パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

家の中

バランスボール
09/07/24
今日見てたTVでバランスボールの記録とかやってて、嫌なこと思い出したのでスッキリするために書く。

一時期ダイエットに効果があるとかでバランスボールエクササイズってのがはやってたが、あれにまつわる個人的に洒落にならなかった話。

アレって使う前に膨らませるのにもそれなりに体力使うのな。専用のポンプとか使えばいいんだろうが、自分は息で膨らまそうとしても自分の貧弱な肺活量で全然膨らまない。
続きを読む

ピエロ
17/12/13
読みづらいと思うが体験を。

1つ目が5歳の時。

祖父母の家(数年前に中古で購入した)のリビングで両親が迎えに来るのを待っていた。

時間はたしか17時くらい。一人で遊んでた。(ばあちゃんは昼寝してた)

そうしたら廊下の方で変な音がして、見たらドアのすりガラス越しに、廊下を走る白い足が見えた。
続きを読む

ベランダ
15/06/07
今まで見てきたものっていうか、そういうのを書いていくよー。

まず初めて霊現象だ!と思った経験が11歳。

犬をベランダで飼ってたんだけど、自分の部屋のベランダだった。

餌あげて、適当に勉強机で落書きしてたら、いきなり犬がキュウンとか鳴いたから、え?と思ってベランダを見た。

ベランダはすりガラスになってて、犬のシルエットが映るんだけど、小屋に入っていく犬の後ろを、赤いスカートの女の子が四つん這いで一緒に小屋に入るのが見えた。
続きを読む

怖い家
11/09/01
幽霊を見た?こと。

予備校から帰ると、一階は真っ暗なのに二階に電気ついてる部屋がある。

母は家族全員帰ってくるまで、リビングの電気は付けて二階で洗濯物畳んだりするので、あれ?と思い階段の辺りから、お母さん!と呼ぶと

「だあれえ」
続きを読む

怖い
15/08/21
特にオチはないんだけど、中学生の頃の話。

その日は両親が仕事で、一人で過ごさなきゃいけなかった。夜中、二階の部屋で寝ようとしていたら一階玄関から

ガチャ、ガチャガチャガチャ!!!!

っておもいっきりドアを開けようとする音が聞こえたの。もちろん鍵もチェーンもしてるから開かないわけ。

そのあとは何もなかったんだけど1週間後くらいかな?また両親が仕事で私一人。同じことが起きました。
続きを読む

田舎
11/08/29
うちに何かいるっぽいんだが…

まぁ聞いてくれ。

うちは農家なんだが、昼は家に誰もいなくなるんだ。で、真昼間なんだがちょっとおかしいことがおこった。

ちょうど、俺はその時昼寝をしていて、親が一人飯のしたくをしているところだったんだ。

兄弟も家をそのとき出ていて、俺と母親だけだったんだ。んで俺は2階で寝てたんだけど、急に階段を踏み外して落ちるようなドタドタって音が聞こえたんだ。
続きを読む

不気味
14/07/03
ああ、前にも書いたけど俺あるよ。

俺が高校の頃の雨降りの夕方、俺は学校から家に帰ってきた。そしたら母がバタバタとしたくしてた。

「あんた何やってたの?叔父さんが亡くなったのよ。早くしなさい」

という。

どこの叔父さんだと思いながら、とりあえず用意しようとしたら電話が鳴った。母は忙しくしてたので、仕方なく俺が電話をとった。

「もしもしっ。俺だ。落ち着いて聞けっ。いいか」
続きを読む

幽霊
11/07/31
最近怖い事ばかり起こるのでとても怖いです。

この前、夜中の1時くらいに起きてトイレに行こうとしたんです。

でもなんか騒がしいなぁ…と思ってリビングへ行ったらテレビがかってについてたんです。一人暮らしなのでつける人も他にいないし凄い怖かったです。

他にも、仕事から帰って部屋に入ろうとしたらパソコンがかってについてたんです。しかも、知らないサイトにアクセスしてて気味が悪かったです…
続きを読む

暗い部屋
09/11/24
先日の話。

うちは父・母・兄・私の4人家族です。

AM6:30~兄は朝課外のため、外出。

AM7:45~父は仕事。その父を駅まで送るために母も外出。

私は学校に8:10くらいに着けばいいやと思い、のんびり準備をしていました。

うちの洗面所は玄関を入ってすぐのところにあるのですが、洗面所の入り口の正面は、兄の部屋になっています。
続きを読む

幽霊
06/04/28
俺が体験した死ぬ程じゃないかもしれないが怖い話。過去ログで家中の扉が開いたってのを見た関連で。

当時中二のときの話。

まぁ、事は俺のじいちゃんの兄貴に当たる人が亡くなったことから始まるのだが。その日の夕方、俺と親父でその人の見舞いに行っていた。

すでに顔に生気はなく、素人の俺が見ても「ああ、厳しいな。」と思うほどだった。親父が「足が寒そうだね。」といって、足をさすってあげてたのを今でも覚えている。

その後家に帰ってから晩飯食って風呂はいって部屋に戻るまでは特に何もなかった。
続きを読む