パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

九州

タクシー
11/06/21
以前勤めてた会社で九州に出張したときのこと。

泊まってたホテルの近くの繁華街に、夕食をかねて一人で飲みに出かけたんよ。

で、その帰り。ほどほどに酔っ払ったから、ホテルに帰ろうとタクシー拾って、2~3分乗ったところでおかしなことに気づいた。

なんかタクシーの運転手がずっと小声でブツブツ言ってるのね。最初はこっちに話しかけてるのかなと思ったんだけど、面倒だから聞き流してた。
続きを読む

山奥
07/07/03
会社の60才になる上司に聞いた話です。(上司は現場から叩き上げの人)

20代の頃、九州のとある山奥の現場に入ったところ、当時の現場監督の命令で近隣の民家に工事の説明をしに行くことに。

民家といっても山あいの部落で(集落、という意味です)民家はポツンポツンとあるような地区だった。

上司は地図を見ながらある家を尋ねた。玄関に入り家人に呼びかける。
続きを読む

タクシー
11/06/21
以前勤めてた会社で九州に出張したときのこと。

泊まってたホテルの近くの繁華街に、夕食をかねて一人で飲みに出かけたんよ。

で、その帰り。ほどほどに酔っ払ったから、ホテルに帰ろうとタクシー拾って、2~3分乗ったところでおかしなことに気づいた。

なんかタクシーの運転手がずっと小声でブツブツ言ってるのね。最初はこっちに話しかけてるのかなと思ったんだけど、面倒だから聞き流してた。
続きを読む

ロバ

15/07/20
もう十数年前の夏、父の里帰りにつきあった時の話。

父の故郷は九州の山奥。周囲を青々とした山に囲まれた見渡す限りの水田地帯。

夜になり、親戚、近所のお馴染さん、父の旧友などのメンツで飲み会をしていると、さらにもう一人の客が訪れた。

「父くんが帰って来てるって聞いてね」

「お~!大口ヨッちゃん!元気だったか!!」

父にそう呼ばれ、父と親しげに肩を叩き合うその客の口は確かに大きかった。逆三角形の尖った顔立ちに、笑いジワの目立つ大きくて薄い口。欧米人のようなシャープな印象だが背は小さかった。
続きを読む

1e229eb6-s

437 :私恨号複座式:03/03/04 23:17
『ゆびきりむら』の話。
これから書く話は、今から二十年以上昔に、TV番組『ウィークエンダー』にて紹介された事件です。
(って、齢がバレるなぁ・・・)

昭和五十年代にその事件は起こった。
場所は九州の、かつて炭鉱で栄えていたが、鉱山が閉鎖されてすっかりさびれた村。
そこで一人の男が、農作業中に誤って草刈り機で自分の足の指を切断してしまった。
これだけなら日常の範疇で、よくありがちな話なのだが、
この出来事を境に、急にこの村では不思議と、村人達の手足の欠損事故が頻発するようになった。
続きを読む

e5015c1b

さげ:03/05/22 00:23
当時学生だった私は、Aという友達とよく放課後に残っては、下らないダベリを繰り返してました。
部活なんか入ってなかったので。
まぁ、私もAも恐い話が好きなほうで、よく恐い話を仕入れてきては楽しんでいました。
たまに女子も入ってきてキャーキャー言いながら、放課後の夕暮れの時を過ごしたものです。

続きを読む

2

313 :本当にあった怖い名無し:2006/01/06(金) 22:50:24 ID:GOF23V3BO
九州にあるH港って港に(名前とか伏せた方がいいのかな)、中学のときの美術の授業のスケッチで行った。
友達と自分は二人で、たまたま泊まっていた船の絵を描いていた。

ふと目の前の海を見たときに、不自然に海の色が黒いところがあった。
「あれ何?」
自分が友達に話し掛けると、友達は突然立ち上がってそこに石を投げつけた。
黒い所はゆっくりとこちらに近づいてきた。意外にでかかった。
「鮫?鮫っぽいね」
そのときは自分も友人も、なんで鮫がいるんだろう、くらいにしか思ってなかった。
しかし黒い所がこちらに近づくにつれ、段々恐くなってきた。
そのときは単純に、鮫に殺されることの恐怖しかなかった。
自分達は、とりあえず先生を呼んだ方がいいかと思い、立ち上がった。

続きを読む

af7783d8-s

664 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 03:02:11 ID:lPOBz49J0
オレは九州の山奥で、砂防ダムをつくってる。
泣きたくなるような職場なんだが、おふくろは半分寝たきりだし、兄貴はちょっと頭がアレで、
二人とも会社の寮にオレと住んでる。
辞めるに辞められない状況なんだわ。

一日十一時間働いて、休みは週一回。月給十万八千円。
寮費が四万五千円抜かれて、昼飯が九千円天引き。
あと、管理費とかいう良くわからんのが、二万円取られている。

続きを読む

a1908cce-s

239 :本当にあった怖い名無し:2007/02/06(火) 17:25:41 ID:nXs+8HdLO
自分は今まで心霊体験なんか全くなく、30数年を過ごしてきました。
今から6年前の4月、仕事で博多に長期出張の間に経験した出来事です。

自分にとって初めての長期出張。
仕事は営業マンでけっこう給料も貰っており、住まいも博多駅から歩いて5分。
全○空ホテル斜め前の交番を少し入った公園の向かいのマンション。
立地もいいし家賃はほぼ会社持ちで、とにかく毎日のように浮かれて、
中洲や博多駅近辺で呑んで騒いで、福岡を満喫していました。
その頃自分は、携帯の出会い系サイトや伝言ダイヤルみたいのを使って、
『東京から来ました、友達になりませんか』みたいな書き込みを散々して、
新しい土地での出会いや遊ぶ為に一生懸命。
そんな引っ越して間もない頃に知り合ったK子。

続きを読む

SnapCrab_NoName_2023-2-15_10-39-48_No-00

693 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 19:36:38 ID:xMgTKN3U0
俺の親父の実家がある村の話。

父親の実家、周囲を山にぐるっと囲まれた漁村(もう合併して村ではないけど)なんだ。
元の起源は、落ち延びた平家の人間たちが隠れ住んだ場所で、それがだんだん村になっていった感じ。
まぁそんなこと、村で一番の年寄りの爺さんがガキンチョに聞かせるだけで、ほとんどの人間は意識していない。
若い子とかは、知らない子のほうが多いくらいだ。

0 続きを読む
×