パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

いい話

神社

409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/14(月) 15:58:33.55 ID:HLld707G0
ガキの頃神社で神様と話した



410: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/14(月) 15:58:53.61 ID:r2y/NuB/0
>>409
神々しく
続きを読む

トンネル

956: 本当にあった怖い名無し:2009/12/11(金) 19:36:53 ID:YjqDqA5tO
私が小学校低学年の頃だからもう15~6年前の話です。
私の実家はド田舎にあるのですが、家の裏手に山があります。
あまり人の手も入っておらず、私はよく犬の散歩で山の麓や少し入った山道を歩いていました。

梅雨が明けて暑くなりだした頃だから7月だったと思います。
いつものように山道に入っていくと犬が急に走りだそうとするんです。
よし、じゃあ走ってみようか!って
一緒になって走って気が付いたらいつもより険しい山道に入ってしまったようでした。
続きを読む

登山

505: 本当にあった怖い名無し 2008/12/06(土) 07:40:54 ID:dLboMENMO
おれはいま北海道に住んでいます 
知り合いに趣味で狩りをしている方がいまして 
その方から聞いた山での不思議なおはなしをかきます 
少し地味です 

つづく
続きを読む

山道

51 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 00:59:00.28 ID:uhsmDH0l0
親父の話つながりで一つ。 
ちょいと長文になります。 

これは俺の親父が小学生4年か5年かそこらの話。 
親父の実家の結構近くに、とある神社があった。 
梅林が有名で、結構格式高い神社らしい。 
親父の行ってた小学校は、毎年全校生徒で遠足を行うのだが、その遠足ってのは 
その神社を抜けた先にあるハイキングコースを登って、山頂まで行くという物だった。 
続きを読む

坂道

155: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/20 01:45
中学生になった時、親に新しい自転車を買ってもらいました。 
夏休みに近所のおばさんに誘われて母とおばさんの家に遊びに行きました。 
するとホームセンターで特売の物があるという話になり、母が「そうだ、自転車あるんだから買ってきてよ」と言い出し、おばさんにも頼まれて自転車で買いに行きました。 

が、朝ごはんを食べていなかったのと暑さで帰りの坂道を自転車を押しながら登っていると気分が悪くなり、貧血になってしまいました。 
幸い人や車の通りが少ない道だったので、自転車を止めて座って吐き気が治まるまで休んでいることにしました。 
続きを読む

カエル

787:09/05/13
大学3年の夏、飲食店でバイトをしていた。その日はバイト仲間の家に遊びに寄ったので帰りが深夜になった。 
大学の寮までは自転車で10分ほど。普段のバイト帰りのように角を曲がると車は時々通るけれど、さすがにその時間じゃ 
人通りはない。そこへ前から二人乗りの原付が走って来た。 

すれ違いざま、後ろに乗ってた女が「ちょっと☆、すいませぇぇ~ん♪」 
呼び止められ振り返ると、「あのぉ~、すいません~」って女が俺の方にやってきた。 
見るとやはり高純度のDQN。「あのさ~。お金貸してくんない?」 
続きを読む

海
15/06/26
所用で親戚一同集まり、ふとだいぶ前に大往生した爺ちゃんの話をしていたら思い出したので、投下。

ここは北の大地。我が家は北前船(きたまえぶね)でやってきてここに住み着いた一族だ、というのが爺ちゃんの口ぐせだった。

実際、爺ちゃんは広い農地を所有していたし、古い農具や昔の道具や船の一部?みたいなものが、倉庫にどっさりあった。

綺麗な服や人形遊びよりも、虫とりや秘密基地づくりに興味津々なタイプの子どもだった私を、それは可愛がってくれて、お盆や夏休みに遊びにいくたび、爺ちゃんはこの倉庫を見て回らせてくれた。
続きを読む

猫、神秘的
15/11/22
猫が人間を操って自分の意思を代弁させるなんてことが果たしてあるのだろうか。

うちには猫が五匹いる。ある日、ふと誰かがどこかで囁きあうような気配がして夜中に目が覚めると、猫たちが縁側に横一列に並んで座っていた。

夜中に集会でもやっているのか、とか思ったが、窓の外を眺めているようにも見えた。何かあるのかと思ったが、カーテンがあるので外は見えないはず。
続きを読む

山、旅館
06/10/25
知人Aの話。

Aの実家は山の中腹にあり、ご両親が食堂と小料理屋を足して2で割ったような店を営んでいた。

店の横の渓流で捕れる川魚料理と山菜料理は絶品で、訪れた際は、塩焼き、骨酒(こつざけ)、山菜おこわなどをごちそうになるのが楽しみだった。

商売気はなく、たくさんの田畑を貸し悠々自適に暮らす夫婦の趣味の店といった雰囲気だ。
続きを読む

マンション
13/08/26
以前、震災直前に猫らしきものに助けられた話を書いたものです。続報らしきものが出てきたので再び。

親戚の結婚式があったので田舎に戻っていたのですが、その席で年の離れた従兄弟が話題にしたことです。

私が幼いころ、シロちゃん(仮名)と言う架空の友達が私にはいたそうなんです。子供の頃って一人遊びのようなものをすると思うんですが、その上で架空の友達を作っていた…的な。

特にうちは一人っ子な上に両親は共稼ぎと言う家庭でしたから、一人の時間が長く、そう言った一人遊びをしていたのだと思います。
続きを読む