パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

守護霊

d3e4a2a0-s

799 :本当にあった怖い名無し:2011/07/29(金) 00:13:09.72 ID:AsLijXGX0
昔、おばあちゃんから聞いた話。

おばあちゃんの住んでいた地域は、何度も空襲にあったという。
ある夜、警報が鳴り、近所の皆で防空壕に避難する途中、防空壕の付近に爆撃を受け、皆は覚悟した。
すると、いつのまに混じっていたのか、見たことのない子供が先頭に立っており、空を見上げていた。
小さな町内だから、知らない子供などいるはずがないのだが、見覚えのない男の子だった。
すると、空を見上げていた男の子が、そのままの姿勢でぬーっと体がのびあがり、
皆を包むような姿勢で空を塞いだ。

続きを読む

REDSG2153B014_TP_V

463 :本当にあった怖い名無し :2006/01/08(日) 03:25:57 ID:gjDpz8IhO
幼稚園の頃の記憶だが、今考えてもおかしいのでカキコ。
母親が働きに出ていた家庭だったので幼稚園年長組になってからは、
家も近かったのでよく一人で帰っていた。

多分夏辺りだったけど幼稚園と家の間にあるドラえもんに出てくる様な空き地で、
虫捕まえて遊んでいたら近所であまり近付くなと言われていた「変なおじさん」が来た。
逃げたいと思ったが、子供心に幼稚園で人に会ったら挨拶しましょうという事を習ったばっかりだったので、挨拶しようとした。

続きを読む

508277b4

151 :本当にあった怖い名無し[sage] :2006/05/21(日) 14:46:12 ID:1O2y3xNj0
三ヶ月くらい前の話。
普通(かどうかは知らないけど、俺の中では)くしゃみをするときって、
「へっ、へっ、へっ!くしょーーーん!!」って感じですよね?
んで、三ヶ月くらい前に上記の感じでくしゃみをしそうになった時、
「へっ、へっ、[へっ!]くしょーーーん!!」の[へっ!]のところで
全く知らない人の顔が目の前にあったんですよ。

続きを読む

thassos-935935_960_720

473 :本当にあった怖い名無し[sage] :2006/11/28(火) 18:24:36 ID:S5B3T8DF0
小さい頃(小学校に上がる前くらいだったかな?)爺さんの車で買い物から帰宅した。
家は小さな民宿をやっていたんだが、海沿いの崖の上に立っており、駐車場の少し後ろは崖になっていた。
自分はというと、爺さんに買ってもらった玩具にご満悦で車の中で遊んでいた。

爺さんは、まだ車で出かける用事があったらしく「すぐ戻ってくるから、車で待ってなさい」と言って、エンジンを掛けたまま車から降りた。
自分は(またドライブにいけると)ご満悦で「分った。」と返事をして車で遊んでいた。

続きを読む

YAT20203144M3A6482_TP_V

193 :本当にあった怖い名無し[sage] :2007/08/31(金) 00:58:56 ID:7AL04Iwz0
今思うとホント馬鹿だなって思うんだけど、高校生のころ、死にたくてたまらなかった時期があった。
ある日、意を決して列車に飛び込もうと思った。
踏切の遮断機のそばで電車が通るのを今か今かと待ってた。
でも待てど暮らせど電車は来ない。

仕方なく次の死に場所を求めて街中を歩いていると、電気屋のテレビが見えた。
どうやらさっき電車が来なかったのは車両故障のため手前の駅でストップしてたらしい。

続きを読む

YATcar191231384_TP_V

255 :本当にあった怖い名無し[sage] :2007/02/07(水) 17:44:31 ID:xR2qNHYH0
10年ちかく前、休日に何かの用事でクルマを運転していた時。直前を走っていた大型トラックの荷台から、でかいH鋼(っていうの?)の端材みたいな鉄材が、
スルっと、後続の自分めがけて滑り落ちてきた。
避けようと、反射的にハンドル切ろうとした(たぶん、切ったと思う)のと同時に、
「ああ、これは避けられんな」と、妙に冷静に確信した。

一瞬で諦めたというか。
とにかく死や痛みへの恐怖、はなかったと思う。

続きを読む

HIRO1018032_TP_V4

782 :本当にあった怖い名無し :2008/01/18(金) 15:59:02 ID:PimION4xO
偶然、小学生の時の同級生に会い、そいつは離婚したばかりで落ち込んでいる…とのことで、
度々会って話をするようになった。

そしたら、毎晩のように夢で暗闇の中、少し離れた場所から髪の長い女が私を睨み付けてる…
強い風が睨む女の髪にかかって不気味。

続きを読む

uni20614IMG_0704_TP_V

23:おさかなくわえた名無しさん :2008/06/28(土) 21:47:08 ID:ug9Tiq6a
こんなスレあったのか、ちょっと俺の誰も信じてくれない本当の話。

小さい頃に喋る犬みたいのと暮してた。
見た目は大人の人が馬の真似した様な感じで質感は獣というより粘土で作った様な感じだった。

さらに暮してたというか常に身近に居てたまに姿を現すって感じだった。
でも俺が小学校に上がり次第にその犬もあまり現れなくなった。
週に1回見るか見ないかってくらいに頻度が落ちてしかも目が合っても知らん振りされたり。

続きを読む

susipaku458A1935_TP_V

810 :本当にあった怖い名無し[sage] :2008/06/12(木) 18:03:21 ID:RL6xeWrdO
小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。
それは今でも和室に飾ってあって、とくに怪奇現象を起こしたりはしてない。
祖父の友人は骨董商だった。
その皿も店の品物でかなりの逸品らしいが、売れてもじきに返品される謎の皿だったらしい。
当の骨董商が亡くなったとかで親友である祖父が形見分けとして引き取ったそうだ。
皿がうちに来た当時、幼かった私はその絵皿がえらく気に入っていた。
触ると祖父に怒られるので、祖父の外出中をねらって、皿を床にふせて爪ではじいていた。
そうすると皿から若い男の人の声がした。

続きを読む

4f58141d-s

390 :本当にあった怖い名無し[sage] :2008/08/22(金) 12:47:06 ID:tPGI7ggr0
大学の頃、通学時間の都合で祖父の家から通っていた。
脚の悪い祖父と二人暮らしだったが、問題なく暮らしていた。
 
ある日、帰宅のバスに乗ってて窓から外を見ていると祖父を見かけたので、
無理に降ろしてもらった。家からはだいぶ離れた場所だった。

祖父は俺を見るなり「無事かあ、よかった……」と言って倒れ込んだ。
とりあえず近くのバス停(国道沿いで他に何もない)で座って話を聞いたら、
「小屋で作業(DIYの類)してたら電話かかってきたから出た。

続きを読む
×