パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

実体験

高所
15/03/02
私が小1だった頃の話。

うちはいわゆるシングルマザーの家庭で、福岡市博多区の公団のマンションに住んでました。

結構広く部屋数も多くて、私は自室を持ってたんだけど、部屋にはベランダがなくて小窓があった。大人の胸ぐらいの高さだったと思う。

バカで夢見がちな私は、その窓から外を眺めたら楽しいだろうなーって思ってた。アニメとかにある、走ってる車から顔をだして周りを見渡すみたいなのに憧れてたし。

もちろん母はそれを見越して鍵を掛けてたし、私はクラスでいちばん背が低かったから、学習机とセットで買った椅子に立って、閉まってる窓から外を覗く程度だった。
続きを読む

酒まんじゅう
11/12/07
高校1年生の時だからもう10年くらい前の話です。

ある土曜日、部活終わって学校から帰ってきた。時間にして夕方6時半。季節は冬で、もう全然薄暗かった。

ドアを閉めると家の中は真っ暗で、台所の電気を点けて洗濯物を放ってカバン持って自分の部屋へ行こうと階段を上がろうとした。

階段横の仏間を通ると、襖が開け放ってある。

いつもとは違う様子につい中をのぞいた俺、真っ暗な部屋の中、机に何かが乗っている。何だろう?と思いながら仏間に入って蛍光灯の紐を引く。
続きを読む

白骨化
09/08/10
兄の友達の話。2年前かな。

わたしと3つ離れてる兄は、当時短大生で、その友達も同じ短大生。2人は親友だった。

2年前の正月、その友達が家に泊まりにきた。わたしも少し話をしたが、その時の印象はたしか「明るい人…それになんか優しそうな人だなあ」とかそんな感じだった気がする。あと、笑顔が素敵だったのを覚えてる。

夜もずっと兄と話をしていて、「うるさいよ、寝れない」と思わず兄にメールを送った記憶がある。それくらいにぎやかな人で、何かを思いつめているような人には見えなかった。
続きを読む

サンタクロースのお面
04/07/24
うちの妹が小6の時に体験した話。およそ10年前。ちなみに自分は4つ離れた兄です。

クリスマス前に、サンタクロースのお面つきのお菓子を買ってきた。

クリスマスの次の日の夜(つまり26日)、風呂から上がって2階の自室に戻ると電気が消えていた。

室内灯もテレビも風呂に向かうときに点けっ放しにしていたはずだという。

テレビも消えており、逆に点けた覚えのないテレビの上に飾られた小さなクリスマスツリーの電飾だけが、赤青黄赤青黄、と室内をいかがわしく照らしていた。
続きを読む

ミクロマン
13/06/29
片付けをしていたら当時の名残が出てきて思い出したので書いてみる。

もう十年以上前の事だが、当時ミクロマンというおもちゃがあった。アニメが終了したのか、トイザラスで投げ売りされていたおもちゃを何となしに1個購入。

それが思いのほかよく出来ており、投げ売り価格も相まって、その後売っている種類全部買ったんだ。

んでメインキャラの5人と、動物ロボにポーズを取らせテレビ台の前にかざっていた。
続きを読む

暗い部屋
10/02/11
俺が小学生だった時の話。

俺の両親は共働きだったため、小学生だった俺は学校が終わると近所に住んでる叔母の家に行き、母親が仕事から帰ってくるまで叔母宅で面倒を見てもらっていた。

叔母の家には高校生と中学生の姉妹がいて、どちらもかなりの美人で有名だった。特に中学生の妹に俺はよく遊んでもらって可愛いがってもらっていた。

ある日、いつものように学校帰りに叔母宅に行ってチャイムを押したら留守らしく誰もいなかった。
続きを読む

暗い部屋
14/03/15
5年ぐらい前の話思い出したから書く。

当時、俺は友人の紹介でカラオケ屋でバイトしてた、それでフリーターってこともあり深夜帯のシフトに入ってた。

深夜の仕事なんてそうじとたまに来る客の相手ぐらいで特にやることなかったんだけど、なぜかアルバイトが3人いたんだよね。

うちのカラオケ屋は四階建てで一人は接客と一階のそうじ、一人は二階のそうじ、一人は四階のそうじを担当してて、なぜか三階は二人でそうじすることになってた。
続きを読む

親子
14/06/24
実家に住んでた頃の話。2年くらい前の、今くらいの時期。

実家の2階に自室があってさ、休日昼寝してた。

一階から父の声で「おーい」。同時に、階段の壁をコンコン、と叩く音。父は私を呼ぶとき、毎度それをするのな。

起されたことにイラ立ちつつ部屋から「何?」っていうも返事なし。

「なんだよ!」って起き上がって、時計見たら午後4時ごろ。夕飯まで寝てるつもりだったんだけど。そんで、一階に降りて居間に通じるドアあけて
続きを読む

シックスセンス
15/06/17
俺が経験した不可解なこと。

震災のあった年、俺は地元から県を二つくらいまたいだ街に出向してた。クソ暑い時だったから8月か9月じゃなかったかと思う。

そんなある日の仕事帰りその街の駅前で声をかけられた。声をかけてきたのは高校の時以来久しぶりな地元の友人。

友人は痩せてはいたけど、間違いなく同じ部活にいたAだったと記憶している。

こんな地元にゆかりもないところで旧友と会えたことにテンションが上がって飲みに誘ったが、俺いま酒飲めないんだ、というAの言葉に一緒に駅前の喫茶店に誘ってコーヒーを飲んだ。
続きを読む

昭和の風景
13/06/02
実体験をひとつ。俺は芸術系の大学に通ってるんだが、そこで体験した話。

夏の初めくらいの時期だったかな?舞台学科の友人と夕飯に行く約束をしていたんだが、友人がまだ授業があるとかで俺は一人自分の学科棟で暇をつぶしてたんだ。

六時過ぎたころ、校内放送が流れた。

「本日六時半より、C棟二階・stadio-cにて舞台学科によります演劇が行われます。入場無料です。」
続きを読む