パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

切ない

切ない、悲しい

789: 本当にあった怖い名無し 2010/06/16(水) 01:17:20 ID:8C1hl9J90
まとめサイトの過去ログを最近見ていて、今回はじめて自分で書き込み。 
宝くじの当選番号が最近発表されていたので思い出した些細な偶然話なんだけど… 


数年前の冬、突然伯母が亡くなった。年末の寒い日だった。 

恥ずかしながら当時の私はお金が全くなく、また地元から遠く離れた土地に住んでいた。 
当時働いていた会社は給料日が25日ではなく月はじめ。 
年末は正月を挟むため銀行が休みで一週間以上お金が手に入らない。 
そして財布の中に格安チケットショップの往復新幹線代ギリギリのお金が残っていた。 
このお金を使ったら正月は無一文。 
でも仲のよかった伯母にどうしても会いたくて地元に戻った。 
続きを読む

狂気

09/08/25
俺には高校時代から親友Aがいる 
Aの自宅には俺達高校時代にAの従兄弟で大学生Bさんが居候していた 
Aの父親がAの大学受験勉強を看てもらうのを条件に地方出身のBさんを居候を許可したらしい 
俺はA家に遊びに行くのが日課だったが、徐々にBさんを交えて勉強会になってしまった 
英語だけはBさんの彼女Cさんが英文学部だったこともありのCさんに看てもらった 
勉強後よく4人で進学大学の相談や将来の職業について話し合った 
勉強会の成果もあり俺とAは第一志望の大学に受かり、BさんCさんは大学卒業し就職1年目で結婚した 
俺とAは大学違うが、月に数回遊ぶ関係は続き、年に数回BさんCさん夫婦宅にも遊びに行った 
続きを読む

恋人

09/03/05
もしスレチならスマソ 

うちの母方のバアちゃんの話 
母方のジイちゃん、バアちゃんはアメリカ人で、うちの父は日本人 母はアメリカ人 
出張でアメリカにきていた父 
交際は、当時むちゃくちゃ反対された 
特にバアちゃんが、日本人だけはダメ と猛反対 
続きを読む

森

11/12/14
練炭の集団自殺。 
ろくに顔も合わせたことない人が集まるんだよな。 
車持ってる人が、各志願者を最寄りの駅あたりまで迎えに行くのかな。 
「こんにちは、初めまして」なんて、愛想笑いのひとつもするのかな。 

全員そろって、人気のない場所へ向かうわけだよな。当然もう夜になってる。 
各自酒や眠剤を持ち込んでて、ドライバー以外は目的地に着く前から 
飲んだりしてるのだろうか。酒飲んだらトイレ行きたくなるよなあ。 
「すいません、ちょっとどこかでトイレ寄ってください」なんて、頼んだりするのだろうか。 
コンビニかどっか立ち寄って、最後のトイレ休憩? 
続きを読む

夕日

15/06/19
旅行先で母親が脳溢血で急死した。

遠方の実家の葬儀に行くため1週間仕事を休んだ。

忌引休暇を終え、夜行バスで朝職場のある街に戻りそのまま仕事をした。上司が気を使って飲みに連れて行ってくれた。

一人暮らしの部屋の玄関を開けて

「ただいま」

といつものように言うと

「おかえり」
続きを読む

悲しい

07/09/04
これは十年程前に、私の母から聞いた話です。

その頃、母は腸閉塞で入院をしました。

手術は無事に済み、2週間程の入院期間中も同室の患者さん達と仲良くなったりで本人はいたって元気に退院してきました。

それから1ヵ月後、母は奇妙な夢を見たそうです。

夢の中で、母はなぜか階段の拭きそうじをしていたそうです。

その階段は、かつて母がママさんバレー部に入っていた頃よく使用していた近くの中学校にある体育館のものだと思う、と言っていました。
続きを読む

夫婦
13/05/02
小学3年生の時に父が亡くなって、その半年後くらいの話。

その日は私にしては珍しく夜の3時くらいまで起きていた。

そろそろ寝ようかと思って自分の部屋がある2階に行くと母の部屋のドアが開けっ放しだった。

だいぶ夜冷え込む時期に入っていたし、風邪を引くと困るだろうからドア閉めてあげようとしたときだった。

ベッドの脇に寝ている母をのぞき込むように父が立っていた。幽霊的なものを見るのは初めてじゃなかったので特別驚かなかった。

むしろのん気に
続きを読む

怪人二十面相
07/07/05
俺の爺さんは十年ぐらい前に、痴呆症(今で言う認知症)ってヤツになったんだが、最初は物忘れ程度だったものの、そのうち明らかに言動がおかしくなってきた。

で、時々“自分は別の人間だと思い込んでしまう”症状が出始めた。その“別の人間”っていうのが、なんとあの江戸川乱歩の「怪人二十面相」だった。

爺さんは昔どっかの劇団に入ってて、二十面相の役を演じた事があったらしいが、医者が言うにはどうもその頃のイメージが強く出てしまった結果という話だった。
続きを読む

竹やぶ
12/04/02
俺が中学の時に隣の同級生の父ちゃんから聞いた話。その父ちゃんは前から霊感ってやつを持っていたらしい(以下父ちゃん=Aにする)

Aは小学生の頃、鉱山で働いている父に毎日弁当を届けていた。

話によると家から鉱山までの距離はそれほど遠くなく、一つ竹やぶを抜けると鉱山で働いている人達のアパートがあった。3階建てだったらしい。

アパートの各部屋にはその階の番号と部屋番号が書いてある木札が掛けてあって、どこの人かが分かるようになっていたんだ。

[2-3]と、まあこんな感じでこれだと2階の3号室って事になるわけだ。
続きを読む