パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

医療ミス

手術

11/08/10
214名前:名無しさん@涙目です。(アラビア)[]投稿日:2011/08/09(火)21:14:11.81ID:b8xbTcjt0
盲腸の手術した時に麻酔効かなくって、えらい目にあった。

医「そろそろ麻酔効いてきてると思うんだけど、足触ってるのわかる?」

俺「いえ、全然感覚ないです」

医「良いみたいだね。それでは始めます。」

で、医者がメスを入れたとたんに、猛烈な痛み。

初めての手術だったので、こんなもんかとがまんしていたが、10分程で耐えられなくなって、先生に伝えた。
続きを読む

横断歩道
11/08/04
聞いた話。

友人の父が亡くなった。友人は病院から父を乗せた霊柩車(れいきゅうしゃ)に同乗した。

信号待ちでふと目をやると、向かいの歩道にパジャマ姿の父がいた。目を凝らしてよく見たが、間違いなく亡くなったはずの父だった。

うつろな目でこちらを見ていた。混乱しているうちに、車はすぐに発進した。
続きを読む

病室

14/09/17
看護師やってんだが、昨日の夜勤でおっそろしい場面にあったので書き込む。

同僚が、脳死患者の病室から誰もいないはずなのに(脳死の人以外)コールが入ってくるので、なんかおかしいから注意してー、と交代で休憩室に入ってきたんだが、交代してすぐにコールが入って見に行くんだが異常なし。

こりゃおかしい、と懐中電灯持って病室で隅々まで確認して、ベッドを見ると患者がジーっとこっちを見てたんだよ…
続きを読む

brain-3017071_960_720

544 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/08/27(土) 08:20:53.33 ID:S/lXglXu0.net
医療過誤の話。

ある男性が胃がんを発症し、胃を全部摘出した。
その後食事もなかなかとれないため、しばらくの間すべての栄養を点滴で摂取していた。
ところが、この点滴には必要なはずのビタミン(※ビタミンB1)が入っておらず、ウェルニッケ脳症という病気を発症する。
男性の場合、この脳症による症状は『新しい記憶ができない』というもので、
過去の記憶はある程度あるものの(記憶障害もあるため完璧ではない)、新しい記憶の積み上げが不可能となってしまう。

続きを読む

病室

412: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/25(金) 16:33:32.37 ID:fx0EDrap0
半年程前に実際に体験した俺の話なんだが
普段は寝付きが悪く布団に入っても中々寝れないんだけど
その日は仕事で疲れて横になるとすぐに眠りについていた。すると変な夢をみた
俺が大腸癌を患っていてある病院に治療の為入院していたんだが
そこの主治医の男性の顔がやけにはっきりしていて名字も下の名前もはっきりでていた
夢はとても長く感じ手術から抗がん剤治療やら苦しい体験までやけにリアルだった
そして治療途中で目が覚めたんだが、ふと気になってその夢の中の主治医の名前を検索すると実際にいる医者であることが判明し、驚くことに顔も夢にでてきた男性と同じ(ように感じた)だった
過去に絶対に見たこともないはずの人だったので驚いたんだが更に驚くことがあった
続く
続きを読む

泥沼

454 名前:本当にあった怖い名無し :2008/10/31(金) 13:43:54
日本の産科事情も後味悪い。
・「妊娠は病気じゃない」ってのが間違って伝わってしまったせいで
 (正しくは「どんなに具合が悪くても死ぬことはないよ」という意味。妊娠してても健康体という意味ではない)
 保険適用外(1回の検診に数千円以上かかる)。
・保険適用外故に分娩費用が高く(30~60万)、言い訳をして代金を踏み倒すDQN大量発生。
続きを読む

歯

113: 本当にあった怖い名無し 2012/05/07(月) 17:53:54.66 ID:3gBEVm1NP
昔、はいしゃの治療ミスで死んじゃった患者、って話を思い出したな。 
しかも、知らずとはいえ、親が子供を殺す手伝いまでしてしまったという。 



115: 本当にあった怖い名無し 2012/05/07(月) 19:04:25.38 ID:u4bu7JQ8O
これだぬ、探してみた 
てかこんな最近だったっけ? 
続きを読む

病院

528:本当にあった怖い名無し:2008/02/15(金) 13:46:54 ID:mh3Fb4VB0
当方、資料室配属ではないのだが某ひょんな事情から
職場の事件簿を何冊か見る機会を得た。 
この板に相応しい心霊事例みたいな不可解なものはワンサカあったけど、
敢えて非心霊の事例を報告いたす。 

覚えてる範囲から簡潔に言うと、 
「昭和61年に開放病棟で、入院患者(病名・性別・年齢は不掲載)が
側管タイプの点滴に水銀を混入されてあぼーん」。以上。 
流石に医療ミスでは起き得ない事だし、下手人も不明。動機も予測不可能。 
続きを読む

脳

13/01/03
もういっちょ実話系(ロボトミー) 

昭和33年6月5日、坂本一仁は河口湖畔で生まれた。 
銀行員だった父親は仕事と家庭を放り出して行方がわからなくなっていた。 
母岩瀬幸子(24)は一度は一仁を堕ろそうとしたが、割烹旅館で働きながら一仁を産んだ。 
生後3ヶ月の頃、母は上京し、新宿のクラブに勤めた。 
一仁は甲府の祖母と2人で育った。 
母は学齢になったら一仁と暮らすのを夢見ていた。 
母はホステスをやめ、池袋でスナックをやっていた。 
続きを読む

手術

11/08/10
214名前:名無しさん@涙目です。(アラビア)[]投稿日:2011/08/09(火)21:14:11.81ID:b8xbTcjt0
盲腸の手術した時に麻酔効かなくって、えらい目にあった。

医「そろそろ麻酔効いてきてると思うんだけど、足触ってるのわかる?」

俺「いえ、全然感覚ないです」

医「良いみたいだね。それでは始めます。」

で、医者がメスを入れたとたんに、猛烈な痛み。

初めての手術だったので、こんなもんかとがまんしていたが、10分程で耐えられなくなって、先生に伝えた。
続きを読む
×