階段

得意先が移転し、お祝いをかねて訪れた。

そこは1階が店舗で2階が事務所、とりあえず事務所で話を聞くからと、店舗の奥の給湯室から伸びる階段で2階にあがる。

しかしこの階段、何か違和感がある。なぜか下から2段目だけがなぜか幅が狭く、段が高い。

事務所に上がり話も盛り上がり、帰り際2段目の事はすっかり頭から消え、危うく足をくじきそうになる。

すると"階段危ないから気をつけて"と社長の声。先に言えよ。"大丈夫ですから~"といい、お愛想をして店を出る。

この会社、業績は良くないが社長の人柄と社員のがんばりで何とかやりくりしている感じ。しかしこの新しい移転先は昔から何をやってもうまく行かない場所。

以前は大手ディーラーだったがやはりうまく行かず格安で賃貸されているいわくありの場所であった。

数ヶ月が過ぎ、定例でその店を訪れると社長がいない。奥さんにわけを聞くと事故で入院中との事。

とっさに浮かんだのが自殺?

しかし間違ってもそんな事を口に出すわけもいかず、病院の場所を聞くと"ここじゃ何だから事務所へどうぞ"と2階に。奥さんもやはり自殺未遂を疑っている様子。

帰りにやはり2段目で転びそうになる。奥さんも"ココ分かっててもつまずくのよね。なんでココだけ変な作りなんだろ"と笑っていた。

病院で社長と対面。ケガはひどく、片目は失明寸前ではあったが、思いのほか元気で、ただの事故だったのかもと思うほど明るく前向きだった。

事故の事を聞くと、単独事故で時速60~80kで高速道路の橋脚コンクリートにほぼ正面から衝突したのだそうだ。なぜ正面から?誰でもそう思う。俺も思った。聞くか迷っていると、社長の方から

「自殺する気なんかない。でも事故の前後の記憶がなく、憶えているのは店の事をぼんやり考えながら運転していた」

数ヶ月で退院も出来、復帰が出来ると言うことなので、退院後にまた店にうかがいますと約束をして別れた。

社長が入院している数ヶ月で業績は悪くなり、あの店危ないぞと噂を聞くまでになった。

それからしばらくして、社長が亡くなったと奥さんから電話があった。葬儀などはすでに済ませており、店をたたむ事にしたので色々相談したいから店に来て欲しいと呼ばれる。

事務所で話を聞くと、亡くなったのは奥さんの車で病院を抜け出し、店に向かう途中、今度は電信柱に激突したのだと言う。

なぜ急に店に向かったのかも分からないし、どうしてまた事故にあったのかも分からない。ホントに事故なのかも分からない、ひょっとして自殺だったのかもと一気にしゃべり泣き崩れた。

俺は正直自殺だと思った。

泣き崩れる奥さんを前にして何も言えず、閉店に向けての処理の方法や手続き関係を説明し、事務所の階段を降りるとやはり下から2段目で転びそうになり、胸に挿していたボールペンを落っことした。

ペンを拾おうと手を伸ばし、なにげに1段目と2段目の間を見ると一瞬、ほんの一瞬だけど、片目の腫れ上がった事故後に病院で見た社長の顔があった。そして腫れ上がった手がサッ引っ込むところも。

その後、店は閉店し別の店になったがうまく行かずすぐに閉店となり、以降空き家のまま。

いわくのある場所にはそれなりのわけがあるのだと実感した。