パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

実話

hand-984170_1920

774: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 20:34:22.80 ID:hif1Ieky0
そんなに怖くはないけど、実話。
俺の友達に、広告撮影に関わるスタッフがいると思ってくれ。
具体的な職種はバレが怖いので書けない。

友達は、とある女性タレント、ト○ン○ル○奈の、
美容整形外科の広告の撮影の仕事現場に居合わせたんだ。
ト○ン○ル○奈が、顔の横でパッと手のひらを広げているシーンを撮影していたんだけど、
カメラマンが首をひねる。
続きを読む

tv-1844964_1920

207: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 09:56:22 ID:gxRkORWS0
うちのテレビの話なんだが。

うちのは外部入力端子に接触があると自動的に電源が入る機能付。
つまりゲーム機とかを繋ぐと電源が勝手に入ってchが変わる。

最近、時々テレビの電源が突然勝手に入る。
PS2を繋いでいてS端子が痛んでいるのでそれが原因だろうと思っていた。
続きを読む

bouryokunonaimachi_TP_V

343 :本当にあった怖い名無し:2005/11/10(木) 19:03:09 ID:GoiACu1lO
16のとき原付の免許を取るため住民表を取りに役所へ行った。

本籍、名前を書いたがそんな人は存在しないと言われ、何度PCで検索
してもヒットしなかった。

親の名前で検索してもらってやっと発見したら
俺の名前が違っていた、慌てて親父に電話したけど親父も名前を変えた
覚えは無いとの事…
続きを読む

AME_3J0A2466_TP_V

19: 本当にあった怖い名無し 2007/09/16(日) 16:18:41 ID:5L2/sGuQ0
小学3年の話。文集に載せる詩を書いていた。

空が好きで、国語は得意ではないが、それなりに好きな空を表現すべく頑張って書いた。
…ところがだ。

書いたものを先生がチェックしていき、自分と斜め後ろの子の詩を読んで変な顔になった。
まったく同じ詩だったのだ。
続きを読む

waraningyou2458_TP_V

117: ノブオ ◆x.v8new4BM 04/01/22 10:32
前にも書いたんですが、俺は建設会社で現場作業員をしています。

ある年の年末に、道路工事の現場で働いている時のことでした。
1日の作業を終えてプレハブの現場事務所へ戻ると、
ミーティングなんかに使う折り畳み式のテーブルの上に新聞紙が拡げてありました。
真ん中が微妙にふくらんでいて、何か置いた上に新聞紙を被せてあるような感じ。
なにコレ?とか思って、何気なく新聞紙の端を持ってめくりました。
続きを読む

SnapCrab_NoName_2020-3-26_2-17-39_No-00

952 :914:04/03/25 00:25
山スレで山の話をしないのも申し訳ないのでお一つ。

九州を走り回っていた頃、
その日はキャンプ場に連泊することにして、近くの山に軽装登山に行きました。
なんとなく順調に上り、あっさり山頂到着。
自転車で胃袋の燃費が悪くなっていた私は、持ってきた食料を全部たいらげ、山頂で昼寝をしてしまいました。
気が付くと夕方になっており、既に薄暗い。
こりゃいかんと下山を開始しました。
しかし、というかやはりというか、しばらく歩いているうちに、目印テープが見えなくなっていることに気が付きました。
登山経験が少なかった私は、ここで焦ってしまい、さらに泥沼にハマるという不始末をしでかしました。
続きを読む

死神

250: 日本昔名無し 2008/03/30(日) 09:05:30
20年くらい前、高校生の時、一人で留守番をしていたら、
インターホンが鳴った。
出てみると、乞食みたいなのが立っていて、
「この家には死神がついている」と言い残して立ち去っていった。
(特に物乞いするとかでもなし)
続きを読む

怖い

476: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 08:18:38.73 ID:ikkfl/w40.net
仕事の話で思い出したけど、
新しく入ってきた社員が自分に横領を持ちかけてきて乗ってしまった
もちろんばれて、警察沙汰にしない+退職金カットという条件付きでそいつ共々責任を取る形で首切られた
続きを読む

テント

972: 底名無し沼さん 2016/11/04(金) 20:17:56.40 ID:60DGM3j4
超常現象ではないのだが、こんな経験をした。
学生時代、中部地方の結構高い山に登っていたとき、
真夜中にテントの外側から声をかけられて目を覚ました。
こうこうとした月夜でテントに人の影がうつっていた。
外に出てみると、中年の男性が。ドキリとしたのは彼が裸の猟銃を持っていた
こと。ケースにも入れずに。「道に迷った。下山する道はどこだ?」という
ことを尋ねてきた。いちおう教えたが、暗いので山道は危険だ、と伝えた。
続きを読む
×