パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

公園

brown-bear-4859243_960_720

752 :<:2005/04/10(日) 03:28:14 ID:JFDQ43ZU0
日本史上最大の被害を出した獣害は、北海道であったヒグマによる事件。
この事件以後もヒグマの被害は続発し、北海道開拓の妨げともなっていた時期がある。
北海道をバイク旅行した時に言われたのは、「だから野宿なんかしないようにしろ」と言う事だった。
このご時勢に熊?
北海道が嘗てヒグマの被害に悩まされた経緯等知らない俺は、内心全く信じていなかった。

続きを読む

zubbotty22124_2312_TP_V

521: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 17:23:24.76 ID:XApfOFtP0
「もういいかい事件」と友達と呼んでいる出来事がある。 別に事件じゃないけど。

小学生の時、東北の田舎町に住んでいた俺は、友達と二人で公園で遊んでいた。
突然大雨が降り出したので、近くの駐輪場の屋根の下で雨宿りをすることにした。
公園の裏には広い雑木林と沼地があるんだが、しばらくすると突然、雑木林の中から子供の声で
「もういいかーい」
と聞こえた。

続きを読む

zubbotty22124_2312_TP_V

367 :本当にあった怖い名無し:2006/02/10(金) 17:24:53 ID:7xi1dohC0
マジ話なんだけど誰も信じてくれない。

友達との飲み会の後、自分の家に帰ろうとした。
帰り道、近くの公園を通れば家まで早く帰れるなって思って、近くの公園を通った。
そしたらさ、公園の砂場の近くに何かいんの。
何だろう?って見ると、猫の群集。猫が20匹ぐらいいんのよ。
オレは『あぁ、猫が会議するっていうのは本当なんだなぁ・・・』って思って公園を通ってたら、
「缶詰毎回同じで飽きる」とかって声がした。

続きを読む

kazukihiro512104_TP_V

343: 1/2@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 22:32:31.01 ID:lQxuh2Ob0
なんか荒れまくっているようなんだが…書き込んでも良いのかな?

今から5年前、俺が高校生だった頃の出来事。

夏休みのある日、部活中に友人が「心霊スポットの場所を聞いたから後でみんなで行こう」
と言って来た。

その日の夕方、たしか午後7時近かったと思う。
部活でよくつるむメンバー以外にも何人か呼び出し、総勢9人で現地へ向かうことになった。

続きを読む

foggy-1149202_960_720

696 :1/4:2008/07/11(金) 17:26:36 ID:pr5d+yDA0
俺、子供の頃、オランダのユトレヒトって街に住んでたのね。
親の仕事の都合で、俺が小学校1年生~6年まで。
本当は在蘭日本人は日本人学校に行くんだけど、俺はなんか日本人学校の空気がどうーもニガテでさあ、
もっぱら地元の小学校に通って、オランダ人の友達と仲良くやってたわけよ。
で、ユトレヒトの街の郊外に俺んちはあったんだけど、
ご近所でクラスも同じ、ロゥベルツ(男子)とイェシカ(女子)って子がいたのね。
この2人と俺で、毎日よく遊んでたんだわ。

続きを読む

BOB2028044_TP_V

715: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/23(木) 15:42:21.81 ID:RTp+8In50
流れぶった切るし長いし、それほど怖くはなかったらごめん。
姉ちゃんと俺にはそれぞれ誰にも話したことがない秘密があって、それをお互いに知ることとなった話。
小学生の時に親が離婚して母親に引き取られた当時中3の姉ちゃんと、4つ上の姉ちゃんにベタベタだった従順な弟俺。
何度目かの引っ越しの後、山に沿って作られた団地の一番上の借家を借りて、しばらくはそこに住むことになった。
その借家は2階建てで2階には2部屋ありその部屋をつなぐようにベランダがあった。離婚してから不安で仕方なかったであろう母親は、洗濯物を干しに行くたびに俺らの顔が見えるようにとその2部屋が子供用になった。
姉ちゃんの言いなりだった当時の俺は、姉ちゃんに部屋を決めてもらい段ボールを空け始めた(4度目の引っ越しで慣れたものだった)。
その借家は裏に大きな公園(遊具は2つくらいで土地だけが広い)があって夕方になると誰もいなくなって、夜になると真っ暗な闇そのものだった。

続きを読む

susipaku211-app94495_TP_V

864 :本当にあった怖い名無し:2009/06/30(火) 01:38:10 ID:R1fnW0W6O
おれが学生時代の話。

学校が終わった後、家に帰る前に、近所の公園で一服するのが日課になっていた。
その公園には、いつも1人で遊んでる子供がいたんだ。
いつの間にかおれはその子と仲良くなってて、よくベンチでお喋りしてた。
その子は体にあざが多かったんだけど、木登りしてる姿を見掛ける事も少なくなかったから、
元気な子だなぁ位にしか思ってなかった。

続きを読む

RED2020906B044_TP_V

726: 1/3 2007/01/18(木) 17:15:34 ID:SUlaGoNV0
夕食の前に、私は実家の近所にある公園のベンチでタバコを吸っていました。
目の前の砂場では数名の子供達が遊んでいて、反対側のベンチには、親と思われるおばちゃん達が座って互いにお喋りをしていました。
おばちゃん達が座っているベンチから少し離れた滑り台があったのですが、その下側、ちょうど滑り面が地面に接する鋭角のあたりに、座っている子供がいました。
体のほとんどが影になって見え難いのですが、どうやら女の子のようです。
(なぜ、あんなところに座っているんだろう?)
そう思っていると、おもむろに女の子がスッと立ち上がり、影から歩み出しました。
砂場を掠めて、こちらの方にゆっくりと近づいてきます。

続きを読む

RED1211031_TP_V

796:首なし地蔵:2010/02/18(木) 10:51:09 ID:qHWiZd6Y0
小学生の頃、近所の公園で毎日遊んでくれたお兄さんがいた。
その人は皆から『セミの兄さん』と呼ばれていて、
一緒にサッカーをしたり虫取りをしたり、どんな遊びにも付き合ってくれた。
自分はその頃、都会から転校してきて間もなく、そのお兄さんのことをほとんど知らなかったのだが、
遊べば遊ぶほどに、不思議な雰囲気をもつ人だなと思った。
すごく物知りだなーと思う時もあれば、え?こんなことも知らないの?と驚くこともあった。

続きを読む
×