壁

高校2年の10月頃、夕方に友達の家から帰る途中だったんだ。

もう、その時はあたりが薄暗くて足下が見えないくらいだった。通り慣れた道を自転車で走ってると、大きな声で呼び止められた。

「おい、ちょっと動けなくなってしまったから助けてくれ」

薄暗い中、目をこらして声のする方を見たら、30くらいの兄ちゃんが塀に寄りかかった状態でこっちを見ていた。

その時、違和感を感じたんだよな。胴体から頭にかけて壁にめり込んでいるというか…。でも、その格好がアホみたいだったので笑いながら

「どうしたんですかw」

って聞くと、どうやら何かに挟まって身動きがとれないらしい。

「すまん、ちょっと俺の手を引っぱってくれんか。そしたら抜けるかも」

「どうして、こんな事に?www」

「事故かな…。そこに俺のバイクがあるでしょ。」

男の目線の先を見たら原付が転がっていた。

「大変でしたね。ケガがあるんだったら救急車呼びますけど」

俺がそう言いながら、その人の腕を強く引っぱったら、メリメリって音を立てて壁から離れた。んで、「ありがとう」とか言ってくれるのかと思ったら、そのまま倒れた。

よーくその人の体見たら、顔の半分潰れてるし、胴体の半分も異様な形にへこんでいた。しかも潰れてない方の目を開いて死んでる。

もうね、その後は警察やら何やらで…ショックだった。さっきまで話してただろ。

俺が見たのは人が死ぬ直前だったのか、それともすでに死んでいたのか。