パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

墓地

骸

11/11/22
今年の夏に体験した事なんだが自分的に非常に恐怖を覚えた体験。 
他の人には怖くないかも知れない それは本当にすまんと言っておく。 

8月に入って間もない頃だった。 
夜暑くて寝苦しくてなかなか寝付けずにいた。 
でも目を閉じていれば寝ちゃうんだな。 

ふと気がつくと夢を見ていた。見たことのある風景だった。 
家から車で5分程度のところに霊園がある 昔からある霊園だ。 

その霊園の近くに銀行やスーパーなどがあり地元のお祭りが 
開かれるから小さい頃からよく行っててそこの周辺の地理は覚えてた。 
霊園もそばも通ったことがある うっそうと木々が立ち並ぶ林の中にあってだな 
墓には苔とかついてて古いんだ。  
続きを読む

屠殺場

223:11/08/30
295名前:名も無き被検体774号+[]投稿日:2011/07/24(日)10:00:13.75ID:TaG/CCjO0
父方の親戚の墓地の隣に屠殺場があるんだが、
供えられてる線香のせいか臭いには気づかなかったな
そのかわり音っつーか声がやばかった。

「ぎゃああああああ!!! ぎゃああああああああああぁぁぁぁぁ!!!!」っていう
叫び声が聞こえてきて、結構長い間続くんだけどしばらくしたらピタっと止むのな。
人の叫び声に似ていた。プチトラウマ
続きを読む

海

17/06/09
一昨年のお盆。

盆休み利用して某海岸に釣り行った。14日の夕方に着いてそのまま夜釣りに突入。

AM2:00まわった頃だと思うんだがウトウトしてて、そこでガヤガヤ話し声で急に目が覚めたら、目の前をたくさんの人が宙を浮きながら平行移動してた。

先頭は能の翁の面みたいのをかぶった人で、あわわと固まってその様子を見てたら左手後ろ側の木がたくさん生えてる森か林みたいな場所に入って行った。
続きを読む

ストリートビュー
15/05/09
数年前の九月の事でした。

当時、大学のゼミ合宿でとある県のある山荘に泊っていたのです。合宿と言っても、ゼミの人数は片手で数えるほどしかいなく、非常に寂しいものでした。

山荘の周りには結構廃墟とかもあって、夕食後にこっそり行ってみないかと高校時代からの付き合いのある友人に誘われましたが、私は合宿中毎晩激しい睡魔に襲われ、日付の変わらないうちに寝てしまっていました。
続きを読む

炎
15/10/10
初ですが小学校の時のほんのり怖い話を。タイトル付けて

[焼身自殺]

これは小学校での事。

うちの小学校は下校庭と、3mほど高い上校庭と、そこからまた1mほど高い上々校庭(って呼んでた)、があったんだけど、ある日、先生が笑いながらこんな話をしてくれた。

「学校ってのは結構、古い墓地とかそういう所を埋めたてて作ってるところが多くてな。うちも墓地跡なんだよ。
続きを読む

飲み屋
12/04/11
母の友人のおばさんの若い時の話です。

青山墓地の近くに3つのビルがあり、真ん中のビルの飲み屋によく行っていた。その飲み屋は3階に飲み屋、4階に飲み屋の支店がある構造。

ある日友人の誕生日会が飲み屋であり、少し遅れてしまったおばさん。青山墓地の電話ボックスで飲み屋に電話をかけると

「もう始めてるよ!早くおいでー、墓地突っ切ると早いからさ、待ってるよ!」

ガヤガヤとうるさく、かなり良いあんばいになってる友人たち。
続きを読む

猫
12/06/07
全く怖くはなかったけれど不思議な体験。

大学生の時、留学でイギリスに行った。

留学先には自分の研究してた人物のお墓があったから、お墓参りに行くことにしたんだ。研究してるってだけでなく、その人のことを凄く尊敬もしてたから。

事前にネットで見てどんなお墓なのかは知っていたし、墓地の場所も現地の先生に聞いて分かっていたから行けばなんとかなるだろう、と授業がない休日に一人で行った。

そんなことに付いてきてくれる様な奇特な友人いなかったしね。
続きを読む

お寺
15/06/11
私が町おこしのボランティアに参加した時のことです。

地元の人たちが参加する小規模な祭のようなイベントのお手伝いとして、友達と2人で参加しました。開催場所は地元のお寺で行われました。

私たちは、下っ端だったので雑用を任せられていました。

イベントも終わりに近づいてきたので2人で後かたづけをしていると、運営の方からトイレットペーパーの交換を頼まれました。

そこのお寺にはトイレが一つしかなく、さらにトイレの中の小部屋の数は2つで、1つは水が詰まっていて使用できなかったのでトイレはとても混んでいたと思います。
続きを読む

垣根
09/03/27
通学路から少し離れたところに大きな墓地がありました。都内でもかなり有名な墓地です。

正しい通学路を通らずとも、墓地を通って帰ることも出来たので、大概帰るときはそちらから帰っていました。なんというか通学路の大通りに比べて墓地のほうが緑も多いし、人通りも少なく快適だったからです。

むしろ、墓地と言っても、冬の帰り道でも街灯がしっかりと設置されているのでさほど暗くもなく、あまり怖さはありません。

書こうとしている事の発端は中学1年生の春でした。実を言うと、入学したてで不良の先輩達の集団が怖くて墓地を抜けて帰ろうとしたのがきっかけでした。
続きを読む

夕焼け
15/06/02
小2から小4まで、週に二回、放課後に姉と小学校の近くの算盤(そろばん)塾に通ってたんだけど、その塾の隣?に家一軒分程度の小さい墓地があったんです。

塾の授業が終わった私と姉は、その墓地のステンレスの手すりで滑ったりして遊んでたんですが、ある日その手すりの所から西の空を見ると、電線の上に火の玉じゃなくて火の棒が浮かんでました。

電線の下は栗の木や、柿の木を植えてある小さい畑で、私は畑で燃やしてるゴミでも飛んで電線の上にくっ付いたんじゃないかと思いましたが、畑には誰もいないし、当然たき火なんかもしてない。
続きを読む
×