パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

取り憑かれる

016penfan2020S1a_TP_V

365 :可愛い奥様:2005/09/01(木) 13:09:56 ID:hrc5lRse
知り合いが救急隊員やってるけど、
ずーと昔に某駅で飛び込みがあって、『被害者はまだ生きています』と要請があったから急行したが、
到着前にもう当事者は絶命していた。

それがまだ高校生の女の子で、覚悟の上でホームから飛び降りたものの、まだ躊躇ったのだろうねー。

続きを読む

nesizumariSDIM3540_TP_V

278 :本当にあった怖い名無し:2005/07/31(日) 23:08:01 ID:/D2XOAhb0
私の同僚に起こった不思議な話。
私の同僚の名前は、仮に佐藤さんとしておきます。

佐藤さんは良く働く忠実な人で、会社での信頼もある40過ぎのおじさんです。
仕事上の私の至らない面な部分とかも、私の知らないうちに直してあったりで、本当に御世話になってます。
上記のような事とかがあって、それについて御礼を言ったりすると、
「あっ、直してた俺?」なんてとぼけたりするような、いい感じの人です。

続きを読む

morokoshiIMGL4308_TP_V

30 :トウモロコシ 1/4:2005/07/19(火) 08:32:53 ID:9ogbgzgl0
トウモロコシが食卓に上る季節になると、我が家では必ず語られる話。
今では70歳近い母親が、小4のときに体験した話だ。

ひとりっ子の母は当時、母の祖母と両親と一緒に田舎で暮らしていた。
そこは小さな村落で、近隣どうしは家庭の内情などにもよく通じていた。
母の両親は村に珍しく共働きで、GHQの通訳と教師をしていた。
母の祖母は80歳を超える年齢ながら畑を作り、家の留守をみていた。
お隣さんは裕福な農家で、子供が何人もいた。
その中に、生まれつき脚の悪い男性がいた。
脚のせいで農作業ができないといえ、思考はむしろ明晰で、
親兄弟に気兼ねしながら、人目を忍んで離れで暮らす姿を、母の家族は隣家としてよく知っていた。

続きを読む

N745_sentakumonogahosaretaminka_TP_V

441: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 20:03:12.73 ID:2cVFDF4w0
ゾッとしたからカキコ。

こちら某麻薬取引第3位の都市に住んでる20の大学生。
先日誕生日を迎え、友人たち6人とアパートの一室で記念パーティしてた。初の酒を飲んで、騒いでかなり楽しかったんだけど、1人だけあんまり騒がずに部屋の隅で静かにしてる奴が居たんだ。

続きを読む

skull-and-crossbones-794825_960_720

601 :◆Tly.nEzXF2:2006/05/17(水) 01:53:49
ウチの爺さんのオヤジだか爺さんだか、つまり俺のひい爺さんだかひいひい爺さんだか、
ちょっとはっきりしないんだけど、そのあたりの人が体験したっていう話。
自分が子供のころ、爺さんから聞いた話。
もう爺さんも死んでて、事実関係とか調べようもないんだけど。

続きを読む

P1020408_TP_V

223 :220:2006/01/11(水) 21:42:18 ID:nYMvRg1L0
今年のはじめごろなんだけど、夜の六時過ぎに帰宅中、なんか妙な人がいるなあって思ったんです。
何が妙かって言うと、異常に背が高くてひょろい。
アンガールズみたいな奴だったわけです。
その人は横断歩道のところで、ジーっと車を目で追ってて、怖かったんですねかなり。

続きを読む

forest-3833973_960_720

853: 通りすがりの名無し 2006/12/15(金) 23:40:07 ID:ltofHqqJ0
3/1
子供の頃から虫や動物が好きで、近所の草むらや山に入って虫取りをよくしてた。
当然、持って帰ってきても飼える能力はなくすぐに死んでしまう虫がほとんどだった。
ただ取るのが楽しくて、飼う事やかわいがる事は好きじゃなかったんだと思う。
死んだ虫達は、土に埋めてあげたり、草むらに返したりしたが、ごめんなさい
という気持ちは持ってなかった。

小学校3年生の時、突然に夢遊病が始まった。
当時団地の4階に住んでいたんだが、気付くと玄関で寝ていたり、窓のサンに立っていたり
ベランダの柵を乗り越えようとしているとこをオヤジに助けられた事もあった。
もちろん記憶はまったく無い。無いが寝ようと布団に入ると必ず同じような事を体験した。

続きを読む

giraffe-2233366_960_720

904: 1/2@\(^o^)/ 2016/01/29(金) 12:14:35.53 ID:VflcyzTS0
今から20年近く前、長野県中部をツーリング中に側道を見つけて、気まぐれに入りました。
道は農道らしく、畑と森の広がるのどかな風景の場所につながっていました。
景色を堪能しながらトロトロ走っていると、轍の間に溜まった泥で滑って派手に転倒しました。
幸い擦り傷で済みましたが、バイクを立てて再出発しようとしたところ中々エンジンがかからず、
弱ったなあと思いつつメットを取って一息つきました。

続きを読む

NIS19311031_TP_V

395 :【1】:2011/09/12(月) 18:45:47.91 ID:b/cXq5yF0
これは俺の話です。
母親と姉に霊感があり、俺も小さき時まで霊感があったそうです。
現在俺は31歳で、5年前ぐらいの出来事です。

当時、仕事を辞めるか辞めないかで悩んでた俺は、地下鉄に乗りながら一人で家に向かってました。
人も少なかったので、一番端に座ろうと優先座席に座って本を読んでたんです。

途中駅に停車し、発車し始めた時に、何か肩が重くなりいきなり肩がこってきました。
それと共に吐き気を感じ、気持ち悪くて本を読むどころではありませんでした。
なんだこの気持ち悪い感覚は、と思いながらも目をつぶって、
到着まであと10分ほど我慢しようと思い、座り続けていました。

ふと周りを見ると、同じ車両には3~4人しか乗っておらず、
隣の車両は、連結部を挟んだ真横に女性が座っているのが確認できただけでした。

続きを読む
×