不気味

12/02/15
大学病院に勤めていたインターン時代、一度だけ仕事中に腰を抜かしたことがある。 
深夜、凍死したホームレスの解剖を手伝った時のことだ。 
凍ったままでは解剖できないから、私は遺体にお湯をかけ、15分ばかりマッサージに専念した。 
すると、遺体が「ゲフッ」とゲップしたのだ。 

マッサージで肺が刺激されたためで、これだけならそう珍しいことではない。 
だが、遺体の右腕がすうっと5センチばかり持ち上がったのには驚いた。 
温まって硬直が解け、腕が下がるのなら分かるが、上がるというのは理論的にあり得ない。 
ドクターに報告すると、「筋反射だろう」という。 
続きを読む