パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

小学生

スナフキン

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/04/27 13:32 ID:FwaoC9/F
小学校の時 
朝早く起きて、弟と近所の山にくわがたむし採りにいったねんけど 
山道を歩いてると、突然謎のハーモニカの音色が聞こえてきた。 
続きを読む

ミステリー

161 :>:02/01/28 19:31
小学生(低学年)の頃、私が母と買い物に出かけた時の話。 
私はデパートで迷子になりました。さんざん母に心配をかけたあげく、 
私は発見され、無事に家に帰ることができました。 
続きを読む

幽霊

706: 名無しさん@おーぷん 2014/12/07(日)14:18:44 ID:15w
子供の頃の話だけど、俺は小5ぐらいの時に今で言うとこの厨二病を発症しててな。
心霊特集とか、幽霊大集合!みたいな文字の踊る本を読み漁ったり、霊感を開花させる儀式なんかをくそ大真面目にやったりしてたよ。

ある日の夜、いつものように21時には母ちゃんにベッドに強制収容され親父母ちゃん妹は寝室へ行った。(3人は同じ部屋で俺だけが別の部屋で寝てた。)
だが厨二病な俺は「太陽が眠ったこの時間からが霊達の領域だ!」と、こっそり起きてて懐中電灯で本を呼んだり降霊術をやったりして深夜12時~1時あたりまで起きてたんだ。
「今日も降霊は失敗か…。」とベッドに入りうとうとしていると何か違和感を感じた。
続きを読む

怖い

21: 21:1/6 2009/09/01(火) 11:19:06 ID:AkeBpdxc0
小学生の頃、同じクラスに好きな子がいた。 
美人ってタイプじゃなかったが、笑顔の可愛らしい子だった。
大きな前歯が狭い顎に窮屈そうに納まってて行き場をなくした八重歯も含めて、 
笑うとたまらん可愛かった。 
大好きだったのに、そこは大バカ消防男子、俺は仲間と一緒にその子に 
ちょっかいかけまくり、「牙持ち吸血鬼」などとからかいまくり 
嫌われまくってた・・・orz 
続きを読む

柔道

689: 名無しさん@おーぷん 2016/04/21(木)06:39:37 ID:dXn
この前、うちに遊びに来た子供のクラスメートのA君がひどかった。

新しいクラスで友達になったばかりとのこと。
元気に玄関で靴を飛ばして家に上がる位は、まあいい。
子供部屋に入り暫くすると、ドタンバタンと音がするから、「何だろう」とちょっと耳を澄ませてみると
「俺、柔道やってるんだぜ。技をかけてあげる」と聞こえる、
それに続けて息子の「やめて!」と悲鳴のような声。
驚いて子供部屋に突入すると、無理矢理技を掛けて喜んでいるA君と、泣いている息子の姿があった。
続きを読む

山の川

803 :1/2:04/04/30 20:23 ID:Bc1V7na6
小学4年のころ、近所の女の子5人と山に行きました。 
家は山に囲まれた盆地でしたので、小学校の裏にも、 
ちょっと行けばすぐにでも、山があったのでよく子供だけで行っていたのです。 

その山には川が流れていて、深さは子供の腰くらいで、 
岩も大きなのがごろごろとあって調度いい泳ぎ場がありました。 
続きを読む

笑顔

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/01/26 13:12
「小学1年生」という雑誌のとある頁に、お正月の福笑いがありました。 
のっぺらぼうの輪郭に切り取った顔のパーツを乗せて 
遊ぶというものですが、私はそのパーツをハサミで切り取るのが 
面倒だったので、そばに転がっていた青のボールペンを手に取り、 
目をつぶって顔を描き込む事にしました。 
続きを読む

怖い

721: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/14(土) 23:54:31.32 ID:Tp0KURQc
俺が子供の頃からモヤモヤしてスッキリしない出来事を書かせてくれ 

俺が5~6歳かそれくらいだったと思う、多分小学校には入学してなかった 

友達5~6人して近くの林で遊んでたんだよ 
そしたら近所のおじさんがスコップで穴を掘ってたんだ 
人が入るくらいの大きな穴をね
続きを読む

家

489: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/03/18 19:07
多分、小学校1~2年の頃の話。 
夏休みを利用して千葉の田舎に帰省した時のこと。 
その日は大雨で廊下に面した部屋に祖母と二人で寝ていた。 
夜中。何かの気配を感じて目が覚める。 
その頃は子供だったし、日中さんざん海で遊んだため疲れていたから 
夜中に眠りが浅くて起きるなんてことはなかったんだが何故か目が覚めた。 
続きを読む