パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

おじさん

心霊

85: Classical名無しさん:07/11/21 17:25 ID:fN5XjLSU
怖い話というか、ちょっと不思議ないい話です。3分割します。

うちの両親は東京で知り合ったんだけど、どっちもたまたまA県A市出身。
学生の頃から東京で暮らしており、仕事関係で知り合い結婚して、そのまま東京在住。

3歳の頃、父、母、8歳上の姉、俺が集った晩飯時。
いきなり俺(名前はM本良K)が、
「ねえお母さん、そこに知らないおじいさんが立ってボクを見て笑ってるよ」って言い出した。
続きを読む

怖い

685: 本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 01:50:53.78 ID:lXv+bOfsP
たいして不思議では無いかもしれない話だけど
私にとっては不思議だった話。

中学生の頃、伯父さんの家に日帰りで遊びに行く約束をしてたんだ。

自宅の滋賀県から伯父の家の京都まで。
歩き、バスに乗り、電車に乗り、再びバスに乗り、歩く。
滋賀の方のバスは1時間3本、電車は10分おきくらい。
京都のバスも場所が場所なだけに少なくて1時間3本だった。
移動時間と待ち時間を考えると、だいたい2時間30分くらいの距離だったと思う。
続きを読む

不気味

424 :本当にあった怖い名無し:2012/03/30(金) 00:32:34.16 ID:FXUGNWCS0
最近聴いた神隠しの怖い話
子供が一人で家(アパートかマンションの部屋かな)にいると、おじさんが来ると訴える。
お母さんが一緒に居ることにするが、子供の話では、お母さんが一緒だと出てこないという。
続きを読む

2ちゃんねる

711: 名無しさん@おーぷん 2017/08/23(水)11:26:32 ID:jno
もう時効だと思って書く

まだ小さい頃、母がパートから帰ってくるのを待ちながら家の前の道路で一人遊びしていたら
近所の人懐っこいおじさんに「お母さんの職場を見に行こう」と言われて
いつの間にか近所の山に連れて行かれてた
続きを読む

怖い

721: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/14(土) 23:54:31.32 ID:Tp0KURQc
俺が子供の頃からモヤモヤしてスッキリしない出来事を書かせてくれ 

俺が5~6歳かそれくらいだったと思う、多分小学校には入学してなかった 

友達5~6人して近くの林で遊んでたんだよ 
そしたら近所のおじさんがスコップで穴を掘ってたんだ 
人が入るくらいの大きな穴をね
続きを読む

居酒屋

536 :1/2:2012/11/22(木) 19:56:35.84 ID:iCEtBcSr0
4年位前、梅田の居酒屋でバイトしてた 
ラストオーダー直前にちょい悪風のおっさん4人組来店 
趣味でバンドでもやってるのかオリジナルのタオルやリストバンドでこれ見よがしに周囲にアピールしてた 
名物の肉豆腐を注文してチョウウメェ!ヤベェ!とか騒いでて、おっさんが若ぶって痛々しいわーとか思ってたら話しかけられた 
続きを読む

暗い部屋

605: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/07/06 00:15
昔住んでたアパートでの出来事です 
決してネタではありません 

私には現在5歳の子供(女の子)がいます 
ようやく喋ることが出来るようになった2歳くらい 
の時のことですが、昔全焼したアパートの跡地(今は駐車場) 
が近くにあり、そこで昼間遊ぶのが日課となっていました。 
続きを読む

狂気

129: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/07/23 01:36
小学校4年生の時。 
学校帰り友達と別れひとり歩いていると 
「こうじ!」と声をかける、まじめそうなおじさんがいる。 
おれは「こうじ」ではないし、無視したら、腕を掴まれた。 
続きを読む

線路、電車

26: 本当にあった怖い名無し:2011/12/14(水) 21:38:26.93 ID:yNVXEF8BO
M鉄N尾線 

4年くらい前に、A県M河地方の人と付き合ってて、
彼の家からN古屋方面に帰る時に、彼が仕事行く途中でH海F井駅まで送ってもらった。 
で、電車を待ってたら、ホームの向かいにある民家のほうから、
ずーーーっと「電車が通る電車が通る電車が通る電車が通る…」って、おっさんの声が聞こえてくる。
続きを読む

吊橋

16/06/28
初めての書き込みなので、不手際があったらごめんなさい。

県外の友達が私の地元に遊びに来てくれた時の話です。
ちょうどその時祭りがあって、その祭りに行こうかーと行ったはいいけどまだ時間が早くて始まっていなかった。
近くに有名な観光地になっている大きな吊り橋があるから、まつりが始まるまでそこに行くことに。
閉館前で、私たち5人、若夫婦、ウォーキング中?のおじさんしかいなかった。
吊り橋を向こう側まで渡り、記念写真を数枚撮り、また渡り終え、橋全体が写せるという写真撮影の場所でみんなで写真を撮っていた時、ドーーンと、花火の音がした。
私の地元だけかもしれないけど、運動会や祭りが予定通りありますよーっていう合図で煙のみの花火が打ち上げられるんだけど、あぁ、お祭り始まったねーそろそろ行こうかーって言ってたら
キャーーーーって吊り橋の方から叫び声がした。
続きを読む
×