パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

入院

3aab04f0-s

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/18 23:02
私が高校受験を間近に控えた冬。
元気だった祖父が、腹部の痛みを訴え入院した。
検査の結果、肝臓ガン。もう手の施しようが無い末期だった。

3月末。無事受験と卒業式を終え、中学校最後の春休みを過ごしていた頃。
日に日に痩せ細りゆく祖父に、身内が交代で側につく毎日。
その週は、多忙だった父と妹が体調を崩した為、
時間に余裕のあった私が仕事帰りに、父が迎えに来るまで祖父の側に付くのが日課となっていた。

続きを読む

IMG_3762_201606151609532a7

272: 可愛い奥様 2011/09/08(木) 02:19:53.77 ID:RDtzuls8I
看護師の身内から聞いた話

彼女は霊なんて一切信じないし見たこともない。
けど、小児科の病棟にいた時、霊を信じざるを得ないことがあった。
それは、みゆちゃん(仮名)が亡くなった時だそう。

みゆちゃんは出産時のトラブルで産まれた時からずっと植物状態だった。
みゆちゃんが三歳になるかならない頃、亡くなるだろう日がとうとう来た。

続きを読む

1d207184-s

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/22 07:05
幼い頃に親戚から聞いた…今は亡き、うちの祖母ちゃんにまつわる話です。
今から60~70年昔、戦前の出来事。

当時20歳前後だったと思われるうちの祖母は、最初の子供を出産するため病院に入院していました。
隣のベットには10歳くらいの女の子が長期入院していて、うちの祖母とは仲がよかったらしいと聞いております。
その女の子は食事障害か栄養障害で入院していたらしいのですが、詳しいことは今となってはよく分かりません。

続きを読む

YATN20505_10_TP_V

899 :指先1/2:04/12/23 02:17:28 ID:ijmjXlGj
俺が高校2年の頃の話。

俺はちと重い持病を持っていた。
それが原因で、長期休暇中は検査の為にいつも入院せにゃならんかった。
折角の夏休みを半月近くも病院で過ごさなきゃならなかったが、意外に同年代の奴も多く友達もできて案外楽しいもんだった。

続きを読む

YUKI1211A1134_TP_V

929 :本当にあった怖い名無し:05/01/14 15:21:38 ID:pKWjNzP9
これは俺が中学生の時の体験で、
恐怖感はあまり無く、今でも思い出すと不思議な気持ちになります。

中学二年の二学期に、急性盲腸炎で緊急入院しました。定期テストの前だったのでよく覚えています。
明け方に腹痛を覚えて、そのまま救急車で運ばれ、即日入院で手術に備えました。
手術は翌日に決まり、痛み止めを服用して、その日は病室で横になっていました。
病室は6人用の大病室でしたが、入院患者は僕とその隣の人しかいませんでした。

続きを読む

hospital-1802679_1920

505: 名無しさん@おーぷん 2019/03/03(日)22:20:09 ID:c4y
ほんまかどうかは知らないマッマの話

ジッジが末期癌で入院したんや
マッマはジッジから延命治療だけはやめてくれと入院前に念を押されていたんや

数日後とうとうジッジが意識不明になり延命治療に切り替えるかと医者に聞かれたんや
マッマはジッジの言葉より世間体を優先して延命治療頼んだんや
その後ジッジは全身に管が刺さる機械みたいなものに変わった

続きを読む

dogePAR52137_TP_V

105 :1/2:2005/07/29(金) 15:01:41 ID:4MYEgAg90
俺、昔犬を飼ってたんだ。
名前はチュリって言う雑種なんだけど。
賢い犬で、まだ小さかった俺のお守りをしていてくれたらしい。
両親は共働きで、小学校1年のときから鍵っ子だった。
家にはチュリがいたから、寂しくはなかったんだ。

続きを読む

hospital-1802679_1920

964: 1/2 2006/10/05(木) 00:52:02 ID:qfZAUOA00
俺が中学の先生から昔聞いた話。

戦時中に、負傷した男が病院に運ばれたらしい。
といっても軽傷で、ほとんど日常生活に支障はない程だったみたいだけど、大事をとって一時入院することになった。
そこで二人部屋に入ることになった。
その部屋には前からずっと入院している男がいて、そいつは事情は知らないが両手両足がなかった。
ベッドに寝たきりの状態で口数も少ない男らしく、しかし数日間一緒の部屋だったから少しずつ打ち解けていった。

続きを読む

hospital-555087_960_720

585 :バアさんの憎悪1/4:2007/01/29(月) 15:33:24 ID:7gN5RjH60
去年の夏に、俺は目の手術で入院していた。
その時相部屋だったバアさんが、洒落にならんぐらい怖かった。

俺が入院していた2週間、バアさんには誰一人面会が来なかった。
病室に来たのは息子夫婦だけ、それも入院初日の1度だけだったらしい。
バアさんはそれをすごく怒っていて、俺によく愚痴をもらした。
しかし、俺のところには、友人だの親戚だのが心配してぞろぞろと来てくれる。

続きを読む
×