パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

ドッペルゲンガー

幽霊

537:09/07/02
昔から自分がもう一人目撃される 
高校のときは学校遅刻して行った日に朝みたよと言われたり 
休んだ日にチャリで登校するのが見られたり。 
そのころはチャリの色も派手だったし制服が自由な学校で髪もセーターの色も派手だったから間違えにくいとおもう。 
続きを読む

ed66f5d8

09/06/06
えっと・・・。最近体験したことを書きます。 
下手なうえに長いので嫌な人はスルーしてください。 

お昼ごろ学校の屋上でべんとうを食ってたら同じクラスのFが来た。 
その時は別に何とも思わなかったんだが、ふと下を見るとFがいた。 
「ええええ!?」と思ったと同時に「あれ?これドッペルゲンガーなんじゃね?」 
とすこしワクワクしていた。 
なんとなくオレは屋上のFに話しかけた。 
俺「F、お前なにやってんの?」 
F「落し物探してんの。」 
続きを読む

狂気

09/05/29
小学生の頃の話。 
父は仕事から帰ってくるといつもバトミントンクラブへ出かけていく。 
その日もすぐに出かけていった。 
母と祖母は台所で夕飯の支度をしていて、私は一人で暇だったので 
お絵かきをして遊んでいた。 

すると、10分もしないうちに父が帰ってきた。 
いつもなら2時間は運動してくるので、きっと何らかの 
事情で中止になったんだろうと思って「おかえりなさい!」と挨拶した。 
でもガン無視。あれ?と思っている間に、何故か 
テレビのチャンネルを変えてまたさっさと出て行ってしまった。 
続きを読む

ドッペルゲンガー

892:09/05/14
ネタじゃなく本当に今日起きた話を書きます。 
自分でも信じられないけど…。 

自転車がパンクしてて金欠なので、バイトの給料が入るまで徒歩で移動してる。 
それで今日駅まで歩いてる途中、自転車屋の前を通った時にガラス越しに中を見ると高校生が椅子に座っていてどうやらパンクを直してもらってるようだった。 
自分が卒業した高校と同じ制服だったから、もしかしたら知ってる後輩かも(去年卒業したばかりなんで)と思ってよく見たら心臓が止まりそうになった。 

その高校生は自分そっくりだった。 
というか自分だった。 
そして自分と同じ携帯をいじっていた。 
立ち止まろうか一瞬迷ったけど、何故かその時ダメだと思ってそのまま歩いて自転車家の前を通り過ぎた。 
続きを読む

女

09/04/12
私は家で母に話し掛けてたつもりだったけど母じゃなかったってのある。 
髪をやたら弄っていて横向いたままこっち見ようともしなかったからまぁいいかって自分の部屋戻った。 
んで、夕飯で呼ばれてさっきの何故無視したのか尋ねたら母はキョトンとしてた。 
母は今までずっと隣の家の人と立ち話をしていて夕飯だからと帰ってきたばかりなんだと。 
続きを読む

オカルト

12/02/04
誰か助けて 
怖いんだけど…簡単にまとめる 

今は23なんだが昔高校生の頃居酒屋でバイトしてたんだ。そん時バイトしてた居酒屋の近くのパチンコ屋で「お前(俺)を見た」って言うお客さんが何日間何人も来たんだ。 
だけど俺はスロット打った事はあれどそのパチンコ屋に行った事は一度もない。最初は顔が似てる兄とみんな間違えてると思いきや兄は行ってないと言う。 
んで気になったし未成年だけどパチンコ屋に入って、打たずにうろうろしてそいつ(俺のそっくりさん)を待つのもアレだし、帽子深くかぶってダラダラ打ってたんだ。
続きを読む

狂気

10/07/13
自宅から2キロ程度離れたところのお医者へ祖母を迎えに行った時の話。 
祖母は最近足腰が弱ってきたので、痛み止めのための注射を掛かり付けのお医者へ行って打ってもらっている。 
私はその日祖母を病院へ送ってから買い物へ行った。 
10時30分に予約してあって帰りは12時くらいになるかもしれないと言っていたから、十分に余裕を持って買い物ができる。 
本屋で雑誌を立ち読みしたり薬局で薬やサプリメントを買って店を出ると11時40分を過ぎていた。 
お昼ご飯にたこ焼きでも買っていけばちょうどいい時間に病院に着けそうだ。 
続きを読む

女

08/10/11
今から10数年前の事なんだけど、当時俺はホストでそん時付き合ってた彼女の家に転がり込んで二人で住んでたんだ 彼女は普通のOLだったから生活のリズムは夜型の俺と逆の生活、俺はいつも一人で昼間彼女のベッドで寝てたワケ… 

そんなある日俺が一人でいつもの様に寝ていると、寝室の入口に彼女が突っ立ってた 時間は15時くらい、まだ眠たかった俺はあまり気にせず、無視して寝なおそうとしたんだが、あまりにも彼女が無表情に立ってるんで、一言何か声をかけたんだが返事はなかった…

眠さに負けて寝なおしたんだけど、小1時間くらいして起きてみるともういなくて、扉だけ開けっぱなしだった 時間的に会社のハズなのにな~なんて思い出しながら、俺は仕事に出かけた 次の日彼女になんで昨日家に帰ってたのか聞いてみたけど、帰ってないの一点張り… 
続きを読む

京都

504:08/10/06
高校の修学旅行で京都に行った時、信号が青になったので横断歩道を渡ろうとすると、いきなり友人達が騒ぎ出した。
なになに??と聞くと、あんたがもう一人いる~!!と、信号待ちの車を指差して言った。
はぁ~?何言ってんの?と指差した車を見ると、後部座席に座っている女性もこちらを見て騒いでいた。
顔をまじまじ見ると、本当に私がいた。運転手は当時付き合っていた彼氏と同じ顔だった。
信号が変わってしまって、その車は行ってしまったが本当にびっくりした。
続きを読む

病院

16/10/30
病院であったこと。

そもそも、私は霊が見える人ではないと思っていた。

これぞ幽霊というものは見たことなかったし(人ではなく物ならあったが)、音や引っ張られるということがほとんどだったからだ。

でも、本当に見えていないのか、それとも気付いてないのか分からなくなった話。

私の勤めていた検査室の廊下をはさんだ向かい側には放射線室があった。

検査室に入るときに放射線室が少し見えるのだが、昼休みから帰って来たときB先生がその放射線室のパソコンの前に座っているのが見えた。

続きを読む