パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

包丁

ターミネーター2

11/08/01
昔体験した話なのだが、ある時、彼女に別れ話を切り出した。

彼女はうつむいて泣いていたので、慰めようとしたが全く話を聞いてくれず、そいつの家を出た。

車のエンジンをかけたときさっきの彼女が包丁持って鬼のような形相で走ってくる。

直ぐに走り出したらさ、そいつ、後ろのナンバープレートに包丁さして、もう片方の手で車にしがみついてきたんだよ。
続きを読む

包丁
15/08/15
一週間くらい前の昼の話。

家には自分と中学一年の息子がいて、私は家事が一段落ついたんで昼寝しようと横になっていた。

息子も同じように、二階にある自分の部屋は暑いからと、下で昼寝していた。

そんな時、どこからか男女の声が聞こえてきた。うちはそこそこ大きい庭があるんだが、その庭からのようだった。誰かいるのかと思ってそっと外の様子をうかがった。

二十か三十歳くらいの男女が、うちの水道で水浴びをしていたのだ。初めは知的障害でもあるのかと思ったが、二人の話す様子は健常者らしく、顔つきも障害者特有の幼い感じがしない。
続きを読む

ミリオンゴッド
15/04/19
パチスロ・4号機時代のミリオンゴッドを打ってたのですが。

(僕はその時ゴッド揃いを3回引いて消化中)隣で天井単発食らってさらに天井単発、そして1200G回してたおやじ(20万以上突っ込み)が金が底をついたのか、タバコを置いたまま1時間ほど行方不明。

ハイエナのガキが店員を呼んで台の呼び出しを。

ほどなくしておやじが戻って来て数千円使って悔しそうに(すでにハイエナのガキが狙ってるのをおやじも気づいてる)台をやめたのですが、それを見たハイエナのガキが速攻確保。

ガキに変わったとたん、まさかの天井から全ストック放出が始まりギャーギャー騒いでのお祭りさわぎ。カマ掘られたおやじは通路の陰から怒り狂ったようにこちらを凝視。
続きを読む

マンダラ
16/09/15
あんまり文章上手くないしオチとかないんだけど、最近の俺の一番の恐怖体験なので書き込んでみる。

久しぶりに大学の時の友人と飲んでて終電逃して、友人が連れてきてた職場の後輩って奴のところに泊まることになった。

初対面のやつだったけど、新婚の友人のところには世話になりにくかったし、ボンボンぽいおとなしそうなやつだったので、まあいいかとついていった。

新卒のくせに3LDKの新築のマンションに一人暮らしで、玄関先で待たされてる間に玄関脇の4畳半くらいの和室に布団をしいてくれた。
続きを読む

暗い部屋
10/02/11
俺が小学生だった時の話。

俺の両親は共働きだったため、小学生だった俺は学校が終わると近所に住んでる叔母の家に行き、母親が仕事から帰ってくるまで叔母宅で面倒を見てもらっていた。

叔母の家には高校生と中学生の姉妹がいて、どちらもかなりの美人で有名だった。特に中学生の妹に俺はよく遊んでもらって可愛いがってもらっていた。

ある日、いつものように学校帰りに叔母宅に行ってチャイムを押したら留守らしく誰もいなかった。
続きを読む

海沿い
16/10/14
8年前、友人2人と泊まった中国地方の民宿の話。二階建ての木造で、海沿いにあったと思う。

そん時は1週間ばあちゃんの家に泊まってた。泊まりの3日目、海水浴に行ったんだけど、夕方になってひどい雨が降ってきた。

俺たちが遊んでた浜が、ばあちゃん家からかなり遠くて、俺らの原付じゃ帰るのは厳しいってんで、近所の民宿に泊まることになった。

で、民宿に着いたら、結構なトシの婆さんと中年のおっさんが出てきた。1泊したい旨を伝えると、快く部屋を準備してくれた。とりあえず飯食って風呂入って、疲れてたんでさっさと寝た。

深夜の2時くらいだった。
続きを読む

怒り

16/06/30
仕事で1度怖い思いしたことあるわ。

珍しく店長が遅刻してたある日、以前取り引きしたお客の、スズキさん(仮)が激怒しながら事務所どなりこんできた。

店長を出せってわめいててビクビクしながら、店長は今外出してますから、って言いながら話を聞いたら

「毎晩店長がその人の家の天井から悪口言って嫌がらせしてくる」

って言うのよ。あ、これ糖質だなってすぐ分かったから、そこからずーっとスズキさんが落ち着くまで2時間くらいあやまって、なんとか帰ってもらった。
続きを読む

包丁

11/06/13
パチ屋で知り合った女の子と結構仲良くなって、その子が当時付き合ってた彼氏と、とある理由でわかれてさ、その後新しい彼氏が出来てから、飲み屋を始めたわけよ。いわゆる、ラウンジって奴。

その新しい彼氏ってのは、まあ本職のお偉いさんだったわけ。

俺個人はその子と普通に仲良かっただけだから、連れとかとちょくちょくそのラウンジに顔出して、従業員の他の女の子とかも、それなりに仲良くなった。

ボトルも数本入れてるから、あまり金使わなくて良いんだよね。

んで、ある週末の夜、嫁さん夜勤だし暇だったんで、一人でのみに出た。車で出て、代行に預けてさ。
続きを読む

鬼

幼稚園の頃、鬼を見た。

その日は山に囲まれてる田舎のおじいさんの家に泊まった。

わりと近所なので普段から何回か泊まったことはあったから、普通にご飯とか食って2階で寝てたんだけど、深夜2時~3時くらいに眩しくて目が覚めた。

ふとベランダを見ると鬼が3人座って何か話をしていた。ベランダの入り口には横にスライドするガラスの窓があって、その一枚手前には障子のふすまがある。

そこにやけに明るい月に照らされて、いかにも「鬼」というような出で立ちの3人がシルエットになって映っていた。

怖かったがとりあえず隣で寝ていたおばあさんを起こして僕が「ベランダに鬼がいる!」と小声でいうと、おばあさんが眠そうに起き上がってまず電気を点けた。
続きを読む

トイレ

この間東京に用事があって行ったんだよ。片田舎からの上京なので朝一の高速バスに乗って、9時頃に新宿駅に着いた。

で、その途中にトイレ休憩もあったんだけど眠くてずっと寝てたのよ。

そしたら、新宿駅に着いたころにはトイレ(大)行きたさがMAXになっちゃって、ケツ閉めながらバス降りて新宿駅でトイレ探したんだけど、なかなか見つからないのな、あそこ。

ようやく「TOILET→」みたいな表示を見つけて、やったと思ったらまだそこにはなくて「↑TOILET」「←TOILET」みたいに色々迷路みたいに歩かされたんだ。

さすが新宿駅だけあって朝9時で、店もあまりやってないのにものすごい人混みで、まっすぐ歩けないほどだったんだけど、その表示の通りに歩いていったらいつの間にか壁と壁の隙間みたいな狭い通路に案内されて、人も誰もいなくなった。
続きを読む
×