パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

オカルト

怖い笑顔

18/01/08
霊って死直前の感情を引き継ぐのかね。

独り暮らしの友人の姉が誕生日パーティーしてる最中に、亡くなったらしい。死因までは聞けなかったけど、事故とかではなかったみたい。

その友人が姉の部屋を片づけに行ったら、姉の霊を見たとかで怖いから片づけ手伝ってと言われたので、姉の家から近い俺が仕方なくついて行ったのよ。

そしたら、姉がいた。ぴょんぴょん跳ねながら、笑顔で「あははは!」みたいに笑ってるの。

本当に生きているみたいで、最初は死んだっていう報告もウソだったんじゃないかっていうくらい。
続きを読む

幽霊

15/11/01
子供の頃、自室の勉強机の椅子の下に白い子供が膝抱えて座ってたこと。

誰もいないはずの両親の部屋で茶髪の女が寝てたこと。

夜、学校帰りにいつも通る道の窓にでかい顔がいっぱいに映ってたこと。

桜木町の根岸線に勢いよく飛び乗るぐにゃぐにゃした影男?をみたことと。

イヤホンで大塚あいちゃん聞いてたら曲より近くで男の唸り声が聞こえたことと。

が覚えてる限りの大学までに体験したできごとかなと。
続きを読む

舞台

16/07/19
「映像に映り込んだ霊を撮影時には気付かなかった」というケースはよくあるが、一度その逆パターンを経験したことがある。

場所は都内の小劇場で、マチネ(昼の部)の上演中だった。

自分は演出家に頼まれて照明室から舞台を撮影してたんだが、芝居の途中で客席がざわついて、女性客から小さな悲鳴が上がったんだよ。

ざわめきは1,2分でおさまって芝居は続行したが、あとから聞いたら、演技する役者達の後ろを女の腰から下(の薄~い残像みたいなもの)がスーッと横切ったというんだ。

レンズをのぞいていた自分には何も見えなかったし、観客にも気付いた人と気づかなかった人がいるんで映像で確認しようとスタッフ達と見てみたら、何も映っていなかった。
続きを読む

マンション

17/08/12
専門学校生の時、デリバリーやってる寿司屋でバイトしてた。

たまたま支店で事故した奴が出て代わりに配達するためにそっちの店に行った。

話が変わるけど、オレの住んでる所には県内では有名な幽霊マンションていうのがある。

かなりデカいマンションで地元では幽霊マンションと誰かが呼んだことからオカルト好きなヤツの間ではそう呼ばれるようになった。

場所も市内の中心地に近く、部屋も豪華なはずなのに空き部屋が異常に多い。

一時期、ひどい時にはとある階層で一部屋飛ばしで4件ほど部屋が売られることがあった位だから相当おかしいよね。
続きを読む

火事

11/08/12
数年前にあったことなのだが、締め切りが間に合わず、家に帰らないで会社で二徹した日の昼休みのことです。

近くのハンバーガー屋で昼食をとっていたら、隣の席に座っていたパンツスーツの女に、

「あの、すみません。信じてくれるかどうかわかりませんが、今日は家に帰らないでください。ほんとに帰らないほうがいいですよ。」

と言われた。

なに言ってんだこいつと思い、無視したらそれ以上なにも言わずに去っていった。

その日の夕方、部下のミスで昨日までの仕事がチャラになり、また残業するはめになった。
続きを読む

時計

08/11/08
子供の頃、イタズラ好きな何かと一緒だった。

見えなかったから何かの正体は分からなかったけど、イタズラ好きだった。

例えば、俺が誰かと並んで座ってたり歩いてたりすると、良く隣の人の肩をトントンと叩いてた。

うまいこと見てない隙を狙うので、大抵は俺が疑われた。小学校三年生辺りで慣れた。

ただ、時計が狂うのは困り物だった。

電池式・家庭用電源・アナログ・デジタル問わず、身の回りの時計は15~30分はズレた。

音楽を聴いてると、スピードが早くなったり遅くなったりした。
続きを読む

火事
03/03/22
2年前の夏、大学からの帰りでの話。

駅からチャリで自宅に向かっている途中、遠くで黒い煙が立っているのが見えた。

「火事かな?ちょっと行ってみるか。」

と、野次馬根性まるだしで現場に行くと、かなり火が燃え上がっていた。

まだ消防車は到着していないようで、その家人らしき夫婦と近所の人、それから通行人らしき人たちがぼうぜんとその様子を眺めていた。

ふと2階に目をやると、窓際に少女がいる。何か叫んでいるように見えるが、声は聞こえない。恐怖で声が出ないんだろう。

「取り残されてる!やばい!」と思い、夫婦に声をかけた。
続きを読む

暗い
05/05/29
以前勤めていた病院の話。

そこでは夜勤帯は交代で巡回して、1人は看護室に残る決まりになってた。

ナースAが巡回に出た後、俺は廊下側の窓のカウンター机(MY定位置)で本を読もうとしてた。

その時、窓の向こうに人の気配を感じて顔を上げたんだけど、Aはいなかった。患者がうろついてるのか?と思い、外に出たけど患者はいなかった。

廊下の先でAが振り返ってコチラを見てたので、俺は何でもないと手を振った。

Aが歩き出してT字の廊下を曲がった時、後を付いていくように女が現れた。女は音もなくスーッと滑るように移動した。
続きを読む

泥人形
15/06/28
小指の第一間接ほどの小さな人形。

露店のようなとこに大量に売っていた。周りの人も買っていて結構繁盛してたような。勢いで俺も購入した。

ただ、なぜかあんまり外見覚えてない。飾り気のない感じで、ドラクエにでてくる泥人形みたいのだったと思う。

人形は小さかったが動力?がついてるようで震えるような奇妙な動きをしたり、何語だかわからんうめきのような音を出すことができた。

さらに奇妙なことに、スイッチとかぜんまいがあるわけじゃなく不定期に声がでたり動いたりする。

俺はその奇妙さが気に入ってどこにでも持ち歩いてた。(ストラップみたいのがついてたので持ち歩けた)
続きを読む

一人暮らし
15/07/12
今まで心霊系を信じていなかった僕が初めて恐怖体験に直面したので、ここに書かせて頂きます。

僕は、今年から大学生となり3月なかばに上京し、実家を離れアパートに住むようになりました。

ちょうど同じ高校の親友も近くの大学に進学し、お互いのアパートからそう遠くないところに住んでいました。

なので、留守でも遊んで待っていられるようにと合鍵を交換し、お互いに一人暮らしを楽しんでいました。

そうやって1ヶ月程過ごしたある日…(先週の話になります……)

午後5時過ぎ、僕がバイトの面接を終えて帰宅すると、アパートの鍵が開いていました。
続きを読む