パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

マヨイガ

5

15/03/08

「すいません、この辺に洋館があるのですが、どこか知りませんか?」

買物途中、私の母は呼び止められた。

振り返ると老紳士といった雰囲気の人が立っていた。彼はこの近所にあるという洋館を探していた。

彼から聞いた話をまとめると、その洋館は「思い出のマーニー」に出てくる湿地屋敷みたいな感じらしい。

いかにも洋館といった感じの立派な家だそうだ。しかし、うちの近所でそんな建物に心当たりはなかった。
続きを読む

山の中の家
13/07/14
ふと思い出したので書かせてもらう。

小さい頃、両親の仲が悪くて俺は母方の祖父母に預けられてた。子供が少ない村だったから一人で遊んでたんだ。

5歳くらいの秋だったと思うけど、いつものように婆ちゃんの昼飯食べて近くの野原で遊んでたら、ボールが草むらの中に入っちゃって、追っかけて行ったら迷ってしまったんだ。

草むらって言ってもすぐ近くに山があったからその中に入って探しに行ったんだけど、どうしてもボールが見つからないんだ。
続きを読む

茅葺き屋根

20年ほど前、俺が実際に体験した未だに信じられない話を書こうと思います。

というのも、俺の周りには超常現象的なものに詳しい人物が全くいないので、今から書く出来事を一体どう解釈したらいいかわからないからです。

大学生の頃、俺は本当にどうでもいい日々を送っていた。夢も目標もなく、部活やゼミやサークルにも所属せず、ただひたすら漫然と過ごす怠惰な生活。

やることといえば、そんな俺と同じような目的のない仲間、KとSとドライブすることだったがそれにも次第に飽きて、どうせドライブするなら廃道を探索しようと誰ともなく言い出した。

廃道とは、使われなくなった道路や閉鎖された道路のことを指すらしいが、俺達はあくまで車でいける範囲でしか行きたくなかった。

なので、閉鎖された道路と言うよりは大きい道路ができたために使われなくなった道路とか、どこにつながってるのかわからないような細い脇道を、Kの所有するジムニーでドライブするだけのものだった。
続きを読む

黄泉の国

287:
黄泉還り?[sage]投稿日:2010/06/27(日)00:16:09
ちょっと妙なことになってしまって、私もどうしたらいいのか・・・。

私が小学5年生になった時のこと。クラス替えで一緒になった子と仲良くなり、一緒に帰るようになりました。学区の関係で、同じ方角に帰る子が少なかったので嬉しかったのを覚えています。

それである日、その子に山を通り抜ける裏道を教えてもらったのです。

私が住んでいたのは鎌倉で、名前は分からないのですが学校の近くに山があり、通学路はその山を削り取って作られた道路沿いにありました。
続きを読む

マヨイガ

152 :本当にあった怖い名無し:2012/12/31(月) 02:36:51.19 ID:trb9nl9d0

うちの地方に昔あったという言い伝えで、たぶん「マヨイガ」系の話だと思う


中学校で剣道部だったんだけど、夏休みの合宿で町のお寺を借りて泊まったときに五十年配の住職が寝る前に本堂に部員を集めて話してくれた


・・・昔々、村の百姓はふだんは山に入ることはあまりなくて
炭や木細工、鳥獣肉なんかは必要があれば山住みの者から野菜なんかとの交換で手に入れてた
続きを読む