rounded_corners
14/09/30
保育園のときに、おゆうぎ会とか運動会などのイベントがあると、終わったあとに必ずなにやら景品をもらえた。

別に何かで1位をとったとかそういうんじゃなくて、参加した家族への参加賞だったのかな。お皿とかコップとかを必ずもらってた。

そんで確か年長さんになって保育園最後の運動会。名前が入った金メダルをもらえた。トリコロール色のリボンのついた、首にかけるタイプの金メダル。

それがすごく嬉しくて、今でも感動したのを覚えてる。

で、月日は流れてたぶん小学校中学年くらい。家族でおもちゃを捨てようってなって、その景品の金メダルもおもちゃ箱から久々に出てきて、懐かしいなと思ったけど、とっといても仕方ないからごみ袋に入れて捨てたのね。

そこまではよかった。でもこっからが不思議というか、気持ち悪い出来事。

そのあとわたしの家では犬を飼いはじめて、わたしは中学に上がって、部活もなく早く帰れる日は、お母さんと一緒によく犬の散歩に行ってたの。

その日も早く帰れて、お母さんと犬の散歩に出かけて、いつもとおんなじコースを歩いてた。

そしたら道のど真ん中、ほんとうにど真ん中に、金色のメダルがぽとんと落ちてたの。わたしはただ単純に「お、きれいなものが落ちてる」って思って好奇心で近づいた。

で、見たら保育園でもらったそのメダルなのね。びっくりして、拾い上げて、お母さんに

「これわたしが保育園でもらったメダルとおんなじ!」

って見せたの。そんでひょいと裏面を見たのね。そしたら書いてあるの、わたしの名前が。

鳥肌が一気に立って、それをお母さんにも報告して、お母さんもそのメダルのこと覚えてて

「ええ?捨てたのだいぶ前だよね?」って。

ホームレスさんとかが持ち出したのかなって話になったけど、そうは言っても捨てたのが数年も前の話。金目にならなくて改めて捨てたとしても、今こうして持ち主の目の前に現れるって…

しかも、あつらえられたみたいに道のど真ん中に。偶然の巡り合わせもここまでくると、なにかうすら寒いものを感じました。

そのメダルはそのまま持って帰ってしばらく眺めていたけど、夕食で家族に報告して「不思議なことかあるもんだねぇ」と、まとまり結局そのままどこかにいってしまいました。