パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

不気味

ホラー
06/07/25
初めて書き込ませていただきます。

3年程前なんですけど、オートバイで事故って臨死体験したんです。それも良くある臨死体験ではなくて、気持ち悪いんですよ。こんな人っているんでしょうか…

その場所はとにかく衝突事故が多かったみたいですが、案の定自分も事故を起こしてしまいました。

最初に説明しましたが、僕の臨死体験とはこういうものです。
続きを読む

ベクシンスキー
11/11/01 21:34
先週、世田谷で仕事サボリながらジャグ打ってたらすごいニコニコした中年中肉中背のスーツ着たおっさんが隣に座って1kでガコ!

『おぉ…』と笑顔から一瞬目をまるくして、すぐにまた笑顔に戻った。しかしそのままランプ光らせたまま1分くらいずっとニコニコして台を見ている。

俺が不思議そうに顔を見ると、クルっとこっちを見て、笑顔がだんだんなくなり、鬼のような顔になり

『君、こんなとこでなにしてんの』

と言われた。
続きを読む

のっぺらぼう
12/09/02
以前勤めていた会社で、年配の女性社員の方から聞いた話。その人が若い頃のことなので、今から数十年も前のことなのですが。

休暇で友人と旅行に行ったときに、ある登山グループの一行と出合ったそうです。一行は7人(ちょっと記憶が怪しいです)の若い大学生のグループで、そのうち女の子が1人だけいたそうです。

登山グループと女性社員のグループは電車の席が隣り合わせになったので、しばらく楽しく談笑したり、お菓子をあげたりして過ごし、降りるときには

「じゃあ気をつけて行って来てくださいね」

と、明るく手を振って別れたそうです。
続きを読む

笑顔
15/08/30
独身だった数年前、葬儀会館に勤めてました。

お通夜の後、翌日のお葬式までのひと晩は、亡くなった方と親族がひかえ室で最後の夜を過ごすのが慣例です。

社員もひとり会館に残って、夜勤あつかいになります。

私が夜勤に当たったその晩、ひかえ室に入っていた喪家(そうか)は、一見ごく普通のご一家だったと記憶しています。

お通夜にはそこそこの人数が弔問(ちょうもん)に来ていたし、その後の親族が集まる会食の様子にもおかしな所はなかった。
続きを読む

日本人形
13/10/22
もう何年か前の事になるんですが自身の体験談になります。

その時は仕事の都合で友人の家に一泊お邪魔する事になっていて夕方友人と会う事になっていました。たしか17時ちょっと過ぎた頃だったと思います。

合流しすぐに友人宅には向かわず街に寄って早めの夕食をとってから街を軽く散策しながら、お互いの近況について話しつつ友人宅へ。

たしか19時前くらいだったと思います。日も暮れて暗くなった頃に友人宅へ到着。乗り物は使わずに街からそのまま徒歩で。

友人宅は昔ながらの古風な家で立派な作りでした。お邪魔するのは今回初めてで、門を開けて敷地内へ通されました。友人は祖父母と3人で暮らしており、少し広すぎると話してました。
続きを読む

廃墟
16/12/29
こんにちは。先月俺が体験した実話です。

ウチの近所には昔から誰も住んでいない家がある。

何かいわくがあるとか、特に怖い見た目の家じゃなかったから、お化け屋敷などと近所の子供たちから噂されることもなかった。

普通によくあるタイプの昭和の日本の家って感じ。ただ、なんとなく暗い雰囲気はある。

その日の朝、友達の家に遊びにいく途中その家の前を通っていると、目の端に何か映った気がしたんでその家の方をなんとなく見たんだ。
続きを読む

鬼百合
13/02/04
夏休みに嫁の実家に遊びに行った時の事なんだが。

田舎なので何もする事がなく、義父と居間でテレビを見ていたら義母が気を利かせてビールとツマミを持って来た。

まだ昼を過ぎたばかりだったが、義父は当たり前のように

「さあ、やろうや」

と笑顔でビンをかたむける。
俺も好きな方なので

「いいっすね、じゃ僕が」
続きを読む

ボート
13/08/31
子どもの頃の話なんで幻想が入り混じってるのかもしれないけど、妙に記憶に残ってる出来事。

ただ、文章にするために無理に記憶を掘り起こして話を組み立てたから、実際とは違ってる部分もあるかもしれない。

たぶん小学校の中学年ぐらいだったと思うけど、親父とボートにのってた。今は半分以上埋め立てられてしまったけど、当時は城跡公園をぐるっとお堀がとりまいていて、貸しボート屋があった。

親父は県庁に勤めていたからたぶん日曜のことだと思うけど、母親はそのときはいなかった気がする。日差しがまぶしく暑かった日だった。
続きを読む

不気味な女
13/11/14
私が体験した不思議な話。

小学3年の夏、毎日のように遊んでた近所の友達が引っ越すことになったんだ。髪の長いかわいらしい感じの子で、離れるのが悲しくて泣いたのを覚えてる。

引っ越しの前日、お別れのお手紙と、彼女のために買ったヘアピンを持って、よくお邪魔していたお家へとむかった。

私「〇〇ちゃーん、いるー?」

?「はーい!」
続きを読む

ダム
12/12/29
俺、ダム好きでね。休日になるとデジカメもってダムの撮影に出かけるんだわ。そんでもってその写真でブログもやっている。

その日出掛けたのは、N県のとある超有名な国立公園に行く途中にあるダムで、ダムが3つと1つの取水堰(しゅすいぜき。ダムの小さなものと考えておいて)がある。

順番的には下流から、取水堰→ダムA→ダムB→ダムCという順番。

国道を飛ばして取水堰に到着。着いたのはお昼前かな。そして、デジカメのファインダーを覗きながら写真を撮り始めた。

堰の全体図、水門などなど構図を変えながら写真を撮る。そんでもって、取水堰だから、水路に水を引くための水門がある。
続きを読む