パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

三途の川

sunset-3156440_1920

855: 1/3@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 15:28:33.73 ID:y7OiALeV0
臨死体験的なものをした話。

元々胃痛持ちで、十二指腸潰瘍を患った時に普段の胃痛だと思って我慢し過ぎてこじらせて、ぽっかり穴が空いてそこから胃酸が漏れてたとかで死にかけた事がある。

気づくと黄色いでろっとした水の中に立っていた。
水の高さはへそ上くらい。普通に服は着ていて、濡れて絡みつく感じが不快だった。
割とすぐそばに陸地が見えていた。けど地上には何にもない。地平線。山っぽい凹凸はあった。
逆側にも遠く岸のようなものは見えてたけど、霞んでよくわからなかった。
続く空も黄色っぽくて、重たい感じ。

ついさっきまで痛みでのたうち回ってたから、ああ、俺死んだのかなあって思った。
多分これが三途の川なのかなぁとか考えながら、どうしたらいいのかわからなくて、暫く呆然としてたと思う。
ズボンを引っ張られた。
続きを読む

island-472351_1920

817: 本当にあった怖い名無し 2013/12/11(水) 00:06:29.57 ID:MRJqgVR60
俺が保育園に通ってた頃、交通事故に遭った。
道路を渡ろうと思ったら、たまたま路上駐車してあった車が死角になっていて、その脇を通ったハイスピードで走る車に思いっきりはねられた。
車のバックミラーがふっとんだほどの強い衝撃すべてを前頭部に喰らった俺は、即座に病院へ搬送された。

今でもはっきり覚えているんだが、その時俺は夢を見たんだ。
大きな川のそばに俺がいた。足元は石ころだらけの川の横に。
続きを読む

YAMAPAKU_MINZOKU04_TP_V

486 :本当にあった怖い名無し:2006/02/27(月) 12:09:17 ID:Ix3AYU+a0
ここで一昨日旅行先の温泉での出来事を語ってみる

一昨日家族で京都の温泉に宿泊しにいったときの事です
双子の妹と母親と温泉に入っていたんですが
温泉からあがって脱衣所のロッカーに行こうとしたら脱衣所に入った所で気を失ったんです
続きを読む

幻想的

608: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/28(木) 23:20:31 ID:rllvCNJn0
あんまり不思議体験したことないから、霊感が強いとかいう人の話も又聞きだから大して信憑性を感じなかったんだけど
叔母が、一応霊感が強いという噂だったので、直に話を聞いてちょっと怖くなった。

叔母の息子夫婦、俺から見れば従兄なんだけど、
結婚して6、7年ずっと子供ができなくて悩んでいた。
で、ある日、叔母が夢を見た。
三途の川みたいなところにいて、向こうから7年ほど前に亡くなった祖母(叔母から見れば母)が
ジャブジャブと歩いてきた。
続きを読む

池

34: 本当にあった怖い名無し:2011/06/01(水) 11:37:53.12 ID:p7E8DGUJ0
幼稚園の頃、うちのタマしりませんか?というキャラクターが好きで、
よくグッズを買ってもらっていた。

家族でキャンプに行った日のこと。
両親やお兄ちゃんは食事の支度をしていて私は暇を持て余していた。
すると、木の蔭からなにかが手招きしている。ひょいひょいと。

タマだった。リアルタマ。タマっぽいんじゃなくてあのまんまの絵柄で存在するの。
私はとてもテンションが上がり、タマの方へ駆け寄った。タマはタッと走り出した。
タマはどんどん奥に行き、私は追いかけた。
続きを読む

三途の川

243: 本当にあった怖い名無し:2011/07/06(水) 02:15:53.47 ID:Ocnfqx1R0
母は幼い頃両親を亡くしていて、だから私からすれば祖母になるそのひととは面識はない 
母の母親の臨終の際には姉弟が集まって、とりとめもない話をして過ごしていたそうで、 
昔の話だから病院などへは行かず、家で最期を見守っていたそうだ 

元々明るい家系だから、しんみりすることもなく過ごしていたら、突然寝床の母が目を覚まして 
「あんたらがうるさくするから戻ってきてしまった、向こう岸にお稚児さんがぎょうさんおって 
楽しそうやったのに……」 
と言ったそうだ。 
そうしてしばらくしてから母親は亡くなったらしい。 
続きを読む

異世界

09/05/20
これは昔知人から聞いた話。 
知人が中学生の頃、1学年上の先輩が(女の子、Aさんとします) 
体育の授業でバレーボールをしている時に 
突然目の前が真っ暗になった。 
しばらくして気がつくと、どんよりした曇り空で霧が立ち込める、ただただ広く一面荒れた荒野の様な場所に立っていた。 

独りぼっちが寂しくて、あてもなく歩いていると後ろから話し声が聞こえてきたので振り返ると 
自分と同世代くらいの制服を来た女子2名が歩いてきた。 
人を見つけたのが心強くて「良かった~誰かいないかなと心細かったの」と話すと 
「え~私達あっちに行くんだけど、ついて来る?」て言うので 
同行し、聞くと同じ中学3年生と言う事が分かり、大変仲良くなり道中をキャッキャッとはしゃぎながら歩き、川原に着いた。 
続きを読む

臨死体験

17/07/11
月並みだが三途の川を見た体験談を。

小学生の頃、うちの学校では(も?)プロレスが大ブームだった。

当然のようにプロレスごっこが流行り出し、あちこちで技をかけたりかけられたりの光景が見られた。

クラスのリーダー的存在な人は、体育館の巨大マットを占有しタイガーマスクよろしく空中戦に夢中。

それ以外の者は主に関節技の応酬に興じていた。

今では考えられないことだが、なんせ体が柔らかくて非力な小学生同士のこと。

サソリ固め、卍固めとどんな技繰り出しても痛くないので、これが遊びとして十分成立していたのだ。
続きを読む

黄色い世界
15/05/03
臨死体験的なものをした話。

元々胃痛持ちで、十二指腸潰瘍を患った時に普段の胃痛だと思ってがまんし過ぎてこじらせて、ぽっかり穴が空いてそこから胃酸が漏れてたとかで死にかけた事がある。

気づくと黄色いでろっとした水の中に立っていた。水の高さはヘソ上くらい。普通に服は着ていて、濡れて絡みつく感じが不快だった。

わりとすぐそばに陸地が見えていた。けど地上には何にもない。地平線。山っぽい凹凸はあった。逆側にも遠く岸のようなものは見えてたけど、かすんでよくわからなかった。続く空も黄色っぽくて、重たい感じ。

ついさっきまで痛みでのたうち回ってたから、ああ、俺死んだのかなあって思った。
続きを読む

臨死体験

03/03/12
この前、臨死体験しました。工事現場で鉄パイプみたいなのに頭打って気絶したんです。

よく、臨死体験って、お花畑が見えるってあるじゃないですか。あれ、ホントに見えるんです。しかも、通称「三途の川」でしたっけ?それらしき川も流れてるんです。

それで自分は荒れた褐色の大地に立っていて、川を挟んで向こう側にきれいな黄色いお花畑があるんです。向こうでは、自分の懐かしい友達や家族などがたくさんいて、こっち側は俺一人だったんです。

そしてみんな俺に手招きしてるんです。けど自分は分かってました。「ここで行ったら死ぬな」と。なので、自分は振り返って、向こうの黒い穴を目指して必死で走ったんです。
続きを読む
×