パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

オカルト

病院
10/08/14
一年ほど前の話です。

当時私は、とある病院で働いていました。とはいっても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているのでリハビリ科のほうで。まあデスクワークっぽいものです。

患者さんたちとももちろん話しますが、多くはお年寄り、入院患者さんがほとんどでした。

私の仕事でも一番大切なのは、監査の準備です。主任が主にチェックをするのですが、どこの病院もそうであるように、監査の前はたいてい泊まり込みで膨大な資料をチェックして補足します。
続きを読む

東京チカラめし
13/03/13
おとといくらいかな、川崎でオールナイトイベントがあったんだよ。

で、イベント終了時間と始発が微妙に噛み合ってなくて、とりあえず飯でも食うかってチカラめし入ったんだよ。

客はおっさんが一人座ってるだけ、早朝だしね。そして食券かって待ってても店員が注文取りに来ない相変わらずのクソクオリティ。

よくみたら向かいのおっさんも座ってるだけでテーブルに何ものってない。

イラッとして店員呼んで、嫌味たらしく「あのおっさんの注文はとったの?」って聞いたらおっさんいなくなってんの。
続きを読む

ドアスコープ
13/04/03
私が小学生のとき、父と母と弟である団地に住んでた。

一日中雨がすごくて雷もゴロゴロとうるさかったある晩、トイレに行こうとした母が突然あわてた声で

「玄関の前に誰かいる」

と父を叩き起こした。その声で起きてしまった私と弟に

「あんたらは部屋におり」

と言い父を先頭に母と二人で玄関に向かった。父が恐る恐る覗き穴を見ると、そこにはギャルが一人ケータイをいじりながら階段の一段目に座ってた。
続きを読む

アパート
13/04/15
昨日、にわかに怖くなったことがあったので、初めて書き込みを。

自分は、男子学生寮に住んでいるのですが、この春、隣室の迷惑な若者が引っ越していきました。

毎晩部屋に同じ友人を呼んで、騒いだり口論したり楽器を弾いたり、休みの日は歌ったりと、とにかくうるさい住人だったんです。

で、大きな寮なのですが、他にも迷惑だと感じた住人がいたようで、去年のある日管理人に投書があったらしく、そのことで隣室の自分が管理人さんからこっそり事情を聞かれました。見せてもらった投書には、
続きを読む

女性
13/06/29
二十歳の時、朝に庭の水やりをしてて、ホースに足を引っ掛けてしまい、近くにあった植木鉢を置く台?に胸を強くぶつけた。

ものすごく痛くて、声も出なくてうずくまってたらだんだん脂汗が出てきて、ボーっとしてきて意識がなくなったんだけど、気づいたら夕方になってて家の中にいた。

家の中っていっても自分の家じゃなかった。他人の家の匂いがしてて、私は着たことない部屋着を着て広いリビングのソファに座ってた。

え?え?何??誰かに連れ去られた??と思ってたら、ぬいぐるみ持った小さい女の子が来て、「一緒に遊ぼう」って言うの。
続きを読む

夜道
15/10/05
最近オカルトにはまって、まとめサイトとか読み出した。そこで時空のおっさんを知り、そういえば…と思い出した話。おっさんじゃないんだけどね。

高校の帰り道、その日は1人だった。もう日が暮れてた。でも幹線道路沿いには各種外食産業やらお店があるし、幹線道路から外れても住宅がずらりと並んでる。

もちろん街灯もあるから真っ暗になんかならない、怖くもない、そういうところ。で、幹線道路沿いに帰ってもいいんだけど、人も車も多いから、いつも幹線道路から外れた道を通ってた。
続きを読む

石、水
14/05/06
ゴールデンウィークに孫たちが帰省しなかったことへの寂しさからか、祖母が電話口で興味深いことを言ってた。

子供というのは何かに執着を見せるものだ。その対象は、水、火、石だ、と。男児に多いとも言ってた。

それぞれに危険があり、その子が何に執着をみせるのか知るためにも、田舎があるものは子を連れて田舎で生活する時間を持つべきだ、みたいなことを言ってた。

とりあえず一番危険なのが水に執着する子。そういう子は用もなく川なんかに出かける。理由はわからない。呼ばれる、という言い方をすることもある。
続きを読む

妖怪おとろし

13/04/06
中学生の頃、家が近いのでいつも学校から一緒に帰る友達がいた。ちなみに自分は女、友達はユキ(仮)といって、幼なじみの女の子。

中学から家までは、大体歩いて三十分ぐらいの距離だった。帰るには色んなコースがあって、今日はこっちから帰ろうとかあっちから帰ろうとか、バリエーションを楽しむのが日課だった。

私とユキは部活も一緒で、その日も部活終わりに二人で帰路についていた。季節は秋で、まだ夕方と呼べる時刻だったはずだけど、辺りは暗くなり始めてた。

日が沈んだ直後の、空気が青い時間帯って言ったら分かるかな。いわゆる逢魔が刻(おうまがとき)ってやつ。
続きを読む

砂かけ婆

2012/07/10
大分の俺が住んでた地域では誰もが知ってる話。

夜19時から深夜にかけて、ほぼ毎日ご近所の家のチャイムを鳴らして「こんばんわー吉岡でーす、お届けに参りましたー」

って言って去っていく通称チャイムおばさんって人がいた。

お届けに、なんて言ってるけど別になにかお仕事とか親切でなんか届けてるわけじゃなくて、おそらく病気でそういう行動してるんだと思う。

まぁ皆「また今夜もきたか…」くらいな感覚でいつも無視してるし、ウチもそんな感じで無視してた。

朝にはチャイムおばさんが昨夜お届けしてくれたであろう結構な量の砂が玄関にぶちまけられている。

まぁこのお届け物はランダムで、大量の葉っぱとか石とかたまにお菓子なんかもあって、学校では今日はなにが届けられてた~、だのまた砂だったわ~、などで盛り上がったりもしていた。
続きを読む

心霊映像

125:
sage[]投稿日:2010/05/23(日)22:18:25ID:o6uyLqJd0
洒落怖でいいのか分からないけど・・・

誰に聞いても知らないと言われてしまうことなので、その時感じた恐怖は本物なので一応書き込んでみる。

本当にあった呪いのビデオ(以下本呪ビデオ)ってあるのはみんな知ってると思うけど(ほぼ捏造されたものらしいけど)

第一作目が、地上波で放送されたのって知ってる人いるかなぁ?放送されたのは、大体俺が中学1年生ぐらいだったころだったと思う。

MMRとか、怪奇クラブとか、オカルトブーム世代だった俺は、新聞欄で深夜に本呪ビデオを放送することを知って、予約録画した。

次の日は、休みだったんで早速見たが非常に怖くて面白いものだった。女の笑い声を検証するところなんて最高に面白かった。
続きを読む