パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

妖怪

炎

521:黒い炎 1/3:16/01/04(月)22:06:38 ID:Arq
小さい頃、今では大分マシにはなったものの、自分は喘息を患っていて夜中に病院に連れて行かれる事も多かった。
よく発作を起こすもんで、行きつけの小児科でガラス製の吸引器で吸引させられてた。
ある日、その日は発作は出てはいないものの、日課となった吸引のために病院に行っていたんだが、
その時は病院が混んでいたみたいで、T字路状の廊下の突き当たりに置いてある長椅子に母親と一緒に座って待っていた。
続きを読む

日本家屋

223: 本当にあった怖い名無し 2012/05/19(土) 18:28:14.29 ID:ufhVfVIW0
子どもの頃住んでた家は古い日本家屋で、
縁側は側庭に面していて、その向こう(縁側から4mくらい)は薮(やぶ)だった。
自分が小学1年のある日、
母が側庭で何か作業をしていて、縁側に5歳の弟が座り、
自分はその二人と薮が見える位置で遊んでいた。
続きを読む

川

53: 本当にあった怖い名無し 2019/01/17(木) 15:33:11.99 ID:PRL8QByX0
こんにちは
暇なのでよろしければお話を聞いてください
大きなお魚の話です

僕は幽霊は信じてません。自称、幽霊を見える人も周囲にはいますが、人を騙しているようにしか思えないのです。勿論、全員がそうだとは思いません。しかし、祖母はその被害者の一人でした。
続きを読む

ひとり暮らし

82: 本当にあった怖い名無し 2019/01/20(日) 04:19:19.83 ID:Ec6zTUB20
妖怪よりも霊に近いものを見たことがあります。
妖怪と霊の違いは良くは分からないです。
僕は、人の形をしているかどうかだと思っていますが、実際はどうなんしょうか?

大学生になり、一人暮らしを始めた時です。
父親が大学生なら一人暮らしをするもんだと言い、実家から大学まで通えるところを、半ば強引に、一人暮らしをする事に決まった感じでした。
続きを読む

ナスビ

12 :本当にあった怖い名無し:2012/03/16(金) 08:09:26.87 ID:PTbVn8Kb0
スーパーで、とても大きな紫色の頭部をもった人と目が合った。
2頭身くらい。おれは5さいくらい。ジロリとにらまれた気がした。
続きを読む

一反木綿

173:名無しさん:14/04/18(金)21:32:02 ID:vLh74YUtK
怖くはないが、先週地味に不思議なものを見たので。

場所は宇都宮の郊外で、時間は朝の9時くらい。
外で作業してる時に、目測で縦150×横50くらいの黒い布状の物体が空に昇っていくのを見た。
距離は約300m、高度は約20メートルから最終的には60メートルくらいに上昇しながら北西に流れた。
続きを読む

山

185:名無しさん:14/04/22(火)22:59:17 ID:ebJBWIQ5Y
初めて書くんだが爺ちゃんから聞いた話で10年前の事だから多少うろ覚えだが勘弁してください。

T県の山に猟師をしてた爺ちゃんは入っていった。
若い頃としか聞いてないので今60なので40年前ほどになるか。
普段は兎や猪を仕留めてたりしてたのかな、その日は一匹も獲物に遭遇しなかったそうな。
続きを読む

夜

549 :本当にあった怖い名無し:2012/04/03(火) 23:46:53.07 ID:QqjzzHO+0
スレ違いでしたら誘導頼みます

一年くらい前、学校で色々あって帰りが十時近くなった
学校から駅までは暗い人気のない路地を突っ切って行かなきゃならない
で、学校出て一人でその路地を突っ切ってたんだけど、
後ろからコッ、コッ、コッ、てかんじの、
ヒールとはまた違うけど何やら底が堅い感じの靴音が聞こえた
あー、一人で帰らずに済んで良かったーとかそのとき思った
続きを読む

田舎

324: 本当にあった怖い名無し:2011/06/20(月) 13:53:18.10 ID:AZMA800/0
俺の実家の小さな村では,女が死んだとき,お葬式の晩は村の男を10人集め,
酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある.
ろうそくには決まった形があり,仏像を崩した?ような
形をその年の番に抜擢された男のうち最も若い者が彫る.

また,家の水場や窓には様々な魔除けの品を飾り,それらが外れないよう見張る.
また,番人以外はその夜,たとえ家人であっても家の中に入ってはいけない.
他にもいくつか細かい決まりがあるのだが,
これらは,キャッシャと呼ばれる魔物から遺体を守るために代々受け継がれている風習だった.
続きを読む