パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

呪い

釘
09/09/08
携帯からで申し訳ないんだけど、紛れもない実話。昔、当時の彼女と、同棲してた時の話。

同棲にいたった成り行きは、彼女が、父親と大ケンカして家出。彼女の父親は大工の親方をしてる昔気質。あまり面識はなかったが俺も内心びびりまくりの存在だった。

仕方ないから彼女と俺のあり金かき集めて、風呂無しぼろアパートで同棲。

しかし最悪のアパートで、ゴキブリは出るし、畳は湿気ですぐ腐るし、上の階に住むバンドマン風の若者は、毎晩、大声で歌の練習をするし、隣に住む老人は薄気味悪いし…
続きを読む

首
13/07/09
12才の時にイジメにあってたんだけど夏休みに自由参加で臨海学習があった。絶対参加しないと思ってたのにリーダー格の子が

「あんたがいないとイジメるやつがいなくて私が退屈だし」

と私は無理やり行かなくてはならなかった。

夜になって一人でトイレとか近くの墓地とかに肝だめしに行かされた。その時、女子トイレの前で泣き出してしまった(怖いんじゃなくイジメがつらくて)。

すると耳元で「大丈夫?」と女の子の声がした。横にピンクのスカートに茶色い靴の女の子がいた。
続きを読む

虐待
06/04/12
私の一番古い記憶は三歳。

木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。

祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来る公園なのだからきっとすぐわかるはず。そのうち、風に揺られてるのかブランコに揺られてるのかわからなくなる。

私は母に虐待されて育った。

飲み物をこぼした、ちょっと足音をたてて歩いた、声を出して笑った。そんな理由ですぐ折檻(せっかん)された。
続きを読む

美人
12/05/18
俺が小学生だった80年代頃の話。

友達のAとBと一緒に、Bが誕生日祝いで買ってもらった天体望遠鏡を使って天体観測をすることになった。

俺の家とAの家は住宅街だったし、Bの家はうちからじゃっかん離れていた田舎だったけど、庭でできそうもなかったので、Bの家の近所の神社の境内(けいだい)でしようということになった。

夏休み中だったのでBの家で一泊する事になり、ある程度夜更かしを許された俺達は10時頃までゲームをしていた。

そしてそろそろいくかーと虫よけスプレーなどして準備万端でいざ神社へ向かった。
続きを読む

病院
09/07/22
おそらく呪いとかそういうたぐいのものになるのか?イマイチ記憶が定かではないんだが…思い出しつつ書いてみようと思う。

うちのばあさんは、元看護婦で、戦前病院に勤めていたらしい。

当時は今と比べて、死人の数が半端なく、死んだ人からナースコールとか窓の外の人魂とかよく聞く病院の心霊現象が本当に日常茶飯事だったそうな。

そんなわけだから、ばあさんは幽霊はいるものだと、よく子供の頃の私にそういうたぐいの話をしてくれた。

これはそんな中でも、1番悲しい話として、聞いたものだ。
続きを読む

町並み
09/08/21
俺が税務署の職員だった頃の話。

90年代の頃だが、田園調布のある家へ査察に入った。すると、玄関で奥さんがじゅずをじゃらじゃらさせつつ、

「悪霊退散、悪霊退散、悪霊退散。」

と、ひたすらつぶやいている。
続きを読む

地獄、女
9/10/12
ネタ乙と言われてしまいそうだが、ネタだったらどんなによかったか、という話を吐き出し。フェイクあり。

姉(5つ年上)と私の実父は私が生後2ヶ月の時に病気で亡くなり、私が4才の時に母が再婚。

だが、新しい父はどういうわけか「絵を描く」という行為を異常に嫌悪しており、おえかき帳の落書き程度も許さないような人。(なぜそんなに「絵を描く」という行為が嫌いだったのかは現在も不明のまま。)

幼稚園や学校で描いた絵も、描いた本人(私と姉、父違いの弟と妹)にビリビリに破かせ、庭で火にくべさせる程。漫画やアニメ、絵本すら我が家では厳禁だった。
続きを読む

般若の面
16/10/09
ファミレスでウェイトレスのバイトしてる者です。今日すごい怖いことがあったので聞いてください。

昼時、いつものようにお客さんを席に案内したり、注文を取りにいったりと、すごく忙しかった。

お客さんが注文をするためのチャイムが鳴り、その席に向かっていってるときに変なものが見えた。

そのお客さんがなぜか般若のお面をしている。

一瞬、え?何これ?どういうこと?とテンパったんだが、呼ばれたから行かないわけにもいかず、そのままその席へ注文を取りにいった。
続きを読む

般若
13/10/30
過去から現在まで続く、因果か何かの話。ふと思い出して混乱もしてるので、整理のために書かせてください。

私が小学一年生の夏、北海道の大パパ大ママから連絡があった。

「夏休みを利用して10日ほどこちらへ遊びに来ないか。お兄ちゃんと私ちゃんだけで。」

大パパ大ママは私の父の親で、血の繋がった祖父母だったが、それまで北海道旅行に何度も行ったことはあっても、実際会うのは初めてだった。父とは私が二歳の頃に離婚したらしい。

そんな手紙とチケットが届いたので、母は一回くらいはと私と、小学四年生の兄を二人きりで飛行機に乗せ、北海道札幌市へ送った。
続きを読む

怖い人形
13/11/24
もういろいろ済んだから、書かせてくれ。

父親には妹がいたらしい。俺にとっては叔母にあたるが、叔母は生まれて数ヶ月で突然死んだ。原因不明。待望の娘が死んでしまい、婆さんは大層落ち込んでいた。

見かねた爺さんが婆さんにフランス人形を買い与えると、婆さんはそのフランス人形に叔母と同じ名前の「千寿江(ちずえ)」と名付けて可愛がった。

毎日なで、そばに置き、綺麗にしてやり、共に寝たそうだ。
続きを読む