パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

オカルト

592a8af6-s

796:首なし地蔵:2010/02/18(木) 10:51:09 ID:qHWiZd6Y0
小学生の頃、近所の公園で毎日遊んでくれたお兄さんがいた。
その人は皆から『セミの兄さん』と呼ばれていて、
一緒にサッカーをしたり虫取りをしたり、どんな遊びにも付き合ってくれた。
自分はその頃、都会から転校してきて間もなく、そのお兄さんのことをほとんど知らなかったのだが、
遊べば遊ぶほどに、不思議な雰囲気をもつ人だなと思った。
すごく物知りだなーと思う時もあれば、え?こんなことも知らないの?と驚くこともあった。

0
続きを読む

cd120e8f-s

27 :本当にあった怖い名無し:2009/09/06(日) 19:00:53 ID:rYkHSOAHO
俺はオフロードバイクでソロツーリングするのが趣味だ。連休には良く一人で遠出する。
今年のお盆休みに九州の南端目指して、三泊四日の予定でツーリングに出発した。
もちろん、高速道路をひたすら走って目的地に着いても面白くない。
途中に絶景ポイントや美味しそうな林道を絡めつつ走るのだ。

一日目は主に高速を走る。エンジン快調。
時速100キロ越えると、以前のクラッシュの影響か若干前輪がブレるがまあ大丈夫。福岡の友人宅に泊まる。

続きを読む

c64fe68d-s

252 :呪われてる1 ◆lh3REEGwNw :2009/12/28(月) 13:51:10 ID:3/eWtlpR0
取り敢えず、子供の頃の話。
今は都会へ引っ越してきてるんだが、子供の頃は村?(っていうか集落かもしれない)に住んでたときの話。

俺んちの裏には山が在った。なんの変哲もないただの山なんだが、詳細はそうでもなかった。
その山は、村で「呪われている」と噂されてたんだ。
だから両親や祖父母からは、「絶対に行くな」と念を押されたし、俺も流石に行かなかったんだ。

続きを読む

3e82f559-s

530 :本当にあった怖い名無し:2010/07/22(木) 01:22:38 ID:Py3Z2MhG0
おおいさんの話

おおいさんってのが何者なのかわからんけど、俺の地元のコンビニバイトの間ではかなり有名。
「おおいさんって名乗った客が来たら目を合わすな」
っていう先輩からの指示を受けてコンビニでバイトをしていた俺は、
それを数日間は覚えていたものの忘れてしまってた。
3ヶ月ぐらいたって結構慣れてきたときに、後輩が入ってきた。
後輩に仕事を教えて、結構楽できるようになった。

続きを読む

ee1d352e-s

5 :本当にあった怖い名無し:2010/07/28(水) 11:33:22 ID:PYXx9DOM0
祖父が戦争中に中国で経験したという話。

日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父のいた中隊は中国の山間の道を南下していた。
ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事になった。
(多くの兵は野宿だったので、屋根があるだけ上等だったらしい)

真夜中に馬が騒ぎ出し、灯りをつけてみると、
天井から身体は猿、顔は老婆の生き物がぶら下がっていた。
銃を撃ったが、まるで当たらない。

続きを読む

9e00ac3e-s

212 :本当にあった怖い名無し:2010/03/13(土) 01:15:22 ID:9DpGI0OI0
バイト先の会社の寮で、幽霊騒ぎがあった。
俺は入社して1年も経たないのでよく知らなかったが、以前から気味の悪い事が起こっていたらしい。
寮に入っている社員のTさんの部屋が、特に出現率が高いそうで、俺に相談してきた。
T「この前もさ、顔洗って鏡を見たら、俺の後ろに怖い女が映ってたんだよ。
 ウワッと思って振り向いたら、まだ居るんだよ…せめて振り向いたら居なくなってほしい…」
Tさんは精神的にカナリまいっているようだ。

続きを読む

ba4a69ba-s

713:本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 11:00:02 ID:a6NFRJQK0
自分、事故にあったときに、加害者に身分証隠された。
理由は、「身元不明だったら賠償金少なくて済む」。
ただ、瀕死だったががっつり生き残ってしまったのと、
いつも使う通勤径路で事故にあったから、証言からすぐ自分の身元分かって、結局ムダだったが。

その後、加害者の親&警察が「まだ子供のやることだから」「動転してて」で、(加害者19才だった)
なあなあで済ませようとした。
断ったら、半ば脅迫になった。

続きを読む

3cc701e8-s

272 :本当にあった怖い名無し:2010/03/14(日) 00:49:05 ID:P5ay6fVK0
母方の祖母が信心深い人だった。
幼い頃、群馬の母方の家に行くと、よく子供だった自分の手を引いて山裾の神社に連れて行った。
群馬は視界に山が入らないところが無い。
母方の家は、すぐ裏がもう山だ。
近隣の墓はほとんど山中にあって、蜘蛛の巣みたいに細かな路が入り組んでいる。
金比羅様と祖母が呼んでいた神社というのは、丸太の鳥居、破れた障子、抜けた濡縁。
管理されているとはとても言えぬ有様。

続きを読む

430fc5a4-s

404 :本当にあった怖い名無し:2010/07/20(火) 20:26:32 ID:cPOOejKs0
一度だけ洒落にならない体験をしたのだけど、誰も信じてくれないからここに書く。
ついでに目撃情報も求む。

学生だった頃、毎週末一人キャンプに興じてた時期があった。
金曜日から日曜日にかけてどこかの野山に寝泊りする、というだけの面白みもくそもないキャンプ。
友達のいない俺は、寂しさを広大な自然の中にまぎれこませていたのだった。

続きを読む

7c82203d-s

878 :その1:2010/03/22(月) 20:52:40 ID:3MPNKjj60
10年以上昔の、進研ゼミの読者投稿欄にあった話。
『怖い夢を自在に見る方法』というタイトルが目に止まった。
『その方法とは、怖い夢を見たいと念じながら枕を踏んで寝るだけ。
 踏む回数によって怖い話のレベルが決まります。
 1、2回なら遊園地のお化け屋敷くらいですが、7回を超えたあたりから本当に怖くなります。
 最大レベルは10です。』
という内容だった。
ちょうど寝る前だったし、簡単に実行できるとあって、俺は枕を踏み始めた。
いきなり最大レベルを見てしまうのもつまらないと思い、9回で止めて寝ることにした。

続きを読む
×