006/10/19(木) 18:41:33 ID:7bE8wLFH0
俺の地元には秘密の儀式がある。
他の土地の人には秘密なので詳しい話は書けないが、12歳になると必ず受ける。

儀式があって、俺も他の子と一緒に受けた。
地主の古い屋敷(今は誰も住んでいない)が儀式の場所になっていて、
その屋敷の奥にある四畳半くらいの部屋に、5人が詰め込まれる。
外から南京鍵で閉められて、完全な密室状態にされた。
続きを読む

nerusan0614_10_TP_V

236:本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 16:21:59.18 ID:bEXYJXx90
俺の地元には秘密の儀式がある。

他の土地の人には秘密なので詳しい話は書けないが、12歳になると必ず受ける。
儀式があって、俺も他の子と一緒に受けた。

地主の古い屋敷(今は誰も住んでいない)が儀式の場所になっていて、その屋敷の奥にある四畳半くらいの部屋に、5人が詰め込まれる。
外から南京鍵で閉められて、完全な密室状態にされた。
続きを読む

kyukyusyahashiru_TP_V

241: 本当にあった怖い名無し 2006/10/23(月) 02:13:07 ID:LnBOEP81O
昔住んでたマンションの前に大きなお屋敷があった。

ヤクザのかなり偉い人が住んでたらしくてよく黒服の人がたくさん出入りしてた。
消防のとき友達とサッカーしてたら、ボールがその屋敷のほうに行っちゃったんだけどヤクザの人がボールを取ってくれた。しかもその人かなりサッカー巧い。

そんなこんなで、ヤクザの人たちとサッカーとかするようになって結構仲良くなった。

でも小三の夏休みに遊びから家帰ったときに、あの屋敷にパトカーとか救急車がたくさん来てた。喧嘩があったようで、銃が使われたらしい。(←当時はそう思ったけど、本当はもっと複雑らしい。親にきいても教えてくれなかった。)

そのうち中から、撃たれた人が出てきたんだけど、それがあのサッカーボールを取ってくれたやさしいおじさんだった。そのときは血が怖かったのか、すぐ家に帰っちゃった。
続きを読む

家

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/22(月) 05:04:18.85 ID:XD9FtNcW0
まじkoeeeeeeeeeeeeeee 

[後女] 
中1の夏でした。 
私の祖母の一番上の兄、泰造さんが亡くなりました。 
といっても、私は泰造さんとは殆ど面識がなかったのですが 
夏休みということもあり、両親と共にお葬式に出掛ける事になり、 
私はそのとき初めて泰造さんの屋敷を訪れたのでした。 
そこは某県の山奥、大自然に囲まれた、まさしく田舎といった場所で、 
屋敷と呼ぶにふさわしい、古いながらもとても大きな家構えでした。 
続きを読む

旧家

173:
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/06/13(土)02:54:27.14ID:nENdDGBl0.net[1/7]
割と最近の話だけど誰かに言わずにいられないので。

古いモノを、家主のいなくなった家から回収して、業者に売りに出す仕事をしています。

一般の人から依頼があって回収することもあるし、解体業者からお呼びがかかって現場に出向くこともあります。

その日は、知人の親戚の家が誰も住まなくなって十数年放置されているので取り壊すため、取り壊す前に空き家に残っているものを整理してくれないか、という事で現場に向かいました。
続きを読む

65465

510 名前: 本当にあった怖い名無し 2005/06/28(火) 14:46:41 ID:+nuut1WO0
 

自分の地元のA県で戦後まもなくの事 

営林署の職員が休日に山菜取りをしたあと帰ろうと思ったが入り慣れた山のはずなのに何故か迷ってしまった。 
日も西に傾き始め野宿を覚悟したころ見たことも無い大きな屋敷の前に出た。 

続きを読む

a0006_000107

115 :
あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/28 06:03

10年ぐらい前のことだったかな。 

お客さんがカウンターに忘れ物をしたようで 

明日取りに来ると言ったけれど 

たまたま私が行こうとしていた営業先の近くだったので 

届けることになったんです。 

新宿7丁目だったかな? 

地図で見ると近くなんだけれど、実際には道が入組だ 

ごちゃごちゃした住宅街で道に迷ってしまったんです。 

立ち止まって地図で自分の居る位置を確認していると 

茶色い毛のフサフサした柴犬より少し大きな犬が 

足にまとわりついて来たんです。 

犬好きの私はキツネみたいな犬だなと思いながら 

撫ぜ回していると、犬は私に「おて」をすると 

くるりと方向を変えて行ってしまいました。 

行く犬を目で追うと

えっ!? 

犬は武家屋敷みたいな大きく立派な門の前まで行くと 

すっと消えたんです。 

門に抜け穴でもあるのかと門まで行ってみると 

そこは有名な心霊漫画家のお屋敷でした。 

犬が通り抜けられそうな穴どころか隠れられるところもありません。 

消えた場所が場所だけに不思議でした。 

×