パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

妖怪

森
12/09/20
そういえば祖父に聞いた話なんだが、うちの地元は結構山にまつわる異聞(いぶん)やら実体験とかがあった気がする…



414:2012/09/20(木)23:58:11.65ID:7Ixpyx9Z0
さあ、さっそく明日にでもじいさんに詳しく聞いて来るんだw



415:2012/09/21(金)00:03:17.48ID:xQNdKMTR0
>>414
祖父はもう他界しちゃってるんだけど、昔からある家でそういう言い伝えとかを書いた書物が蔵にあったりしたはずだし、祖父が書き記した資料とかもあるからちょっとあさってきてみようかな。

ちょうど明日から休暇もらって実家に行くので調べてきてみます!
続きを読む

百鬼夜行
06/08/10
多少、文章がおかしいかもしれないけど、思い出しながら書くんで許してくれ。三年ほど前の実話。

うちの父方の実家は田舎の旧家なんだけど、特に怪しいものはなかったわけ。いや、都会にはないような神棚とかはあるけど、別に珍しくもなんともない物だしね。

俺も幼少の頃からよく行っていて、普段は触れられない自然に大はしゃぎしてた。

都会にはクマゼミ?が多いんだけど(ていうかこれしかいねーw)田舎ではレアで、現地の子供とかに「めずらしくもねーよ」なんて講釈たれてた記憶がある。
続きを読む

屋根
10/02/25
自分でもおかしいと思うんだが、あぁ、ここの家の人明日死ぬなぁ、っていうのがわかる。

ただしご近所さんに限るが。人単体じゃまったくわからないんだけど、その人の家を見ればわかる。

なんでわかるかっていうと、くねくねの黒バージョンみたいのが跳びはねたりうねうねしたり、明らかに人間じゃない動きをする、そんな奴が翌日死ぬ人の家の屋根で現れるからなんだ。

最初みたときは何なのかわからなかったが、人じゃない事だけはわかった。
続きを読む

山道
14/12/03
千葉の山道で変な車を見た。

外房の釣船に乗ろうと思って、朝6時の出船に間に合うように夜中1時くらいに家を出たから、たぶん3時くらいだったと思う。

暗い山道をナビにしたがって走ってたら、不意に前方が明るくなった。ライトの明るさじゃない、オレンジのような赤のような、火の明るさだった。

数秒後に対向車とすれ違った。
その対向車が炎に包まれてた。
続きを読む

一反木綿
12/04/26
小学生のころに体験した不思議な話。

友達と一緒に下校していたとき、空がすごく青くてキレイだったから、ぼーっと空を見上げてたんだ。

そしたら、なんか白くて長細くて、ふよふよした布のような物体が空を泳いでいた。

風に吹かれて飛んでる、というものではなくて本当に空を泳ぐように、体(?)をくねらせながら前へ前へ進んで行くという感じで。

びっくりしてボー然としていたら、それが見えたのは自分だけではなかったらしく、気が付いた下校中の児童たちは全員大騒ぎになった。
続きを読む

カッパ
12/07/03
私の祖父は泳ぎがうまい。よく一緒に山の川で遊んだ。

いつものように対岸まで泳いで、元の岸へ戻ろうとした時のこと。上流から何か泥のかたまりのようなものが流れてきた。

それはあっという間に祖父を取り囲むと、泳いでいた祖父の頭が「とぷん」と消えた。私がハラハラしていると、すぐに祖父が顔を出したのでホッとした。

岸に上がると祖父はやけに疲れた顔をし、口数も少なかった。祖父の横腹には手のあとのようなアザができていた。
続きを読む

川
12/07/18
私が小学校6年生、弟が3年生の頃。

一緒に登下校をしてたのですが、家まであと500mといったとこで不思議なモノを見ました。

車がほとんど通らない道の右側を見ると、背の低い木が生い茂ってる林があります。その林に川とは言えないくらいの小さな水の流れがあるんですが、そこを何気なく見ながら歩いてました。

その川のような所の上流へ目を向けると、いっかくだけ円形に木がない場所があるのですが、そこに変な物体がいました。

全身緑色、人型で川に向かって何かしてます。第一印象は「カッパ」
続きを読む

妖怪おとろし

13/04/06
中学生の頃、家が近いのでいつも学校から一緒に帰る友達がいた。ちなみに自分は女、友達はユキ(仮)といって、幼なじみの女の子。

中学から家までは、大体歩いて三十分ぐらいの距離だった。帰るには色んなコースがあって、今日はこっちから帰ろうとかあっちから帰ろうとか、バリエーションを楽しむのが日課だった。

私とユキは部活も一緒で、その日も部活終わりに二人で帰路についていた。季節は秋で、まだ夕方と呼べる時刻だったはずだけど、辺りは暗くなり始めてた。

日が沈んだ直後の、空気が青い時間帯って言ったら分かるかな。いわゆる逢魔が刻(おうまがとき)ってやつ。
続きを読む

本棚

仕事からの帰り際、TSUTAYAでCD眺めてたら後ろ斜め当たりの邦楽コーナーの隅から顔出したガキが

「何してんの?何見てんの?」繰り返してた。

「なんだこのガキ?」と思って無視し続けてたんだが、ずっと「何してんの?何してんの?」と壊れたラジオみたいに繰り返す。

ウゼーって思って、別のかなり離れたDVDコーナーに回っていったんだが、しばらくするとまた後ろの方から「何見てんの?何してんの?」って声が。

うわーマジでうぜぇガキだコイツ、と振り返ったら、俺の身長より高いコーナーのてっぺんから頭出してた。うお!って内心ビビって、とりあえず場所移動。
続きを読む

池

95名前:
名称未設定[sage] 投稿日:2006/04/21(金)23:14:56ID:+sh5Dhy30
20年以上前、小学校低学年の頃の体験談。

両親の田舎が瀬戸内海にある島なんだけど、毎年夏休みになると帰省してた。東京育ちの自分には、綺麗な海やら山やらで遊ぶのがものすごく楽しかった。

一番楽しみだったのは、東京ではデパートくらいでしかお目にかかれないカブトムシやらクワガタやらを、近くの山でザクザク捕まえられる事。

その山には結構大きめの池があって、子供だけで行く事を禁止されてたんだけど貴重なお盆休みの、しかも早朝から虫取りなんかに付き合ってくれるような大人がいなかったんで、その日も朝4時前から一つ年上のイトコ(従兄弟)と一緒に山に突撃。
続きを読む