パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

子供

マンション
15/12/17
ある日のこと。

仕事が早めに終わっての帰り、マンションなんでエレベーターで自宅階に下りたら一番奥の部屋の前で子供がしゃがんでた。

小学生低学年ぐらいの女の子で、具合悪いのかな?って一瞬思ったんだけど、なんだか嫌な予感がしたんで触れないで自宅に戻った。

親から締め出されてたりしたら面倒だし、それよりあの奥の部屋あんな年の子供いたっけ?って考えてた。しばらくしてうちの母が帰宅して

「廊下に子供が座ってたけどどうしたのかな」

って言うので
続きを読む

マンションのベランダ
09/08/03
10歳の頃マンションの3階に住んでた。

夜中、いつも通り布団に入り気持ちよく寝入ろうとしてると突然母親が肩を力いっぱいつかんで、凄い大声で怒鳴られた。

「〇〇ちゃん!!!〇〇ちゃん!!!なにしてるの!!」

「はぁ?なんだよ?」

せっかく気持ちよく寝そうな所を起こされキレ気味につかまれた手の方を見て唖然とした…まじで何が起きたか分らず、ぽかーんっとした。
続きを読む

すりガラスごし
09/03/15
かみさんの実家で体験した話です。

二歳の子供とかみさんで実家に帰り。夕飯も終え。お義父さんに風呂を勧められたので、子供と一緒に入りました。

いつものとおりに子供の体と頭を洗い、アンパンマンのおもちゃで遊んでいると、外から呼ぶ声がしたので子供を脱衣所に出して自分の体を洗い始めました。

浴室の扉は曇りガラスがはまっていて、二枚の板が真ん中で『く』の字に曲がるタイプ。真ん中の部分を押せば子供でも簡単に開けられます。
続きを読む

駐車場
09/09/09
俺は銀行員。

あるパチンコ屋から融資の依頼があった。(金を貸してくれってコト…)みんな知らないかもしれないが、今銀行はパチンコ業界にはほとんど金は貸さない。(理由はあえて伏せておく)

形式的に俺はそのパチンコ屋に出向き、そこの社長に融資の希望金額とか景気とか聞いた。担保となるパチンコ屋の店の外観をデジカメ撮影しなきゃいけない。(金を貸すとき担保物件の写真は必要となる)

パチンコ屋の店の前に広がる駐車場から俺は何枚か建物に向けシャッターを切った。
続きを読む

お化け屋敷2
04/01/18
私の母が体験した30年くらい前の話。

当時、神奈川県にけっこう大きなキャバレーがありました。

母は新聞の募集欄を見て、アルバイトの面接に行きました。内容は、ホステスさん達の幼い子供さん達を、勤務時間中に面倒をみてあげるというもの。意外にもすんなりと採用されました。

翌日、お店のボーイさんに案内され、山のずーっと上の方にある一軒家にたどり着きました。

建物は古いなりに修繕されてはいたけれど、玄関から一歩足を踏み入れた途端、もうぞぞぞ~っと総毛だち、足が震え、中に入るのもやっとだったそうです。
続きを読む

トランプ、サイコロ
15/05/19
妹の話。

小学校低学年の頃、父に遊んでて良いよと何百円か渡されて、ゲームコーナーで妹と放流された。

二人それぞれ好きなものを遊びに行き、しばらくして手持ちもなくなったので妹と合流しようと姿を探すと、じゃんけんゲームで遊んでいる様子。

…なんだけど、それを囲んでけげんな顔をしている子供や、その保護者っぽい大人達がいる。妹が何かやらかしたか!?と思い、あわてて近づいて行くと、なぜみんながそんな顔してるかが分かった。
続きを読む

カラオケボックス

昔、5階建てのカラオケボックスでバイトしてた時の話。

3階の部屋が客で埋まったら4階に、4階が埋まったら5階にって感じで部屋を回すのがお決まりだった。

一つでも部屋を使うと、最後に閉めって言ってそのフロアを全部そうじしなきゃいけないもんだから、3階が埋まってても5分ぐらいで部屋が空きそうなら

「今満室なんですよー5分程…」

って感じで客を待たせて4階を使わないようにする努力してた。さすがに待ちが二組以上だったら4階開放してたけどね。
続きを読む

影

小さい頃の話なのでかなりあやふやで、今にも忘れそうなので書き溜めてもいないが投稿。

多分小学に上がる前くらいの話。近所には一緒に遊ぶような友達もいなかったのだが、Yというお姉さんともう一人イニシャルも覚えていないがお兄さんがいた。

Yさんの事はなんとなく顔も覚えているのだが、お兄さんのことはついさっきまで忘れていた。
続きを読む

メアリーベル

1968年、イングランドのニューカッスルの空き家の2階で一人の幼児の死体が発見された。

死んでいたのはマーティン・ブラウン(4)だった。かたわらには劇薬入りの小ビンが転がっており、警察は遊んでいる最中にマーティンが誤って毒薬を飲んだという結論を出した。

怖いもの知らずの子供が起こした不運な事故の一つと認定されたのだ。少なくともその時までは。

しかし、事故の二日後、マーティンが通っていた保育所があらされ、紙切れが残っていた。その紙切れは子供の字でこう書かれていた。

「わたしがころした。だからまたやってくる」

同日、近郊の学校の校内新聞に事件を扱った作文が投稿された。作文自体は「死んだ男の子が可哀想です」という他愛もないものだったが、奇妙なのは作文に添付されたイラストであった。

実際のイラスト 
イラスト
 
続きを読む

団地

62:
本当にあった怖い名無し :2011/05/21(土)06:42:48.60ID:gBdPZrlt0
子供のころ、埼玉近くの団地に住んでいたんだが、どういうわけか、よく迷子が入り込んで保護されていた。

うちの父も幼稚園くらいの女の子を保護したことがある。ある棟の2階部屋の前でシクシク泣いてたんだそうな。
その子が言うには、

「ピンポン押しても入れてくれないの…」

親父はゾッとしながらも、その子をさとして警察に連れていった。だってその部屋、誰も住んでなかったから。
続きを読む