視線
12/02/22
私はビジネスビルの二十階で仕事をしている。

昨日の夕方、一日の仕事を終えてエレベーターホールへ向かった。

やって来たエレベーターは上の階で乗り込んだ人達ですでにかなりいっぱいになっていたけれど、何とか一人乗れるスペースがあったので乗り込んだ。

私の立ち位置はちょうどエレベーターの左右の扉の合わせ目の真ん前。扉はピカピカに反射する素材で出来ていて、振り返らなくても自分の背後が見て取れる。
続きを読む