パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

妖怪

一反木綿2

648: 本当にあった怖い名無し:2012/03/05(月) 11:44:53.69 ID:L8w8d1R00
長文になるが投下。 

一反木綿っぽいやつ俺も見たことある。 
4、5年前の5月はじめにGWで帰省してた時なんだが、昼の3時頃1階のリビングでマターリしてたら 
隣の畑の地面スレスレを布のようなものが飛んで行くのが窓から見えたのな。 
大きさはTシャツ程度だった。だから最初は近所の洗濯物が風で飛ばされているのかとオモタ。 
で、面白いのがその色なんだが、なぜか派手なピンク色!(だから気づいた) 
続きを読む

くもり空

31: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/23(金) 18:24:27.56 ID:QfobEg670.net
一昨日の、鎌鼬(かまいたち)に遭遇したっぽい不可解体験。 
風の強い日だと思ってたが、気にせず外を歩いていたら、左足のかかとのあたりが靴に当たるとなんか痛くなってきた。 

靴擦れかー、そんなのできるの何年ぶりだろう?はき慣れた靴と靴下なのにおかしいなーとか思ったけどそれで説明つくしスルー。 
家に帰ってきてから痛かった場所を見ると、靴下にべったり血がついてて固まり、かかとにはどう見ても靴擦れには見えない、縦に鋭い刃物で切ったような傷があった。 
続きを読む

怖い話

714:本当にあった怖い名無し:2006/05/18(木) 01:43:33 ID:BoHlbm2yO
ここを読んでて、ふっと思い出したんだけど(せっかく明日休みなので書くことにします) 
うちの家は二階建てで一階に祖母の部屋、台所、キッチン、座敷、風呂で 
二階には、居間、両親の部屋、子供部屋になっている 
小さい頃は一人で寝るのが怖くて祖母の部屋でよく寝ていたんですが 
多分、五歳くらいの頃 祖母の部屋で寝ていて 夜中に目が覚めたんですよ 
祖母の部屋は畳だから布団を敷いていて枕元に、いつも小さな明かりをつけていました 
頭のほうに目をやってみると 誰か居たので 体を起こして見てみたら 
続きを読む

一反木綿

607: 本当にあった怖い名無し 2010/09/06(月) 01:22:05 ID:5B6xd3MS0
俺も一つ投稿してみるか。 
こういうスレやサイトに投稿できる体験談なんてほとんどない俺だが、幼稚園児ぐらいの時は妙な物をよく目撃したりしてた。 
これはその幼稚園児ぐらいの時の事なんだが、確か幼稚園から家に帰る時の事かな。くわしくは覚えてないが。時間帯は昼で快晴だった。 

その時、母親と一緒にいつも通る道を歩いてた。左に母、右が俺、という位置でね。 
そこはまっすぐな道がずっと先まで続いてて、ずっと向こうに他人の家があって、そこが行き止まりになってる、という場所だった。 
続きを読む

怖い部屋

14/08/05
小さい頃に見た奇妙なモノについて、書きたいし意見を聞きたいのですが 
なにぶん、かなり年月が経過していますので曖昧なのはご勘弁を。 
また、その後に観たジブリ作品や妖怪の登場するアニメ等からの影響で 
脳内変換・細部補正が行われている可能性も充分、考えられます。 

さて、幼少の頃、我が家は自営業だった為、忙しい時期になると 
オレは祖母(当時の気分で書くので、以下 婆ちゃん)の家に預けられる事が 
多かった。  
ド田舎ではないけど、のどかな場所にある一昔前の日本家屋。 
それなりに年季が入っているので、全体的にあまり綺麗ではなかったけど一部屋だけ 
いつも小奇麗にしてある部屋があった。 
普段は使わないようにしている部屋なのだが、整理整頓されていて気持ちのいい部屋だった。 
続きを読む

森林、暗い山

250:09/04/26
微妙にスレチかもしれないけど。 

うちの妹が時間戻したり、妖怪を見たりできてたそうだ。 
妖怪は妹が幼稚園くらいかな?家族でバーベキューしに山へ行った時 
山と山の間に山と同じくらいの大きさの深緑色のやつが、 
でかい目2つをギョロギョロさせていたらしい。 
妹と目が合ったら「お前見えてるのか?」と言うような感じ?だったみたい。 
時間は小学生くらいの時にクラスで何かを決めるジャンケンをした時、妹は全敗で悔しい!嫌だ! 
と思った瞬間、瞬きをしたらジャンケンをする前に戻っていたそうだ。 
誰が何を出すかもう解っていたので、妹は全勝したらしい。 
続きを読む

夏目友人帳

23:09/01/31(土) 20:07:03 ID:q6i6Pr+j0
信じてもらえないと思うのですが、書いてみます。 
2chは普段あまり使った事がなくて、オカルト板も最近存在を知った者です。 
子供の頃からなのですが、幽霊とか死者の類ではなく、多分妖怪と言った方が 
ニュアンス的に近いものをよく見ます。 

よく見るというか、私にとっては世界は人間とそのなんと呼べばいいのか 
判らない生き物の二つが存在していて、それが日常になっています。 
子供の頃、心配した親に病院に何度も連れて行かれました。 
(多分、本当に小さい時は頭がおかしい子と思われていたと思います) 
病院に通っても効果がない事を知った親は、どこから調べてきたのか判りませんが 
霊能力者?の様な人の所に私を見せて「狐に取り付かれてます」とか言われ 
電車で何時間もかけて、稲荷神社に祈祷に連れて行かれたりと散々な思いをし、 
見えてる事を人に言ったり、誰かが見てる所で彼らと関わっているのを見られると 
こうなると学んで、小学校の高学年の時には一切喋るのをやめました。 

続きます。 
続きを読む

生物

10/04/13

しょぼいけど子供の頃の話し。 


親父が山菜好きで、よく実家の裏山にワラビやゼンマイを取りに行っていた。 

その時はたまたま親父に来客があって、一緒に取りに行く予定がキャンセルになった。 

でもきっと食べたいだろうと思って、一人でいつもの裏山に行った。 

渓流みたいな細い流れに沿って登っていく山道で、ゼンマイはそこらにある。 

ワラビはその先の明るく開けた崖のあたりにあった。ワラビの生えている場所について 

なるべく太くて美味しそうなのを選んで摘み取っていた。 

続きを読む

宇宙人-不気味な謎の生物

572名前:
あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/25 01:05
4年前の3月の出来事です。

僕は車を使った外回りの仕事をしています。
外回りの仕事をしている人は、お気に入りの昼寝ポイントという場所があると思います。
僕のポイントはかなり大きめの公園で、四方を道路が囲んでいます。

南側以外の道路は公園の周りを意味無くまわっているだけで、運送関係の人や僕のような人間の絶好の昼寝ポイントとなっていました。昼間は常に昼寝をする人たちの車で溢れている場所でした。

その日は19時くらいで会社に戻る途中のことでした。会社に戻る前に少し寝てから戻ろうと思い、いつものお昼寝ポイントに車を止めました。日中あれだけ車で溢れているこの場所も、夜になると僕以外に止まっている車はありません。

2時間くらい寝てから会社に戻ろうと思い、携帯電話のアラームを21時にセットして僕は仮眠をとることにしました。
続きを読む