パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

ご先祖様

man-1394395_1920

858 :可愛い奥様:2012/11/29(木) 13:05:38.07 ID:NO6YYxeb0
自分の話で何だけど、
今年の夏に難病にかかってしまい、3ヶ月程入院しました。
入院する数ヶ月前から凄く具合が悪くて、ほとんど食事も摂れない状態で。
検査漬けの結果、とある難病と診断され。
もう2度と治らないと宣告され、酷く絶望的な気持ちになりました。
体は勿論だけど、精神的にかなりきつくて。
続きを読む

nerusan0614_10_TP_V

897: 本当にあった怖い名無し 2013/12/29(日) 02:30:31.91 ID:CBBTJ+//0
中学のとき、盛大に寝坊したからズルして登校しなかった

朝から畑仕事に出てた親が昼には戻ってくるから、俺はカバン持って仏間の押し入れに隠れた

まぁどのみち学校から電話かかってきてバレるんだけどw
続きを読む

steam-locomotive-3397463_960_720

193: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 04:16:35.77 ID:MMDdfIFJ0.net
自分の出生について不思議な話
俺は父方の祖父によく似ていて、祖父の小さい頃の写真は俺がタイムスリップして写ってきたみたいに似ている。
祖父は俺の生まれる前に亡くなっている、神主をやっていた。
死因は本筋とは関係ないけど戦争行って撃たれてその手術に使った造影剤が原因でガンになったとか。
続きを読む

Yamasha181026113_TP_V

224: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 15:30:19.25 ID:OifkAo2/0.net
うちの母方の家系が霊感もちの家系で、小さい頃からオカルト系の話は普通に話してたし普通のことだった
旅行に行けばほぼ必ず心霊写真がとれたし、だいたいの場所で誰かが霊に遭遇してた
そんな環境で育ったんだけど、私には霊感はないと思っていた
小さい頃に多少見たことはあったけど、その後は特になかったので小さい頃特有のものだと思ってた
それが25歳くらいから、見ようと意識をしないと見えるようになったり聞こえるようになったりしだした
続きを読む

shaman-2897334_1280

766: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/05/12(火) 20:02:31 ID:OLEv3LGJ0
<その1〉
以前会社で帳簿の数字が合わなくて、同じ部の女性と二人で遅くまで残業をして原因を調べていた時の事です。
夜遅くなりなかなか原因が分からず、伝票をひっくり返して探していた時の事、すぐ耳元で「出るよ」というはっきりとした男性の声をききました。
「へっ?」と思って、何?何?と振り返って辺りを見回した直後、もう一人の女性が「あったーっ!!」と声をあげたのです。
もちろん他の部の男性も帰った後で、広い事務所に二人きりでした。
一体あれは誰の声だったのでしょう。
続きを読む

fantasy-4662700_960_720

12: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/04/15(水) 09:55:42 ID:TViLpLI6O
毎年自分の誕生日になると異空間に飛ばされる。
家族と居ても、友達がいてもお構いなしに。
お祝いとかしてるとフッと景色が変わり、周り一面がが銀色の世界に飛ばされる。
そこで人間の形の影が出てきて今年1年の反省会みたいなのをやる。
というかその影が一方的にダメ出ししてくんだけど。
たとえば、その年は好きな子がいたんだけど面識なくていきなり告ったもんだからあっけなく振られたんだ。
続きを読む

ベッド

666:本当にあった怖い名無し:2007/12/06(木) 14:58:11 ID:3LNlKkAP0
まだ俺が学生だった頃の話
俺の部屋にはベットの前に観音開きの棚があるんだがある日、うっかり閉め忘れた
夜、ベットに入った後に思い出したのだがもう眠いし…という理由で放っておくことに
これで棚の上に生首なんかが乗ってたら怖いなw 
などと思いながらもう一回見た俺は固まった

言った事が現実になった
棚の丁度真ん中らへんに青白い男の首が乗っかって俺を見つめている
数秒後、にやりと笑ってそれは消えた
翌日、今度はしっかりと扉を閉めて寝た…はずだった
棚の中からゴソゴソガサガサと音がする …勿論、棚の中には動く物は入っていない
続きを読む

トンネル

956: 本当にあった怖い名無し:2009/12/11(金) 19:36:53 ID:YjqDqA5tO
私が小学校低学年の頃だからもう15~6年前の話です。
私の実家はド田舎にあるのですが、家の裏手に山があります。
あまり人の手も入っておらず、私はよく犬の散歩で山の麓や少し入った山道を歩いていました。

梅雨が明けて暑くなりだした頃だから7月だったと思います。
いつものように山道に入っていくと犬が急に走りだそうとするんです。
よし、じゃあ走ってみようか!って
一緒になって走って気が付いたらいつもより険しい山道に入ってしまったようでした。
続きを読む

夢

09/12/14
母方の人間が皆見る夢があります。

何時代だか判然とはしないのだが、貴族が着るような服(戦国無双の今川が着ているような服)を身にまとった男女が小さい橋の上で抱き合い泣いている夢。

悲痛な嗚咽を漏らしていて、抱き合ってるだけ。母の弟三人がこの夢を見ています。

近所に住む叔父が酒の席で漏らしたんだが、その女性が枕元に立っていたそうです。

それは叔父がまだ元気で、働き盛りの二十代前半の話。

夏が終わりかけている時期、暑いのか涼しいのか中途半端な時期の夜にその女は現れたらしいです。
続きを読む

写真
07/11/15
うちは田舎のある村で、ほんの数年前まで商店をやっていた。

何代か続いたお店だったが、スーパーの影響で閉店に追い込まれ、父が最後の店主だった。父の先代はAさんという。

Aさんは若くして店を継ぎ、嫁さんをもらった。その嫁さんが俺の祖母だ。でもAさんは祖父ではない。Aさんは祖母と結婚後、まもなくして亡くなってしまった。

祖母は店の跡取りを作るため、婿(むこ)を取ったのである。この婿どのが俺の祖父だ。つまり、うちはAさんの姓こそ名乗っているものの、Aさんの血を引く人間は誰もいないのである。
続きを読む
×