パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

事故死

死神

212: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/14(土) 11:25:40.09 ID:u1vlBb9Y0
以前どこのスレに書き込んだか忘れたが、
異常五感家系の男が来ましたよ。

先週の園児娘の発表会(学芸会)に来た親父が、
他学年の舞台を見ていて呟いた。
「お、あの子は…」
俺「知ってる子でもいた?」
親父「右から3番目の子は知ってるか?」
俺「あの学年には知ってる子いないよ」
親父「そうか」
続きを読む

ドア

183: 本当にあった怖い名無し 2019/05/13(月) 03:19:42.98 ID:HiWoHdYr0
ドアのラッチボルトという部分が緩くなってるらしく(ドアノブと連動してる部分)
玄関の窓を開けておくと気圧差で自室のドアが勝手に閉じたり開いたりする。
と言ってもドタバタ忙しなく開閉するわけではなく、ゆっくり開いたり閉じたりする程度。
玄関の窓も換気する時や熱い時くらいにしか開けないので、ドアを修理しようとは思わなかった。
続きを読む

アパート

161 :本当にあった怖い名無し:2019/05/12(日) 07:27:41.63 ID:bPhTjbqh0
昔どこかに書き込んだような記憶があるんだけど、この時期になると思い出すからまた投下。

幼稚園からずっと一緒だった親友と、大学進学を機に離ればなれになった。
私は地元の大学だったので、ゴールデンウィークを利用して親友のところへ遊びに行ったんだ。

親友のアパートは、一般的に想像できる学生アパートじゃなく、3DKでけっこう広く、お風呂もユニットバスじゃなくて家族向け物件みたいだった。
続きを読む

山の川

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/05/25(日) 04:21:26.52 ID:CPbnGPBE0
親父と弟と共に真夜中に川に魚を取りにいった。
魚が寝ているところを襲うという昔ながらの遊びだ。
山奥へ入って行って、川を魚を取りながら上がって行ったんだが…
なんかふと遠くを見たら、廃トンネルみたいな所に白い着物を着た女が
手招きしてるのが見えた。
俺は道に迷ってる人かと思って親父にそのことを伝えようとした。
続きを読む

大雪

663: 1/3 2018/06/05(火)09:58:29 ID:y7z
誰かに聞いてほしくて書いてみたらめちゃくちゃ長くなった
人が死ぬグ*話なので苦手な人はスルー

子供の頃両親は当時どちらも夜中まで不在で、今思えば立派なネグレクトってやつ
洋服や文房具は両親がいつの間にか大量に買ってきて、タグつきのままそのへんに置いてあった
そこから選べば物資には困らなかったし、学校からのプリントをテーブルに載せておけば
翌朝には必要なお金がおいてあった
続きを読む

恋人

412:カメラマン:02/11/20 16:18
もう4年くらい経つのかな・・・
当時、親友(以下A)には、大学で知り合った○恵ちゃんという彼女がいました。
私達と2人はよくつるんでいて、どこに行くにもほとんど4人で1セットという関係でした。
話は4年前の、こんな寒い季節の夜でした・・・
続きを読む

不思議

158 ::あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/03/28(水) 13:42
テレビで見た中でキョーレツだったのは
ある交差点でハンドル操作を誤り、横の墓場に突っ込んで
死んじゃった人の名前と、ぶつかった墓の主が同姓同名で
その墓碑銘が「死は誰のもとにも平等にやってくる」だったってヤツ
続きを読む

不気味

995: 名無しさん@おーぷん 2016/06/26(日)12:08:30 ID:u7a
帰宅したら裏のA家ばあさんの遺書がポストに入っていた時。

しかも同じ遺書(ご丁寧にコピーじゃなく手書き)は通りの全戸に投函されており、

俺が帰宅した時点でばあさんはすでに決行済みだった。

めっちゃぼやかして書くが
不幸のはじまりはA家嫁さんが事故死したこと。
続きを読む

黒いバイク

74: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/11 12:38
あれは、10年程前の事です。 
バイク好きの私は友人3人と、長野の美ヶ原周辺のワインディングを楽しんでいました。 
ふと気がつくと、一番先頭の友人の前に黒いオートバイが走っているではないですか。 
しかも、たよりげないフラフラとした走り方で、かなり古いバイクのように思いました。
続きを読む

山

583: 本当にあった怖い名無し 04/12/02 01:24:51 ID:zVirUB40
ついでにもういっちょ。 
これは漏れじゃなくて、今はもう引退した先輩(とは言っても、これまたすげぇ爺さんなんだが)の話。 
その人と先の話の爺さん達がある現場に行ったときの話。隣の村の人からの個人の山を間伐と枝打ちを 
してくれってゆう依頼でで、なんでもえらくいい値段で引き受けたらしい。 
同じ仕事同じ面積で、通常100万くらいなのを、200万くらいでやってくれと言ってきた。 
続きを読む
×