アパート
12/06/26
実話だからオチや煽りもないけど、まあ聞いてくれ。

2000年前後だから12年ぐらい前の話。

当時大学生だった俺は、PS2を買った一人暮らしの友人宅に遊びに行ったんだ。で、行ったはいいがその友人はすぐにバイトに行ってしまい俺は一人ぼっち。

夜の23時ぐらいだったか、一人ではじめの一歩を遊んでたんだが、ちょっと飲み物でももらうべか、とキッチンの方に顔を向けたら、ついに見ちまった。

友人宅は小さいアパートで、玄関というかキッチン上にロフトがあって、そのロフトに何やら黒い物があるのさ。転落防止で気持ち程度の壁があるんだが、その壁の上に黒い物体。

最初は『あ?なんぞあれ』と気付かなかったが、3秒程度見つめて正体がわかった。人間の頭だった。

正確にはおでこから上の頭部分。多分壁の上にあったんじゃなくて壁の向こうにいたんだと思う。それが何かを認識した時ってマジで動けないのな。

全身に鳥肌が立ちつつそれを見続けてたら、しだいに下方向にスーッと消えて行った。すぐに元の位置に戻ってテレビのボリュームを上げて、友人が帰宅するまではじめの一歩に集中してたわ。

友人が帰ってきて話すべきかかなり迷ったが、そいつは霊のたぐいは信じていないものの、怖がりだからやめておこうと結局話さなかった。

その後も友人は特に何も言ってこなかったから、退出するまで何事もなかったようだった。何度も遊びに行ったが俺がそれを見たのはこの1回だけ。

その物体がいまだにその場にいるのかはわからんが場所だけは告白しておく。

祖師谷(そしがや)駅から徒歩8分程度、真向かいにコインランドリーがある。部屋数6~8の白くて見た目オシャレな2階建てアパート。

自覚としては霊感0だったが、これを初めて見てから年に2~3回それっぽいのを見る様になった。


906:本当にあった怖い名無し:2012/06/26(火)22:24:50.42ID:uPDTAGmL0
その顔友人に似てた?てか性別とか、どんな顔だったとかないの?


908:本当にあった怖い名無し:2012/06/26(火)22:35:08.67ID:A6yJl7650
>>906
書いた通り、目から下は壁で隠れてたから顔なんかはわからん。ただ友人は短髪でそいつは印象として見た感じ髪は長めだったと思う。

そもそも壁は20cmあるかないか程度だったから、子どもならそういうイタズラが可能かもしれんが、大人には絶対無理。