自分自身

自分のじゃなくて叔父の体験談だけど…

当時独身で一人暮らしだった叔父さんがある晩、寝室で寝ていると胸を締め付けられるような苦しさで目を覚ました。

叔父さんは何となく違和感を覚えて室内を見渡したそうだ。すると、叔父さんの寝室の扉には擦りガラスの小さな窓みたいのが付いてるんだが、そこにうっすらと人影のようなものが写っていた。

泥棒だ、とっさに叔父さんはそう思った。

叔父さんは仕事中はずっとタバコ吸ってるかコーヒー飲んでるかの生活で、体重は100キロ近くという不健康ボディだったが、柔道だったか空手だったかの有段者。

包丁やナイフを持ったぐらいの素人の泥棒ならボコボコにする自信はあったらしい。「誰じゃいゴラァァア!!」と叫びながら寝室の扉を開けた叔父さんだがそこには泥棒なんかいなかった。
続きを読む