パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

夢

09/12/14
母方の人間が皆見る夢があります。

何時代だか判然とはしないのだが、貴族が着るような服(戦国無双の今川が着ているような服)を身にまとった男女が小さい橋の上で抱き合い泣いている夢。

悲痛な嗚咽を漏らしていて、抱き合ってるだけ。母の弟三人がこの夢を見ています。

近所に住む叔父が酒の席で漏らしたんだが、その女性が枕元に立っていたそうです。

それは叔父がまだ元気で、働き盛りの二十代前半の話。

夏が終わりかけている時期、暑いのか涼しいのか中途半端な時期の夜にその女は現れたらしいです。
続きを読む

2ちゃんねる

12/06/13

755名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2009/12/28(月)23:53:55ID:V10PJTs40
自分は37で死ぬと最近、夢で宣告された。なんか夢の中の自分も死ぬことを冷静に受け止めた感じだった。

二年前にも

「あなたはもう余命が少ない、大地震(神奈川住みです)で死ぬ」

と言われた夢をみたが、不思議と怖くなくて「ああそうなんだ」と思った。
するとあと1年か。
続きを読む

魂

17/08/13
つい二日前のことなんだけど。

最近幽体離脱の練習をしていて、久々に金縛り的な感覚になったから、えいやっと抜けようとした。

練習したことある人は分かるだろうけど、ここからが難しい。

意識しすぎると金縛り解けちゃうから、なるべく意識が覚醒しないように落ち着いてやる。

手先から抜けるのをイメージしてぐぐっと身体をおこす…と、いつものようにやってみたらすぽっと抜けたので、やった!成功した!と思った。
続きを読む

ブログ

17/08/25
半年程前に実際に体験した俺の話なんだが。

普段は寝付きが悪く布団に入っても中々寝れないんだけど、その日は仕事で疲れて横になるとすぐに眠りについていた。すると変な夢をみた。

俺が大腸癌を患っていて、ある病院に治療の為入院していたんだが、そこの主治医の男性の顔がやけにはっきりしていて名字も下の名前もはっきりでていた。

夢はとても長く感じ、手術から抗がん剤治療やら苦しい体験までやけにリアルだった。

そして治療途中で目が覚めたんだが、ふと気になってその夢の中の主治医の名前を検索すると実際にいる医者であることが判明し、驚くことに顔も夢にでてきた男性と同じ(ように感じた)だった。
続きを読む

注連縄

18/03/16
小学生の頃、聞いた話なんだが、記憶がうろ覚えですまん。

昔、両親の友人が大きい白蛇を見つけ、飼育してた鶏を飲み込もうとしていたところ、鶏を助けるため白蛇を殺した。

その夜、殺した白蛇が夢に出て来て、

「お前をいたぶって(?)殺す」

と言われたそう。

その友人は、病気不明の下半身が動かない症状が出て、その後苦しみながら亡くなった。と、両親から聞いた。
続きを読む

首吊り

12/05/18
私のお茶の先生が体験した話。

首吊り縄がするするーっと降りてくる夢をみて目が覚めた。ずいぶん気味の悪い夢で、嫌なことが起こらないといいけれど、と思った。

その日のお昼過ぎ自分の部屋でうつらうつらしていたら何だか騒がしい。息子夫婦が真っ青な顔をして出かけるしたくをしている。

先生「どうしたの?」

嫁「いえ、ちょっと。実は弟が急に倒れて。」

息子「とにかく今から二人で〇〇町(嫁の実家のある町)にいくから」

夜になって息子から電話がかかってきた。Aさん(嫁の弟)が心臓麻痺で亡くなったという報告だった。
続きを読む

悪夢
15/05/12
2,3年ほど前の話。

ある夜いつもどおり寝てたら、変な夢を見て目が覚めた。

変な夢と言うのは、友達Aの母親が鏡の中から俺に助けを求めてバンバン鏡の内側からこちらを叩いてる夢。

目を覚ますと耳鳴りがしていた。

耳鳴りする事はたびたびあったのだが、その時の耳鳴りは「キーン」と言うよくあるカン高い耳鳴りではなく、聞いたこともない低音と言えるようなヒューーンと言う、体感した事のない耳鳴りだった。

聞いた事のない耳鳴りに恐怖し、目を開けないように心掛けた。
続きを読む

狂気
15/05/10
これはウチの祖母の体験で、かれこれ20年近く前の話。

近所の婆さん・Hさんが病気で(ってもほとんど老衰だけど)入院し、うちの祖母は「来てくれ」と婆ちゃんがせがんでいるからHさんの家族に言われて、見舞いに行った。

しかし、祖母が病院に着いた頃には急変しており、婆さんはスパゲティ状態。いつ逝ってもおかしくなく、意識レベルも3桁(意識不明)に突入していたと思われる。

そんな状態だからか、見舞いに行った祖母は追い返されず、最期の別れをしていってくれと言われた。

それでは……、と祖母が病室に入ると、とたん、今まで閉じられてたHさんの目がくわッと開き、祖母に視線を向け、管だらけの手で一回手招きして息絶えたそうだ。

祖母はゾッとして、あいさつもソコソコに逃げるように帰って来て、
続きを読む

扉
553:ネタじゃないよ:03/03/08
むかーし私が小学校2~3年の頃、何度も何度も同じ夢を見ていました。

それは、母の実家に母と二人で帰っていて、母、祖母、私の3人で、家(築100年)の2階の廊下の突き当たりの扉を開けて、棒の様な細く真っ暗な廊下を通って、突き当たりの扉を開けるというものでした。

その扉を開けると、凄く穏やかで、明るい日差しが差し込んだ古い部屋があって、異様に大きく古く、足でこぐミシンらしきものが置いてありました。
続きを読む

古本屋
07/03/02
俺は小学生の時(から高校までずっと)、遠くの私立の学校に電車で通ってたので、地元に友達って一人もいなかったのよ。

んで、両親は共働きだったんで、毎日親が帰ってくるまで俺は家で一人で遊んでたんだ。

つっても一人で遊べるようなおもちゃなんてほとんど持ってなかったし、何してたかっつうと、ずうっとマンガ読んでたのね。

うちの親はファミコン禁止にしてたくらいで、マンガもほとんど買ってはくれなかった。
続きを読む