パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

因果応報

蛙の置物

365: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/20(土) 17:16:56.36 ID:Xnx8XNHvP
幽霊とかそういう類じゃないけど 
親に聞いた話、ガキの頃、夜中に親が居間でテレビ見てたら 
先に寝た俺が廊下に置いてた蛙の置物を持って入ってきて 
その周りをグルグル回り始めたそうな 

親が話かけてもグルグル回り続けるもんで 
慌てて父親が洗面所まで担いでいって顔に水をビシャビシャぶっ掛けた 
俺はそこで気がついた 
続きを読む

怖い

08/08/23
やはり大きな幸運に見舞われた後は、不幸が次々と押し寄せるんだろうか・・・ 

よく「幸運は1人で、不幸は友達を連れてやって来る」とか言うよね 



534:08/08/23(土) 01:28:04 ID:GlX7Iv3O0
これなんか典型。 

宝くじで1000万ドルを獲得した男、飲酒運転で3人を死亡させる 
懲役17年以上の刑を宣告…米国・カリフォルニア州 
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1219028049/ 
宝くじで1000万ドル(約11億円)の賞金を獲得した男が15日、 
飲酒運転による交通事故で3人を死亡させた罪により、懲役17年以上の刑を宣告された。 
続きを読む

毛虫

14/06/05
トラウマになった話の一つ。 
今考えればあの頃から俺は何かに取り憑かれてたのでは無いかと思う。 

小学生の時、俺は虫を捕まえる事にハマっていた。 
しかし、捕まえるだけでは無く、捕まえた虫の大半は虐殺してた。 
トンボの羽根を両側から引きちぎったり、蝶の羽根をハサミで切って、小石と一緒にテープで巻いて川に沈めたり。 
1番多かったのが、バッタ等の虫をカマキリの口に無理やり押し付けて食い殺させる事。 
当時の俺にとってこれは娯楽の一環だった。 
続きを読む

お地蔵さん

10/01/31
父方の叔父に聞いた話。 
父達の実家は山奥にある、文字どおりの田舎の村なので、ある程度大きくなった子供にとっては退屈な場所だった。 
特に不良気取りの少年達には。 
叔父が中学一年だったある日の放課後、同じ学校の三年生の杉田とその手下に捕まった。 
杉田は制服を「ツッパリ」風に改造して学校内で幅をきかせている、正直関わりたくない奴ナンバーワンだった。 
続きを読む

犬

09/07/08
義父母が昔新興住宅地に引っ越した。 
その家の隣(家の裏側)には犬を飼っている家があるんだけど 
最初飼っていたのは当時はやっていたシベリアンハスキー。 
数ヵ月後にまた義父母を訪ねると、隣の家には丸々としたゴールデンレトリーバーの子犬がいて、 
ハスキーは居なかった。 
(もしかしてあのハスキー死んじゃったのかな)とちょっと悲しくなった。 
それから約1年ほどして今度は突然ゴールデンが消え、 
ボーダーコリーになってた。

続きを読む

死神

09/07/23
自分が物凄く生活が荒れてて周りの人々に迷惑を掛け捲っていた頃の話です。 

昼下がりに寝ていると誰かが毛布をかけてくれた。 
家族の誰かがしてくれたと思って[・・・アリガト・。・。」 
なんて思った次の瞬間!! 

全身が金縛りになって全く動かない状態に!! 
でふと目をやると何とそこに立っていたのは黒尽くめの死神だった。 
かけてくれたと思っていたのはその死神が着ていたマント。 

頭ん中を己の鼓動だけが響いてるような状態で 
「頼む・・・どこかに行ってくれ!!」と必死に念ずると 
その死神は逆にグッとこっちに近づいてきて 
さらに耳元に顔を寄せてこの世のモノとは思えない醜い声で 
続きを読む

地滑り

16/05/24
医者だった祖父が、とある山中の無医村に赴任したときの話。 
祖父と祖母の家に預けられる形で、当時6歳の俺も一緒にその村で暮らすことになった。 
喘息持ちの俺の転地療法も兼ねていた。 

初日から村を挙げての大歓迎だった。鎮守の神だという蛇(カガ)を祀る神社で盛大な祭りが催され、 
「神様のご加護」「神様の目印」として玄関先と裏口に巨大な鈴のついた幣束がとりつけられた。 
診療所兼住宅として与えられた建物は真新しく、わざわざ整地した土地に新築されていた。 

俺の喘息の発作はみるみる落ち着き、村の者は「カガ(蛇)さまのおかげ」だと口々に俺に説いた。 
人懐っこい村の子供たちともすぐに打ち解けたが、すぐに不可解な噂を耳にすることになる。 
「俺くんは良いのう、カガ(蛇)さまがお迎えにくると母ちゃんが言いよる」 
続きを読む

人形

11/02/13
友人に足の不自由な子がいる。
子供の頃はそれでいじめにあってた、と
ある日ポロッともらしたことがあり、
「こんなのとかね」と、腕の縫い痕を見せられた。

普段とっても明るくていい子なのに、多くを語らなかったから
よほどの事があったんだろうと思い、そうだったんだ、と流した。
ある日友人の家に遊びに行く途中で、
障害者の子供を連れた親に遭遇した。
続きを読む

ろうそく

11/07/16
今日、私には兄がいるはずだったと父親に初めて話をされた。

私が生まれる6年前に経済的な理由からおろしたらしい。父親は生ませたかったが母親が自己判断で2ヶ月でおろした。

なぜ兄かわかるかというと、父親が母親の妊娠が解る前に夢で仙人のような白髭の老人からお前に息子を授けるといわれたらしい。

母親は霊魂などの類いは信じてなかったので水子供養は一切しなかったが、父親は京都の寺に一人で行き水子供養をしたそうだ。

その後父親は末期の胃ガンになるも奇跡の回復をとげ、その後15年再発なしで今も元気に生きている。
続きを読む

狂気

11/07/18
知り合いの男性がデキ婚した。

挙式から半年後に妻は出産する予定だったが、運悪く流産した。

しかしその一年後に妊娠。順調に思えたが、今度は八ヶ月後に流産、というか死産。

この時は女性もかなり体に負担がかかったそうだ。それで妊娠恐怖症になったらしく、30歳まで避妊を続けたらしい。

夫がどうしても子供が欲しいので、不妊治療を受けることを提案。

その女性は病院で検査するも、不妊の原因が分からず、思い余った夫がある霊媒師に相談した。
続きを読む