一反木綿
12/04/26
小学生のころに体験した不思議な話。

友達と一緒に下校していたとき、空がすごく青くてキレイだったから、ぼーっと空を見上げてたんだ。

そしたら、なんか白くて長細くて、ふよふよした布のような物体が空を泳いでいた。

風に吹かれて飛んでる、というものではなくて本当に空を泳ぐように、体(?)をくねらせながら前へ前へ進んで行くという感じで。

びっくりしてボー然としていたら、それが見えたのは自分だけではなかったらしく、気が付いた下校中の児童たちは全員大騒ぎになった。

鬼太郎に出てくる一反もめん!?って思ったけど、あれみたいに三角形ではなくて、ちょっと長めの長方形だった。それが遠くの空まで飛んでいくのを、ずーっとみんなで見てた。

あれは本当に一体何だったんだろうかといまだに思う。

ちなみに、一反もめん伝説のある地域ではなくて、別の地域での出来事です。


おすすめ記事
一反木綿妖怪一反もめんは実在する!?各地に存在する目撃情報